インマルサットが未来の通信ネットワーク「ORCHESTRA_オーケストラ」を発表

2 August 2021(日本語):本日、インマルサットは最新の次世代型通信ネットワークとなる、「ORCHESTRA」の通信サービス提供に向けた計画を発表いたしました。昨今、通信サービスが変革する中で、世界最高レベルでのサービスとなるInmarsat ORCHESTRAは、既存の静止(GEO)衛星と低地球軌道衛星(LEO)および地上5Gを統合された高性能ソリューションに結びつけることができます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269817/LL_img_269817_1.jpeg
ORCHESTRA PR image 1

混雑した港湾における船舶、LAXに着陸準備をしている航空機、または遠隔地に配備された防衛施設のいずれにおいても、弊社の新サービス「ORCHESTRA」は、モビリティ市場における進化する接続性の必要性を満たすよう設計されており、サービスは、任意の競合他社が提供、計画、または既存のサービスとは重ならない新たなものです。

「楽団のオーケストラは、通常、相互に奏でる音色を調和させ、マスターピースにおいて重要な役割を果たす、さまざまな楽器をまとめています。弊社ではそれと同様のコンセプトで、「ORCHESTRA」サービスを構築しています。」とインマルサットのラジーブ・スリCEOはコメントしています。また、「GEO、LEO、5Gといった独自の特質を一つのネットワークに結びつけることで、部品点数をはるかに上回るサービスを提供していきます。世界中で飛躍的に拡大するハイスループット・サービスの恩恵を享受していきます。これが接続性の将来であり、インマルサットは、実績のある技術ノウハウ、顧客とパートナーの正しい基盤、財務力を世界にもたらしていくために、完璧に位置づけられています。」ともコメントしています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/269817/LL_img_269817_3.jpg
ラジーブ・スリCEO

さらに弊社の「ORCHESTRA」は、世界中の産業にとって、これまで達成不可能であった多くの新しい可能性を開拓します。新たなサービスとしては、自律船の近海航行、船員の次世代型の危機管理や安全管理に向けたサービス、政府のための安全かつ戦略的な私設ネットワーク、航空会社のための直接クラウド接続などがあります。ORCHESTRAの恩恵を受けるために設定された新しいセグメントには、エネルギーリグおよび掘削プラットフォーム、中堅ビジネス航空機、沿岸船、スマート旅客船、および都市航空機動力が含まれます。

「ORCHESTRA」は、複数の技術の利点を合わせ引き出したもので、1つの凝集性のある解決策を作り出せる、ユニークな通信サービスです。既存のLEO、GEO、および地上ネットワークでは、モビリティ・カスタマのための統一された接続サービスを作成するために、これほどまでのスケールで結合されたことはありませんでした。今回のORCHESTRAでは、結果として、どこでも高性能の接続性を提供する「動的メッシュネットワーク」を実現することができます。ORCHESTRAは、最低の平均待ち時間と最高速の平均速度を固有のレジリエンスが合わさるで、輻輳したネットワーク「ホットスポット」の業界全体の課題を解決することに繋がります。

インマルサットの既存のGEO衛星(GXとLバンドの両方)は、グローバルカバレッジ、高性能、セキュリティ、およびレジリエンスを提供し続けることができます。一方、陸上5Gでは、港湾、空港、海運などの煩雑な通信環境において「ホットスポット」として、超大容量を追加することができます。今後、LEO衛星の小星群は、海洋の飛行回廊のような、さらなる高需要エリアの上に、さらなる高容量を層状に重ねていくことができるでしょう。その結果、ネットワークは、世界中で、「ホットスポット」において、モビリティユーザにとって最高の容量を提供することになります。
ネットワークは、個々の顧客端末が他の顧客端末との間でトラフィックを導くことを可能にする「動的メッシュ」技術から利益を得ます。これは、5G地上局の到達範囲内にある船舶が、自身のニーズに応じた十分な容量を受け取ることができるとともに、陸上到達範囲を越えて他の船舶に向かうルートで、大容量を受け取ることができることを意味します。これは、ネットワークの到達範囲を拡張し、その性能および回復力を改善する端末のモバイルウェブを効果的に作り出します。

「ORCHESTRAは、インマルサットが、既存の顧客に新しいサービスを提供し、市場におけるセグメントをターゲットにし、強力な競争地位を維持することによって、長期的に利益ある成長を実現するための、十分なポジショニングとなります。私たちは、適切な時期に適切な技術を採用した記録を持っています。」とCEOのスリは述べています。「我々は、最初にORCHESTRA地上ネットワークの配信に焦点を当てる一方で、150~175個の衛星の範囲における将来のLEOコンステレーションを準備する予定です。これは、ORCHESTRAのユニークな炊多構想のアーキテクチャの一部として、インマルサットの主要なGEO衛星ネットワークを活用する、コスト効率の高い取組みです」と述べています。

今回のサービス開始のアプローチにおいては、インマルサットが港湾や空港などの高密度エリアでの容量を容易に増やし、将来的に顧客ニーズに十分に対応できること、またその要求に直接適合するように容量を拡大することができることを意味しています。ORCHESTRAに対する最初の5年間(2021年~2026年)の総投資額で、100億ドル規模で受注できると予想されています。

【連絡先】
ジョナサン・シンナット/マシュー・ノウルズ
コーポレート・コミュニケーションズ
電話 : +44 (0)20 7728 1518/1355
mailto: press@inmarsat.com

■インマルサットについて
Inmarsat( https://www.inmarsat.com/en/index.html )は、世界的な移動衛星通信の世界的リーダーです。同社は、世界で最も多様なグローバル・ポートフォリオの移動体通信衛星ネットワークを所有・運営しており、Lバンド、Kaバンド、Sバンドをカバーする多層のグローバル・スペクトル・ポートフォリオを保有しており、同社が提供するソリューションの幅と多様性を並行して実現しています。インマルサットの長年にわたるグローバル・ディストリビューション・ネットワークには、世界有数のチャネル・パートナーだけでなく、独自の強力な直接小売機能も含まれており、エンド・ツー・エンドの顧客サービス保証を可能にしています。
弊社は、世界で最も信頼性の高いグローバルな移動衛星通信ネットワークを運営し、40年以上にわたりビジネスとミッション・クリティカルな安全・運用アプリケーションを維持しており、これまでにない実績を保持しています。こうした実績は、移動衛星通信における技術革新の主要な原動力でもあり、相当な投資と、技術と製造パートナーの強力なネットワークを通じて、そのリーダーシップを維持しています。インマルサットは、事業戦略に資金を提供するための財源を備えた多様なセクターに跨った事業を展開しており、海上、政府、航空、企業の各市場でトップクラスの地位を占めており、世界中の顧客に信頼され、質の高いパートナーとして一貫して事業を展開しています。

詳細については、Twitter( https://twitter.com/InmarsatGlobal )を参照してください。
LinkedIn( https://www.linkedin.com/company/inmarsat ) | Facebook( https://www.facebook.com/InmarsatGlobal ) | YouTube( https://www.youtube.com/inmarsatglobal ) | Instagram( https://www.instagram.com/inmarsatglobal/?hl=en ).

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
ORCHESTRA PR image 2 ラジーブ・スリCEO