TOKAIコミュニケーションズ、サーバ等IT機器のLEDランプを画像認識AIが自動監視する「LED監視自動化サービス」を販売開始

~ LED監視のリモート化実現により監視業務のテレワーク推進を支援 ~

株式会社TOKAIコミュニケーションズ(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:福田 安広、以下 当社)は、データセンターや通信事業者の中継局などの設備において、目視監視によって運用されているサーバやネットワーク機器類のLED監視を画像認識AIによって自動化する「LED監視自動化サービス」を、株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥海 哲史)と共同で開発し、本日販売開始しました。
本サービスを導入することにより、リモートによるLED監視を実現し、監視業務のテレワーク化が期待できます。また、既存監視業務の工数削減や、要員を増やすことなく監視点数を増やすことが可能になります。

■サービス概要
 「LED監視自動化サービス」は、小型USBカメラで撮影したLEDランプの映像を、ラズベリーパイ小型コンピュータ※1で解析し、LEDランプの状態をAIが判定するサービスです。異常と判定された場合はメールにて通知します。
 撮影した映像はクラウド上の映像解析AIプラットフォーム※3にアップロードされ、任意の時間のLEDランプの映像を確認することができます。
 自動化により目視確認を行うための巡回作業が不要となり、人的要因で発生する検知漏れがなくなり監視品質が向上します。また、監視頻度が飛躍的に向上することで異常発見までのタイムラグを最小化できます。本サービスの詳細は、Webサイト(URL: https://www.tokai-sfm.jp/led/ )をご覧ください。
画像

■サービスの特徴

データセンター事業者である当社ならではの検証を実施し、高い検知精度を実現しています。また、サーバルーム内の照明が点灯・消灯しても変わらぬ検知精度を実現しています。
30フレーム/秒の撮影を行うため、ネットワーク機器のポートLEDのような点滅LEDも検知可能です。
ラズベリーパイ、USBカメラなど汎用機器を使用するため安価なサービス提供が可能です。また、機器の入手性も高いため、増設、予備機の確保が容易です。
撮影した映像は全てクラウド上に保存するため、現地に行くことなく、オフィスの自席、在宅など、どこからでも状態確認が可能です。
VPN機能を利用してラズベリーパイにリモート接続することができ、万が一の際もリモートメンテナンスが可能です。

■サービスの主な機能

正常状態を点灯状態(点灯、消灯、点滅)および色(赤、オレンジ、緑、青)で指定し、逸脱時に異常と判定します。
監視用ラズベリーパイには最大5台のカメラを接続でき、1カメラにつき最大10個のLEDランプの監視が可能です。※4
監視頻度は標準で5分に1回(1日288回)です。※5
異常検知時および復帰時に、指定のメールアドレスに通知します。※6
撮影された動画はクラウドにアップロードされるため、エラー時または任意のタイミングの映像を随時確認可能です。※7
検知箇所などの設定情報をCSVファイルへインポート・エクスポートできます。
クラウド上から複数のラズベリーパイの監視状況を確認できます。

■利用顧客について

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/6954/table/104_1_2163d72ee3132a0ad972a270195c29b3.jpg ]

■開発パートナーである株式会社フューチャースタンダードについて
 株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。「SCORER(スコアラー)」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単」にします。
 代表取締役社長:鳥海 哲史
 所在地    :〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-2 本郷二村ビル5階
 設立     :2014年3月
 事業内容   :映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
 URL     :https://www.futurestandard.co.jp/

■株式会社フューチャースタンダードからのエンドースメント
 映像解析AIプラットフォーム「SCORER」はこれまでも交通量調査やサイネージ視聴者計測など、様々なシチュエーションで「業務へのAI実装」に寄与してまいりました。
 弊社としては100を超えるパターンのAIソリューションを作り上げてきた柔軟性・汎用性がウリですが、一方で「現場の業務」を深く理解しないと真に課題解決に繋がるソリューションは作り上げられないと感じています。
 そんな中で幅広い自社事業や多くのクライアントと接していらっしゃるTOKAIコミュニケーションズ様とLED監視という業務の省力化について協業させていただけることは大きなチャンスであり、大変光栄です。
 今後とも様々な業務のAI実装に貢献してまいります。
                                  株式会社フューチャースタンダード
                                  代表取締役社長 鳥海 哲史氏

※1 ラズベリーパイは、イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されているシングルボードコンピュータの名称です。
※2 株式会社フューチャースタンダードが提供するIoT端末向けファームウェア「SCORER Edge」を利用して開発しています。
※3 株式会社フューチャースタンダードが提供する映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を利用して開発しています。
※4 カメラの撮影範囲は、カメラを対象LEDの正面に設置し、対象までの距離が10cmの場合、おおよそ10cm×10cmの範囲となります。
※5 判定頻度は変更可能です。
※6 1つのLEDランプに対し、複数の通知先アドレスを登録可能です。
※7 映像データは、設定した保存期間の間クラウドに保存されます。保存期間を過ぎた映像データは順次削除されます。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/6954/table/104_2_4b524e227fa4ed12590326a68dd4cf48.jpg ]

リリース詳細
提供元: PR TIMES