E-discovery(電子情報開示)市場-世界の収益、トレンド、成長、シェア、規模、予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「電子情報開示市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年07月 30日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325614

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

E-discovery(電子情報開示)市場は、2022年に146憶米ドルの市場価値から2030年末までに311憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に11.4%のCAGRで拡大すると予測されます。

市場の成長を促進すると予想される主な要因は、データ分析と新しいコンテンツソースの出現によるプロアクティブなガバナンスに焦点、世界中で訴訟の数の増加、ESIとソーシャルメディアの浸透の増加、規制政策のさまざまな構造などです。 eDiscovery(電子情報開示)用のAIベースの分析の出現と、ドキュメントレビュープロセスを簡素化および短縮するための予測コーディングに対する需要の高まりは、eDiscovery(電子情報開示)市場のベンダーにとっていくつかの成長機会です。しかし、COVID-19パンデミック中のサイバー攻撃やデータ盗難活動の可能性の増加と熟練した専門家の不足は、市場の成長を制限すると予想されます。

企業間の外部詐欺への懸念と、ビジネスプロセスに対するソーシャルメディアの影響力の高まりも、今後数年間で市場を牽引すると予想されます。電子情報開示ソリューションでのクラウドベースの展開モデルの採用の傾向は、電子情報開示市場の高度な傾向を示す可能性があります。

企業全体でのBYODポリシーの実装の増加は、事務関連アプリケーションでのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの使用を刺激しています。これは、主要ベンダーがモバイルベースの電子情報開示ソリューションを導入して先発者のアドバンテージを得るための新しい機会を生み出しています。

電子情報開示市場は、情報技術産業における技術革新の成長を背景に、過去数年間継続的な成長を目撃しています。モノのインターネット(IOT)と人工知能(AI)を多数の産業用および住宅用アプリケーションに急速に統合することにより、電子情報開示市場は今後数年間で大幅bに成長すると予想されます。米国のIT業界は、世界中のテクノロジーセクターで約30%の最大のシェアを占めています。電子情報開示市場の成長は、多くの業界でデジタルトランスフォーメーションを可能にする率の上昇によって大いな影響を受けると予測されます。2017年と比較して、2018年のICTおよびテレコムのテクノロジー支出は約5%の成長を記録しました。

成長に影響を与える主なマクロ経済指標:

研究開発費(GDPの%)、2013-2016年

画像

ソース:世界銀行

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/e-discovery-market/10325614

継続的な技術革新により、ワイヤレスネットワークの速度と応答性を向上させるための5Gの導入は、通信業界に大きなビジネスチャンスを生み出すと推定されています。顧客の好み、モバイルデータの組み合わせに対する需要の高まり、およびビデオストリーミングサービスの増加など要因により、北米での5Gの採用は2023年に45%を超えると推定されています。コネクテッドホーム、コネクテッドシティ、コネクテッドカー、IoT、5Gの展開により、通信事業者の働き方が変わると推定されています。

市場セグメンテーション洞察

電子情報開示市場は、タイプ別(ソフトウェア、オンプレミス展開、クラウドベースの展開)、エンドユーザー別(政府機関、企業、中小企業、大企業、法律事務所)などによって分割されています。レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

電子情報開示市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、予測期間中に電子情報開示市場全体で最大の市場シェアを保持すると予想されます。北米地域には、トレンドテクノロジーの早期採用者であり、非常に厳しいコンプライアンス規制により、eDiscoveryソリューションの採用が増えています。さらに、この地域の企業は、サイバーセキュリティとデータ侵害を規制するためにeDiscoveryソリューションを採用しています。また、国境を越えた管轄区域の違いとプライバシーの問題を処理し、調査事項と訴訟を管理し、すべての証拠開示義務を満たすための基準を維持します。北米はさらに米国とカナダに分割されます。

米国は、北米の電子情報開示市場への主要な収益貢献者になると予想されています。米国に続いて、カナダはeDiscoveryソリューションとサービスプロバイダーに大きな成長の機会をもたらすと期待されています。

電子情報開示市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
電子情報開示市場における業界のリーダーはHP Inc.、Xerox Corporation、kCura LLC.、AccessData Group、LDiscovery LLC、Kroll Ontrack, LLC、Catalyst Repository Systems Inc.、FTI Consulting, Inc.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325614

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES