自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『AI翻訳で描く "IPランドスケープ"~知財情報のビッグデータを、事業戦略の推進力へ~』8月19日(木)開催

高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う株式会社ロゼッタ(本社:東京都新宿区 代表取締役:五石 順一)は、無料ウェビナー『AI翻訳で描く “IPランドスケープ” ~知財情報のビッグデータを、事業戦略の推進力へ~』を2021年8月19日(木)開催いたします。

今回のウェビナーは、翻訳業務において外注するとコストがかかる、内製するには膨大な手間がかかるなど翻訳に関する課題を抱えている方に向けた課題解決の機会となります。

■『AI翻訳で描く "IPランドスケープ" ~知財情報のビッグデータを、事業戦略の推進力へ~』
【概要】
知財情報分析と企業戦略を統合するタームとして、近年注目を浴びる「IPランドスケープ」。
非常に高度な価値判断が要求される一方、特許調査等の膨大な情報収集も必要となるため、 早急なシステム効率化を迫られる知財担当部門の声も聞かれます。IPランドスケープの概略に触れながら、 専門分野に対応したAI自動翻訳による特許調査の効率化事例について解説します。

【このような方におすすめ】
・知財管理部門の方
・知財関連コンサルティングファーム、知財翻訳を扱う専門翻訳会社
・海外特許の調査/分析を効率的に進めたい
・知財情報を自社の企業戦略に活用したい

【開催日時】
2021年8月19日(木) 14:00~14:40

【申し込み方法】
お手数ですが、こちらのURLから情報入力をお願いします。
※情報入力後に参加登録完了となりますのでご注意ください。
https://www.rozetta.jp/webinar/detail/210819-14.html

【開催方法】
Zoomにて開催。
参加お申込みいただいた方には開催日前日にZoomのURLをメールでお送りします。

【参加費】
無料

【ご注意】
・複数名でのご参加の場合でも、お一人ずつ参加申し込みしてください。
・同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

【スピーカー】

画像

株式会社ロゼッタ
MT事業部 マネージャー
篠田 篤典
新聞社勤務の後、名古屋の特許事務所で14年半、外国業務に従事。2020年7月より現職。 機械翻訳の精度向上と普及により、特許翻訳業界全体の品質向上を目指す。 知的財産翻訳検定1級合格(機械工学分野および電気・電子工学分野、共に日英翻訳)。

■株式会社ロゼッタについて
ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI 自動翻訳の開発・運営を行っています。ロゼッタの自動翻訳は国内外5000以上の企業・団体で導入されており、医薬、製薬、ライフサイエンス、バイオベンチャー、省庁、国立研究所、大学、病院、化学、環境、エネルギー、石油、食品、飲料、農林水産、土木・建設、法務、法律事務所、特許事務所、金融、IT、通信、半導体、産業機械、電気機器、精密機器などなど様々な分野でご活用いただいています。
URL:https://www.rozetta.jp/

リリース詳細
提供元: PR TIMES