産業用イーサネットスイッチ市場は2028年までCAGR 7.10%で成長する見込み

2021年7月15日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、産業用イーサネットスイッチの世界市場規模は、2020年に29億4,000万ドル、2028年には49億9,000万ドルに達すると予測されています。

Report Oceanが発行した最新レポートによると、「産業用イーサネットスイッチ市場(タイプ別、産業垂直別)」が発表されました。グローバルオポチュニティ分析と業界予測、2021-2028年" です。
画像1

レポート購入前に無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1829

産業用イーサネットスイッチの世界市場規模は、2020年に29億4,000万ドル、2028年には49億9,000万ドルに達し、7.10%のCAGRを記録すると予測されています。予測期間中、世界の産業用イーサネットスイッチ市場への貢献度は、北米地域が最も高く、北米、欧州がそれに続くと予想されています。

市場の概要

イーサネットスイッチは、コンピュータ上のすべてのネットワーク機器をまとめて接続するマルチポートのネットワークスイッチです。イーサネットスイッチは、要求に関係なくすべてのポートにデータを転送するイーサネットハブとは異なり、データを必要とする宛先ポートにのみ転送します。産業用イーサネットスイッチは、-40℃~75℃の過酷な動作温度、衝撃、振動にさらされる産業用ネットワーク環境でデバイスを接続するために設計されています。このようなタイプのイーサネットスイッチは、産業およびファクトリーオートメーション、鉄道および高度道路交通システム(ITS)、海洋、および石油・ガス分野で使用されます。

市場に影響を与えている要因

世界の産業用イーサネットスイッチ市場は、予測期間中、大きな成長が見込まれています。産業用イーサネットスイッチの利点を活かした採用の増加や、自動車・輸送環境における通信インフラの効率性確保の必要性の高まりなどの要因が、市場の成長を大きく後押ししています。さらに、スマートグリッド、インテリジェント鉄道・交通、セキュリティ・監視、その他の公共事業などの産業インフラにおける産業用イーサネットスイッチのアプリケーションの増加が、産業用イーサネットスイッチ市場の成長を促進しています。
画像2

しかし、イーサネットスイッチは技術的に複雑であるため、セキュリティ攻撃に対して脆弱であることが、産業用イーサネットスイッチ市場のシェアを抑制する要因になると予想されます。逆に、インダストリー4.0の出現などの要因は、市場成長に有利な機会を提供すると予想されます。また、自動車・輸送業界におけるコネクテッド・ビークルの出現は、予測期間中の産業用イーサネットスイッチ業界の成長にとって好機となることが予想されます。

市場セグメントの概要

世界の産業用イーサネットスイッチ市場は、タイプ別、産業分野別、地域別に分類されています。

タイプ別

マネージド
アンマネージド

詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。

産業分野別

製造業
電気・電力
航空宇宙・防衛
自動車および輸送
石油・ガス
その他

地域別のカバー

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで産業用イーサネットスイッチの市場動向を分析しています。北米は2020年に最大の収益を上げました。これは、工業化の進展とIT産業の急速な発展によるものです。また、制御側の産業用イーサネット機能の自動化、インフラの構築、グリッドに設置された機器での使用などのニーズが、この地域の市場の成長を促進しています。

また、欧州は世界第2位のシェアを持ち、スマートグリッドや製造業、セキュリティ・監視関連の企業が多く進出していることから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。これに加えて、この地域では産業化を強化するための政府の支援やイニシアチブが増加しており、市場の成長を促進しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19は、世界の電子・半導体産業に深刻な影響を与えています。そのため、生産設備や新規プロジェクトが停滞し、産業界で大きな需要が発生しています。COVID-19の発生により、生産・製造業の操業に大きな影響が出ており、2020年の市場成長の鈍化につながっています。

競合分析

本レポートでは、Arista Networks、Cisco Systems, Inc.、Belden Inc.、Siemens Ag、Brocade Communication Systems, Inc.、Hewlett-Packard、Juniper Network、Microsoft Corporation、Alcatel-Lucent、Huaweiなどの主要プレイヤーを取り上げています。これらのプレイヤーは、業界での足場を拡大するために、製品の発売、買収、コラボレーション、パートナーシップなど、さまざまな戦略を採用しています。

調査結果のポイント

産業用イーサネットスイッチの市場分析によると、予測期間中、タイプ別ではマネージドセグメントが最も多く、次いでアンマネージドが続くと予測されています。
2020年の産業用イーサネットスイッチ市場では、APACと北米が合わせて62.92%以上のシェアを占めています。
予測期間中、電気・電力セグメントが最も高い成長率を示すと予想されています。
アジア太平洋地域の産業用イーサネットスイッチ市場では、中国が2020年に約27.89%のシェアを占めました。

レポートの範囲を確認するhttps://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1829

私たちについて:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES