明電システムソリューション、サブスクリプション方式によるVR安全体感教育コンテンツの配信基盤にOracle Cloud Infrastructureを採用

柔軟かつ安全なVR教育コンテンツ配信基盤を短期間で構築、リアルな労働災害を体感するという現場教育のニューノーマルの確立に貢献

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社明電舎(本社:東京都品川区、取締役社長:三井田 健)の子会社である明電システムソリューション株式会社(本社:静岡県沼津市、代表取締役 取締役社長:鈴木 典芳)を通じて提供する生産・工事現場で起きる事故を再現したVR安全体感教育サブスクリプション・サービス「明電VR安全体感教育」の教育コンテンツ配信基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を採用したことを発表します。コロナ禍で集合教育が難しくなっている状況下、「OCI」を導入することで、遠隔教育の高まる需要に対応する柔軟かつ安全なコンテンツ配信基盤を迅速に構築しています。また、構築、運用コストを低コストで実現できたため、最新コンテンツが常に利用可能でより有益な教育サービスを低価格で利用可能にしています。

画像

News Release
明電システムソリューション、サブスクリプション方式によるVR安全体感教育コンテンツの配信基盤にOracle Cloud Infrastructureを採用
柔軟かつ安全なVR教育コンテンツ配信基盤を短期間で構築、リアルな労働災害を体感するという現場教育のニューノーマルの確立に貢献

2021年5月20日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社明電舎(本社:東京都品川区、取締役社長:三井田 健)の子会社である明電システムソリューション株式会社(本社:静岡県沼津市、代表取締役 取締役社長:鈴木 典芳)を通じて提供する生産・工事現場で起きる事故を再現したVR安全体感教育サブスクリプション・サービス「明電VR安全体感教育」の教育コンテンツ配信基盤として、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」を採用したことを発表します。コロナ禍で集合教育が難しくなっている状況下、「OCI」を導入することで、遠隔教育の高まる需要に対応する柔軟かつ安全なコンテンツ配信基盤を迅速に構築しています。また、構築、運用コストを低コストで実現できたため、最新コンテンツが常に利用可能でより有益な教育サービスを低価格で利用可能にしています。

明電グループでは、2008年からグループ従業員を対象に、危険感受性を高めるための教育として安全体感教育を開始しました。2016年からはグループ以外にも、工場、建設現場等の要望がある場所に赴いて実施する出張教育を有償で提供しており、その受講者数は、これまで延べ17,000名を超えています。明電舎は、コロナ禍で集合教育が難しくなっている状況下、遠隔教育の高まる需要に対応するために、出張教育に加え、新しい提供形態としてサブスクリプション方式で利用可能なVR教育サービスの展開を開始しました。お客様は、サブスクリプション方式では、初期導入コストを低減しながら、オンデマンドで必要な要員に必要な教育を行えるほか、常に最新で多様なVR教育コンテンツを利用できるようになります。また、安全教育の定型化や教育コンテンツの陳腐化を防ぎ、有益な安全体感教育を図ることも期待されていました。

明電システムソリューションでは、この新規サービスの立ち上げにあたり、教育コンテンツ配信基盤を新たに構築しました。迅速にサービス提供を開始するために、短期間での構築に加え、コンテンツやアクセス増加に対応しながらコストの最適化を図り、システム・リソースを柔軟に調整可能なパブリック・クラウドを前提に検討を開始しました。複数のパブリック・クラウドを検討した結果、高い性能、契約企業のサービス利用情報を扱うデータベースの暗号化機能などのセキュリティに優れた標準機能、コンテンツ配信基盤として重要なコンピュートおよびアウトバウンドのネットワークを含む費用対効果を総合的に評価し、「OCI」を選定しました。

明電システムソリューションでは、「OCI」上に教育コンテンツ配信基盤を1カ月という短期間で構築し、2021年1月から「明電VR安全体感教育」のサービス提供を開始しています。「OCI」は、CPUとメモリを個別に拡張および縮小可能なため、将来的なサービス拡張や利用者増加にも柔軟なリソース調整が可能で、また追加コストなしでデータベース暗号化機能を使用できたため、柔軟かつ安全なコンテンツ基盤を低コストで実現しています。費用対効果の高い「OCI」を活用することで、「明電VR安全体感教育」では、利用者の初期投資コストを抑えた低価格のサブスクリプション・サービス提供を可能にし、密な状況を避けながらリアルな労働災害を体感するという現場教育のニューノーマルを確立しています。

明電システムソリューションでは、今後、他の外販向けサービスのプラットフォームも「OCI」に移行することを検討しています。

お客様のコメント:
安全体感教育をVR教育プログラムとしてサブスクリプション方式で提供するにあたり、オンデマンドで常に最新で多様なVR映像教育コンテンツを利用可能にするため、その配信基盤の選定は非常に重要な要素でした。「OCI」は性能も安定しており、セキュリティ強化やネットワークの追加コストが発生しないため、予測可能なコストで要件を満たしたコンテンツ配信基盤が構築でき、月額8~10万円という低価格なサービス価格設定を行うことができました。1月のサービス開始以降、多くの工場や建設現場を擁する企業から反響があり、コロナ禍での現場の労災対策教育に貢献できていることを実感しています。コンテンツやサービスをさらに充実させ、より多くのお客様に有効な教育体験を提供していきます。
明電システムソリューション株式会社 DX戦略室 主任 高杉 壮 氏

参考リンク
・株式会社明電舎 :https://www.meidensha.co.jp/index.html
・明電システムソリューション株式会社:https://www.meidensha.co.jp/mss/
・明電VR安全体感教育:https://www.meidensha.co.jp/mss/system/sys_07/sys_07_01/index.html
・MEIDENS SOLUTION PASS:https://www.meiden-spass.com/
・Oracle Cloud Infrastructure:https://www.oracle.com/jp/cloud/

日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

リリース詳細
提供元: PR TIMES