デル・テクノロジーズ、データの価値をエッジで最大化

・デル・テクノロジーズが、数百万のシステムのため、エッジにおける今後のインフラストラクチャー、データ、アプリケーション、セキュリティーへの一貫したアプローチを提供
・「Dell EMC Streaming Data Platform」が、リアルタイム アナリティクスをネットワーク エッジにまで拡張
・新しい「Manufacturing Edge」ソリューションが、基幹アプリケーションを統合し、生産性と収益性の向上を実現
・Duos Technologies社が、エッジ インフラストラクチャーを展開して車両検査時間を120倍高速化

当資料は、2021年5月5日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。
米国リリース原文:https://corporate.delltechnologies.com/en-us/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2021~05~20210505-edge-dell-technologies-unlocks-value-of-data-at-the-edge.htm#/filter-on/Country:en-us

2021年5月5日、テキサス州ラウンドロック発:
デル・テクノロジーズは、エッジにあるデータから最大限の価値を引き出すことを目的に構築した、新しいソリューションおよびパートナーシップを発表しました。同社のエッジ戦略の一環として構築されたこれらのソリューションが、完全に統合されたテクノロジーの提供によって、複数のクラウドおよびアプリケーションと連携した、さまざまなワークロードを実行して管理することが可能になります。

データソースとしてのエッジ デバイスの役割は、ますます高まっていますが、Gartner社の予測によれば、2022年までにエンタープライズ環境で生成されたデータの50%以上が、データセンターやクラウド以外の場所で生成、処理されるようになります(*1)。このような環境の中、デル・テクノロジーズは、豊富な実績に裏打ちされた分散演算能力、規模、サプライチェーンを基盤に、テクノロジーの次のフロンティアである、エッジへのシフトをリードしています。

デル・テクノロジーズ インフラストラクチャー・ソリューション・グループ ゼネラルマネージャーのJeff Boudreauは、次のように述べています。「データがデジタル世界の通貨であることは、お客様にとってまぎれもないものになりました。エッジは、データセンターやパブリック クラウド同様に組織にとって価値のある洞察を得ることができる場となりました。演算処理、データストレージ、解析能力を持たせることで、リアルタイムでデータから洞察を引き出し、新たなビジネスの可能性を想像することができるのです」。

新しいソリューションおよびパートナーシップ
・「Dell EMC Streaming Data Platform」:「Dell EMC Streaming Data Platform(SDP)」のアップグレード バージョンが、パワフルなリアルタイム アナリティクスをエッジに提供。より小規模構成になった「SDP」は、エッジにおけるストリーミング データのリアルタイムの取り込み、データ保管、分析に最適なソリューションを提供します。あるアミューズメント パークは、アトラクションの保守作業が必要な際に、「SDP」を使ってスタッフにアラートを送信することで、高いコストが伴う修理が必要になる前に、アトラクションの状態を迅速にチェックして、対応することが可能になりました。

・「Dell Technologies Manufacturing Edge」ソリューション:「Dell Technologies Manufacturing Edge Reference Architecture with PTC(https://www.delltechnologies.com/ja-jp/blog/accelerate-smart-manufacturing-with-edge-solutions-from-dell-technologies/ )」によって、製造業のお客様は、製造環境内のワークステーション、コンピューター、モバイル デバイス、その他のエンドポイントから、インサイトの引き出しが可能になります。一元環境からエッジ データにアクセスできるので、製造ラインの信頼性が高まるだけでなく、運用コストを削減し、より豊富な情報に基づくリアルタイムの意思決定が可能となります。

「APEX Private Cloud」との統合を通じて、高可用性エッジ フレームワークを「as-a-Service」として提供するので、アプリケーションを仮想化およびコンテナ化して、複雑さを排除すると同時に時間を短縮することができます。製造業のお客様は、使用した分だけ支払う従量課金で、一貫したクラウドを体験できます。

PTC社 M&A and Technology Partnerships シニア バイス プレジデントのJonathan Kateman氏は、次のように述べています。「PTCのソリューションにより、本来のライフサイクルで製品を設計・製造・提供するよう企業を転換し、エッジをイノベーションのフロンティアに変えることができます。さらに、評価済みのデル・テクノロジーズの製造向けソリューションとともに、産業用IoT環境の多くをAPEX Private Cloudを通して展開することが可能になります」。

デル・テクノロジーズのエッジ インフラストラクチャーによって、Duos Technologies社が鉄道の革命を実現
Duos Technologies社(Nasdaq: DUOT)は、デル・テクノロジーズのインフラストラクチャーおよびサービスを活用して、人工知能(AI)ソリューションをエッジに展開しています。 CSXを含む主要鉄道で初めて採用したこのテクノロジーにより、同社は鉄道車両検査を120倍高速化することに成功しました。

毎日北米を横断する列車の本数は数百本に及び、2020年の輸出入および国内貨物の取扱いは、約7,000億ドル相当でした(*2)。従来の検査プロセスは、1両あたり平均8分を要し、予定外の停止による鉄道会社の費用は、年間数百万ドルにも上ります。このプロセスの合理化を目的に、Duos Technologies社はRailcar Inspection Portal(https://www.duostechnologies.com/railcar-inspection-portal/ )(rip(R)、車両検査ポータル)を構築しました。rip(R)は、耐久性を強化した「Dell EMC PowerEdge」サーバーおよび「Dell EMC PowerVault」ストレージ アレイをベースにしており、最高速度で走行している120両以上の車両を8分間で検査できます。このようなリアルタイム分析によって、お客様は安全性と保守精度を高めながら、さまざまなコストを削減することが可能になります。

# # #

*1. Gartner社「Gartner Hype Cycle for Edge Computing, 2020」Bob Gill, Thomas Bittman(2020年3月)
*2. 米運輸省統計「Moving Goods in the United States(https://data.bts.gov/stories/s/Moving-Goods-in-the-United-States/bcyt-rqmu )」(2020年)

# # #

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

(C) Copyright 2021 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

リリース詳細
提供元: PR TIMES