ノーコードアプリの「Unifinity」がCData Software との協業による製品連携を開始

~モバイルアプリ開発プラットフォームUnifinity からSalesforce、kintone、Excel Online など100種類以上のSaaS やNoSQL に連携を実現~

2021年4月23日、リアルタイムデータ連携のための標準ドライバーおよびデータ連携ソリューションのリーディングプロバイダーであるCData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介、以下CData)は、株式会社ユニフィニティー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:曽良俊介)との協業を開始いたしました。本協業により、Unifinity で作成したカスタムアプリからのSaaS やクラウドのデータへのアクセスが容易になります。

<あらゆるSaaS / クラウドのデータと自在に連携>
CData Connect は、あらゆるSaaS、クラウドへのリアルタイムデータアクセスを実現する統合連携プラットフォームです。100以上のエンタープライズデータソースに対応し、標準的なAPI 連携が可能な仮想データベースを自動で構築します。kintone やSalesforce、Microsoft 365などご利用のデータソースを選択するだけで、Unifinity アプリから容易にアクセス可能なAPI が自動で生成され、リアルタイムな連携が可能になります。
画像1

<データの閲覧・更新が可能なアプリで現場を効率化>
Unifinity は、現場の業務を効率化するモバイルアプリをノーコードで作成できるノーコード・モバイルアプリプラットフォームです。20以上のUI コントロールと300以上の処理コンポーネントで、想像したとおりのアプリを誰でも自在に構築できます。今回、CData Connect と連携したことで、企業が利用するさまざまなSaaS / クラウドについて、それらに保存されたデータを現場からリアルタイムに閲覧または更新できる便利なアプリを、簡単に構築できるようになります。
画像2

<販売管理や生産管理との連携アプリ>
Salesforce やkintone、Excel Online といったすでに利用しているSaaS / クラウドに現場最適なモバイルインターフェースを追加することで、報告書等の作成にかかる作業時間を大幅に短縮しつつ、入力ミスを防ぎ、データの正確性も向上できます。また、現場データのリアルタイムな収集や共有を通じて、社内のコミュニケーションやエンゲージメントの増加が可能になります。
画像3

<Unifinity で使用可能となるデータソース例>
本協業により、Unifinity から100以上のデータソースへの連携が可能になります。Salesforce、Dynamics 365、Zoho などのCRM、kintone、SharePoint、Jira などのグループウェア、Excel Online やGoogle スプレッドシート、Redshift、Google BigQuery、Elasticsearch、Snowflake などのビッグデータストレージ、MySQL、SQL Server、Oracle などのRDB など多様なデータに双方向連携するアプリを構築可能になります。
画像4

<今後の展開>
株式会社ユニフィニティーとCData は、共同してデジタルデータの収集・管理・活用が可能なデジタルプラットフォームを提供し、企業のDX 推進と持続的な成長を支援していきます。

<ユニフィニティーについて https://www.unifinity.co.jp/
株式会社ユニフィニティーは、あらゆる業務システムが働く個人に最適化された世界の実現を目指し、業務用モバイルアプリを誰でも簡単につくれるノーコード開発プラットフォーム「Unifinity」を提供しています。Unifinity で開発されたアプリは、製造工場や建設現場、店舗や各種設備などの「現場業務」を中心に、300社20万人以上に利用されています。

<CData Software について https://www.cdata.com/jp/
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、Web API へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 疋田 光希
E-mail: press@cdata.co.jp

リリース詳細
提供元: PR TIMES