サイバーセキュリティクラウド、「アジア太平洋地域における急成長企業ランキング」で上位500社中85位にランクイン

株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:小池 敏弘)は、アジア太平洋地域13ヵ国、100万以上の企業を調査対象とした「High-Growth Companies Asia-Pacific 2021(アジア太平洋地域の急成長企業ランキング 2021)」において、上位500社中85位にランクインしました。

■High-Growth Companies Asia-Pacific 2021(アジア太平洋地域の急成長企業ランキング 2021)とは
「High-Growth Companies Asia-Pacific 2021」はFinancial Times社、日本経済新聞社、Statista社が共同で、アジア太平洋地域(オーストラリア、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾)に本社がある100万社以上の企業を対象とし、2016年から2019年の収益成長率(CAGR: compound average growth rate)を元に上位500社をランキング化したものです。

■受賞に関する代表取締役社長 兼 CEO 小池敏弘からのコメント
この度は『アジア太平洋地域における急成長企業ランキング』に入賞できたことを光栄に思います。当社は国内発のサイバーセキュリティサービスベンダーとして、「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念の下、自社で一貫してWebセキュリティサービスの開発・運用・保守・販売を行い、多くのお客様に我々のサービスを信頼いただくとともに当社も成長を続けてまいりました。今後は当社が持つ1.9兆件超のサイバー攻撃のアクセスを含むビッグデータを活用した取組や異業種との提携、積極的な事業拡大やグローバル展開を通じて、当社が活躍可能な領域を拡大するとともに、より幅広い領域の企業のサイバーセキュリティを守ることができるよう尽力いたします。

【クラウド型WAF「攻撃遮断くん」について】
https://www.shadan-kun.com/
画像1

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」は、Webサイト・Webサーバへのサイバー攻撃を可視化・遮断するWebセキュリティサービスです。ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を活用し、一般的な攻撃の検知はもちろん、未知の攻撃の発見、誤検知の発見を高速に行うとともに、世界有数の脅威インテリジェンスチーム「Cyhorus」により、最新の脅威にもいち早く対応します。導入社数・サイト数で国内1位※1を獲得し、企業規模を問わずご利用いただいています。

【「WafCharm(ワフチャーム)」について】
https://www.wafcharm.com/

画像2

「WafCharm」は導入ユーザ数で国内No.1※2の、パブリッククラウドで提供されている WAFを“AI”と“ビックデータ”によって自動運用することが可能なサービスです。AWSとMicrosoft Azureの2大プラットフォームに提供しております。
機械学習を用いて最適なWAFルールを自動運用するAIエンジン「WRAO(ラオ)※3」(特許番号:特許第6375047号)を搭載しており、累計導入サイト数・導入社数国内No.1※1の実績を持つクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で培った累計1.7兆件以上のビックデータを活用し、お客様毎に最適なルールを自動で適用します。サイバー脅威情報監視チーム「Cyhorus」により最新の脅威にもいち早く対応します。また、国内有数のシグネチャカスタマイズのノウハウをもった、開発エンジニアによるサポート※4も合わせて提供しています。

【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 小池 敏弘
設立 :2010年8月
URL :https://www.cscloud.co.jp/
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア47.8%※5を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。
これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。

※1 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年5月~2019年6月 調査)<ESP総研 調べ>
※2 出典:日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2020年7月期_実績調査
※3 AWS WAF classicのみに対応
※4 一部プランのみ対象となります
※5 出典:Gartner(August 2020)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2018-2019

リリース詳細
提供元: PR TIMES