自動車部品検索サービス「ARGOS(アルゴス)-AIP」トライアルユーザーを募集します

~「自動車補修部品を特定する」情報プラットフォーム~ 

株式会社アジアブリッジパートナーズ(本社:千葉県千葉市、代表取締役:羽生 武史 以下 ABP)は、日本で流通する輸入車などの補修部品を検索するWebサービス「ARGOS(アルゴス)-AIP(エーアイピー)」を2021年7月1日よりリリースいたします。これに先駆け、自動車補修部品(市販部品)を製造するメーカー様を対象に、トライアルユーザーを募集します。
▼紹介ページ:http://argos2020.jp/

画像1

■「ARGOS(アルゴス)-AIP(エーアイピー)」サービス概要

主に日本で流通する輸入車および海外で流通する日系車の車台番号(VIN番号)を入力するだけで、正確な車両情報、自動車補修部品(純正部品、汎用部品)情報を検索することができます。

以下は動画となっております。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=ftvO4f4T6iU ]

名称:「ARGOS」 Automotive Information Platform(AIP) 
由来:ARGOSとは、ギリシャ神話に登場する百の眼を持つ巨人。自動車市場に存在する、無数ともいえる膨大な部品群の中から、対応するものを即座に見つけ出してゆく様を表現しています。

■検索可能メーカー 

メルセデスベンツ
BMW
アウディ
フォルクスワーゲン

海外で流通する日系車情報(トヨタなど8メーカー)が検索可能です。

※随時搭載メーカーを増やす予定です。

収録モデルの詳細は http://www.argos2020.jp/ まで。

■「ARGOS(アルゴス)-AIP(エーアイピー)」の特長

1.部品を含む車両情報一式のデータベース、独自解析システムにより、車台番号(VIN番号)で瞬時に正確な車両情報・部品情報が検索可能です。
画像2

2.VIN番号からの検索だけでなく、メーカーや車種等の車両情報からの検索、純正品番(OEM)入力からの検索も可能です。また純正品番からその部品が利用されている該当車両を検索することができます。
画像3

3.弊社提供のAPI接続により、自社業務システムとの連携が可能です。検索時の正確性が向上することで誤発注を防止、EC事業者、部品サプライヤー、修理工場、カーオーナー等の方々の課題を解消します。
画像4

■トライアルユーザー募集と特別キャンペーン

1.ARGOS AIP ベータ版 無料トライアル
http://argos2020.jp/のページから、無料でトライアル利用(2週間)が可能です。
画像5

2.部品メーカー様向け「適合車両調査サービス」無料トライアル(先着20社限定)
画像6

 当サービスはARGOS-AIP内の車両情報、部品情報と部品メーカー様自社部品情報との互換性を調査し、該当車両の適合をレポートするサービスです。今回トライアルでは、自社品番3品番までの互換性調査を行い、貴社へ無償でレポートします。詳しくはhttp://argos2020.jp/をご覧ください。
画像7

■開発元
画像8

株式会社アジアブリッジパートナーズ
https://www.abp2020.co.jp/

■日本企業向け 販売元
株式会社 レベルブリッジ
https://levelbridge.jp/
株式会社レベルブリッジは、LEVELの独占販売代理店です。
※LEVEL(http://www.vin114.net/)とは「上海力洋軟件科技有限公司」の提供するサービスです。

リリース詳細
提供元: PR TIMES