トレードログ、IoT連携ブロックチェーンツール「YUBIKIRI for Microsoft Azure」を提供開始

~マイクロソフトの各種クラウドサービスと連携を容易に~

ブロックチェーン導入支援を行うトレードログ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役 藤田 誠広)は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を最大限に活用したIoT連携ブロックチェーンツール「YUBIKIRI for Microsoft Azure」を本日から正式に提供開始します。

「YUBIKIRI(ユビキリ)」はSCM合理化・企業間データ連携・O2OマーケティングなどのためにIoT連携を行えるブロックチェーンツールです。製造・物流・社会インフラなどの領域への適用を想定しております。例えば、SCM合理化などの文脈では、異なる法人間での入出荷情報のリアルタイム共有、バックオフィスの確認作業の大幅な削減、不良ロットの迅速な洗い出しなどにご活用いただくことが可能です。基盤技術はQuorumとKaleidoベースとなります。

この度、「YUBIKIRI」をより多くのお客様に提供可能なサービスとするため、エンタープライズ分野で豊富な実績のあるマイクロソフトのMicrosoft Azure上で動作する「YUBIKIRI for Microsoft Azure」の構築を実現しました。「YUBIKIRI for Microsoft Azure」は、従来エンタープライズ用途で提供していた「YUBIKIRI」を、Microsoft Azureユーザ様向けにより導入しやすくモジュール化したソリューションとなります。一例として、Azure Active Directory連携によるセキュリティの強化、サーバの立上げの迅速化、Microsoft Azureシリーズで揃えることによる管理手間や拡張負担の大幅な軽減、スケールメリットを生かしたコスト効果など、Microsoft Azureユーザ様向けならではの様々な利点を提供可能です。

今後トレードログでは、本ソリューションを製造・物流・社会インフラなどのIoT活用が期待される様々な業種に提供し、顧客企業様のビジネス拡大に貢献してまいります。
画像

■ 日本マイクロソフト様からのエンドースメント
日本マイクロソフトは、この度のトレードログ株式会社様の「YUBIKIRI for Microsoft Azure」提供開始を心より歓迎致します。これまで紙ベースでしか閲覧出来なかった情報のデジタル化が進むにつれて、企業の情報資産を安全に管理できるサービスの需要が高まってきております。YUBIKIRI for Microsoft Azureでは認証基盤のクラウド化によりID情報の不正利用を防ぎセキュリティの向上を実現致します。加えてコンソーシアムネットワークの構築によりシステム運用を簡素化し、お客様の作業負荷を大幅に削減することが可能です。
今後も日本マイクロソフトは、トレードログ株式会社様との強固な連携を通じてお客様の働き方改革ならびにデジタルトランスフォーメーションを支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 パートナー営業統括本部 業務執行役員 統括本部長
野中 智史

■ トレードログ株式会社について  https://www.trade-log.io/
「失敗のない市場を作る」をビジョンに掲げ、2018年創業。製造・物流・社会インフラなどの各産業領域における企業間の不合理・不経済を解消すべく、ブロックチェーン技術導入を支援。特にIoTやO2Oマーケティングとブロックチェーンとの融合に注力。ユビキタス時代のデータ連携ツール「YUBIKIRI(ユビキリ)」、トークンエコノミー導入ツール「OHAJIKI(オハジキ)」など、各種ソリューションを提供。また、データ設計こそがブロックチェーン普及の要であるという思想に基づき、データ活用支援事業も併せて推進。ブロックチェーンとデータ活用の両輪で、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支援しております。

※本ニュースリリースに掲載している情報は、発表日時点のものです。
※Microsoft、Azure、Active Directoryは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。
※トレードログ、YUBIKIRI、OHAJIKIはトレードログ株式会社の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

■お問い合わせ先
トレードログ株式会社
担当:中村  E-mail:info@trade-log.io

リリース詳細
提供元: PR TIMES