オープンソースサービス市場「予測期間中に24.2%のCAGRに達すると予想」ー成長、傾向および予測2020ー2025年

SDKI Inc.が「オープンソースサービス市場ー成長、傾向および予測2020ー2025年」の新調査レポートを2021年03月25日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2020ー2025年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-90618

画像

オープンソースサービス市場は、予測期間中(2020ー2025年)に24.2%のCAGRに達すると予想されます。総所有コストの削減、および投資収益率の向上などの要因が市場の成長を促進すると予想されます。

オープンソースソリューションは、クライアントビジネスに柔軟性を提供し、ベンダーにイノベーションを提供します。それは、顧客の要求に応じて製品から最高の機能を引き出すために製品を調整する機会と能力を提供します。オープンソースの成長に伴い、

テクノロジープロバイダーはパートナーシップを通じて新しいソリューションを提供しています。2019年、Red HatとInfosysは、業界のIoT向けのエンドツーエンドのオープンソースリファレンスアーキテクチャとソリューションを開発するためのパートナーシップを発表しました。これらの業界には、金融サービス、石油・ガス、小売、消費財(CPG)および製造業が含まれます。

市場セグメント

オープンソースサービス市場は、サービスタイプ別(コンサルティングおよび実装サービス、サポート、メンテナンスおよび管理サービス、トレーニングサービス)、エンドユーザー業界別(銀行、金融サービス、保険テレコムおよびIT、製造)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

地域概要

オープンソースサービス市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

これらの地域の中で北米地域は、予測期間中に大幅な市場シェアを占めると予測されます。この地域の成長は、IBM Corporation、Redhat、Oracle Corporationなどの主要な市場プレーヤーの存在、および新しい技術の高い採用率に起因すると推定されます。さらに、クラウド技術への投資の増加は、オープンソースサービス市場の成長を促進すると予想されます。また、この地域のさまざまなエンドユーザー産業によるオープンソースサービスの採用の増加は、市場の成長を後押しします。

市場の主要なキープレーヤー

オープンソースサービス市場の主要なキープレーヤーには、Accenture PLC、Oracle Corporation、Cisco Systems, Inc.、Open Source Services、HCL Technologies、Hewlett Packard Enterprise Company、IBM Corporation、Infosys Limited、Wipro Limited、ATOS SE、Red Hat Inc.、Google LLC、Microsoft Corporation、Amazon Web Services などがあります。この調査には、オープンソースサービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/open-source-service-market/90618

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています

リリース詳細
提供元: PR TIMES