<CTC×TIS>【製造業向け】SAP S/4HANAマイグレーションセミナー ~事例から見えてきた成功のポイントと具体的効果を徹底解説~

SAP ERP(ECC6.0)のメーカ保守終了(2027年問題)が迫る中、情報収集や方向性検討も本格化してきているかと思います。本セミナーでは、SAP S/4HANAへとマイグレーションを実施したお客様の事例を用いて、先行者が何故いま決断したのか、どのように進めたのか、そしてどのような効果があったのかなど、これから検討を予定している方に役立つ情報をわかりやすく読み解きます。

また、コンバージョンの必須条件であるUnicode化についての工数を最大 95% 削減することができる新サービスを紹介いたします。

加えて、SAP ERPシステムのインフラ基盤については、なぜオンプレではなくクラウド基盤(IaaS)なのか、クラウドならではの考え方や、クラウドへの移行を進めた企業がその判断の決め手となったポイントを具体例を用いながら解説いたします。

【セミナーのみどころ】
・実例に基づくコンバージョンプロジェクトにおける進め方と注意すべきポイント
・Unicode化の工数を95%削減することができる自動変換サービスの特徴とメリット
・クラウド移行の事例に基づき、その判断の決め手となったポイント

【次の方におすすめ】
・SAP ERP(SAP ERP6.0など)をご利用中で、SAP2025年(2027年)問題に直面している
 業務部門担当者様、もしくはIT部門のご担当者様
・SAP ERP(SAP ERP6.0など)をご利用中で、OSのEOSL対応などによるシステム更改を
 機に新たなIT基盤を検討しているIT部門のご担当者様

<開催概要>
タイトル:
 【製造業向け】SAP S/4HANAマイグレーションセミナー
 ~事例から見えてきた成功のポイントと具体的効果を徹底解説~

開催日時:
 2021年3月10日 (水) 14:00 – 15:15(Web開場 13:45)

詳細/お申込み:
 https://www.tis.co.jp/seminar/seminar/202103-ctc-saps4hana-migration.html

共催:
 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 TIS株式会社

<お問合せ>
TIS株式会社 エンタープライズビジネス企画部 セミナー事務局
E-mail:sol@tis.co.jp

リリース詳細
提供元: ドリームニュース