Tenable、Alsid 買収の意向を表明

※本リリースは米国で同時に発表されるプレスリリースの日本語版になります。

 Cyber Exposure カンパニー、 Tenable Holdings, Inc. (以下 Tenable、NASDAQ:TENB) は、Active Directory セキュリティ業界リーダーの Alsid SAS (以下 Alsid) の買収を正式に合意したことを発表しました。

 Alsid for Active Directory は、Active Directory のセキュリティをリアルタイムで監視する、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) ソリューションです。オンプレミス導入オプションもあり、動的な脅威スコアリング、複雑性の評価、対応策の推奨などを提供し、システムの弱点の特定と修正につなげます。Alsid は新たな攻撃経路や進行中の攻撃を業務に影響を及ぼさない方法で継続的かつリアルタイムに検出し、エージェントの導入や特別な権限を持つアカウントの使用なしで問題を修正する方法を提示します。

 Active Directory のユーザー権限の悪用は、システムの弱点を突く高度な攻撃から一般的なサイバー攻撃にわたってよく使われる手口です。多くの人々がリモートワークに移行し、個人のデバイスから会社のシステムに接続している現在、Active Directory がシングルサインオンの管理に果たす役割は極めて重要であり、従って Active Directory に関連するリスクも今までになく高まっています。そのため企業は、従業員、請負業者、臨時職員、システムのアカウントなど、さまざまなアカウントのセキュリティの確保とアカウントのシステム全体へのアクセスと権限の管理を、サイバーセキュリティ体制構築に必要な戦略と捉え、ますます重視しています。アカウントのシステムへのアクセスと、それがどのようにコンピューティング環境に伝搬されていくかを理解することは、脆弱性管理およびシステム衛生を補完する上で戦略的に重要です。とりわけ、複雑なクラウド環境やハイブリッド環境においては、リスクを包括的に管理することが一層必要不可欠になります。

 「Active Directory のアカウント権限を厳しく管理することは、基本的な防御対策やセキュリティ更新の実施と同じように重要な事業のリスク削減の基盤です。SolarWinds に対する巧妙な攻撃からよくあるランサムウェアまで、続けざまに実行された多くの攻撃を見てもわかるように、ハッカーたちは持続的なアクセスを確保するために Active Directory のインフラストラクチャを狙っています」と Tenable の会長兼 CEO である Amit Yoran は語り、「Alsid は素晴らしいインサイトを顧客企業に提供しています。Alsid のチームと協力して、この重要な要素を Cyber Exposure ソリューションやリスク管理に有効活用できることを楽しみにしています」と結んでいます。

 「保護されていない Active Directory は、脅威アクターが企業のシステム上を水平移動する際によく利用されています。このセキュリティ上の最重要課題を解決するために Alsid を立ち上げたのです。Alsid では、顧客が将来の攻撃を予測することでビジネスを通常どおり継続できることを、常に重視してきました。Tenable も同様のサイバーセキュリティのビジョンを中核においていると思います。Tenable と協力して、より完成された総合的なサイバーセキュリティを提供するのが楽しみです」と Alsid の共同創業者で CEO の Emmanuel Gras 氏は述べています。

 Alsid は、フランス国家情報システムセキュリティ庁 (ANSSI) で以前インシデントレスポンダーを務めていた Emmanuel Gras 氏と Luc Delsalle 氏により 2016 年に設立されました。両氏は Tenable の経営幹部として Active Directory のリスク対策とセキュリティ評価の革新的ソリューションの開発に引き続き従事し、世界の新規市場開拓にも取り組む予定です。
 買収契約によると、Tenable による Alsid の買収額は現金で総額 9800 万ドルであり、通常の購入価格調整の対象となります。買収は 2021 年第 2 四半期前半に完了する見込みですが、規制当局の承認を得て、通常の買収締結条件を満たす必要があります。

 Alsid の 2021 年の業績は、収益と現在の売上高がそれぞれ約 1% 増、増分営業経費は 1500 万~2000 万ドル。しかし純現金収支にはそれほどの影響はなく、2022 年中には増加に転じると予測されます。Tenable は、2021 年第 1~第 2 四半期に発生する経費を含む、買収関連経費が 300 万~400 万ドルになると見込んでいます。従来どおり、上記の費用は非 GAAP 業績から除外する予定です。

 Tenable の発表の詳細は投資家 FAQページ(https://investors.tenable.com/investor-resources/investor-faqs)をご覧ください。Tenable は同社の投資家向け広報ウェブサイト (https://investors.tenable.com/) でも、Tenable の投資家が関心を示すような情報や重要な情報など、ニュースと最新情報を公開しています。
 Tenable は、米東部時間 2 月 10 日午前 9 時 40 分 (日本時間 2 月 10 日午後 11 時 40 分) から、ゴールドマン・サックスの Technology and Internet Conference 2021 のトークイベントに参加します。詳細情報およびウェブキャストへのリンクはこちらから(https://investors.tenable.com/events/event-details/goldman-sachs-technology-and-internet-conference-2021)。

■Tenableについて
Tenable(R), Inc. は、Cyber Exposure カンパニーです。世界中の3万以上の企業と組織がサイバーリスクを正確に把握し、削減するためにTenableを採用しています。Nessus(R)の開発者であるTenableは、脆弱性に対する専門性をさらに広げ、あらゆるコンピューティングプラットフォーム上のデジタル資産を管理、保護できる世界初のプラットフォームを展開しています。Tenableは、Fortune 500の半数以上、およびグローバル2000の30%以上の企業や、大規模の政府機関などで採用されています。詳しくは、jp.tenable.comをご覧ください。

■Forward Looking Statements
This press release contains forward-looking information related to Tenable, Alsid and the potential acquisition that involves substantial risks, uncertainties and assumptions that could cause actual results to differ materially from those expressed or implied by such statements. Forward-looking statements in this communication include, among other things, statements about the potential benefits of the acquisition, anticipated earnings enhancements, anticipated capital expenditures and product developments and other possible or assumed business strategies, potential growth opportunities, new products and potential market opportunities. Risks and uncertainties include, among other things, our ability to successfully integrate Alsid’s operations; our ability to implement our plans, forecasts and other expectations with respect to Alsid’s business; our ability to realize the anticipated benefits of the acquisition, including the possibility that the expected benefits from the acquisition will not be realized or will not be realized within the expected time period; our ability to consummate the transaction pursuant to the terms and in accordance with the timing described in this press release; failure to obtain necessary regulatory approvals (and the risk that such approvals may result in the imposition of conditions that could adversely affect the combined company or the expected benefits of the transaction); disruption from the acquisition making it more difficult to maintain business and operational relationships; the inability to retain key employees; the negative effects of the consummation of the acquisition on the market price of our common stock or on our operating results; unknown liabilities; attracting new customers and maintaining and expanding our existing customer base, our ability to scale and update our platform to respond to customers’ needs and rapid technological change, increased competition on our market and our ability to compete effectively, and expansion of our operations and increased adoption of our platform internationally.
Additional risks and uncertainties that could affect our financial results are included in the section titled “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations” in our Annual Report on Form 10-K for the year ended December 31, 2019, our quarterly report on Form 10-Q for the quarter ended September 30, 2020 and other filings that we make from time to time with the Securities and Exchange Commission which are available on the SEC’s website at www.sec.gov. In addition, any forward-looking statements contained in this communication are based on assumptions that we believe to be reasonable as of this date. Except as required by law, we assume no obligation to update these forward-looking statements, or to update the reasons if actual results differ materially from those anticipated in the forward-looking statements.

リリース詳細
提供元: PR TIMES