リックソフト、サイバートラスト社との提携を発表 厳格な端末管理でよりセキュアなクラウドサービスを提供 ~RickCloudの新サービス『デバイスID連携オプション』の提供を開始~

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下:リックソフト)は、独自のクラウドサービスである『RickCloud』のセキュリティ強化のため、サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利、以下:サイバートラスト社)と提携することを2021年2月18日に発表します。

リックソフトが運用するクラウドサービス『RickCloud』への外部からのアクセスをより厳格に管理するため、サイバートラスト社の端末証明書管理サービス『サイバートラスト デバイスID』(以下:デバイスID)を組み込んだ『デバイスID連携オプション』の販売を2021年2月18日より提供開始します。

■デバイスID概要
サイバートラスト社の提供するデバイスIDは、会社が許可した端末を厳格に認証し、安全なネットワークアクセスを実現するマルチデバイス対応の端末証明書発行管理サービスです。マルチデバイス・マルチネットワーク・マルチクラウド環境において、不正端末からのアクセスを防止し、安全に情報資産を活用できる共通の端末認証基盤を実現します。

■『デバイスID連携オプション』利用のメリット
新型コロナウイルス感染拡大を受け、テレワークを取り入れる企業が増え続けている中、情報セキュリティのリスクが課題として注目されるようになりました。対策として、VPNやユーザー認証が一般的ですが、あらかじめネットワークにアクセスできる端末を特定しておくことで、なりすましなどのリスクを回避することができます。
『デバイスID連携オプション』をご利用いただくと、『RickCloud』へアクセス可能な端末を厳格に特定し、アクセス権限を与えることで高いセキュリティを維持しつつ、自宅や外出先など場所に囚われずにサービスをご利用いただけます。
詳細ページ:https://www.ricksoft.jp/lp/rickcloud_deviceid.html

■『デバイスID連携オプション』価格
50ライセンス30万円~(年間)
詳しくは下記ページにてご案内しております。
『デバイスID連携オプション』価格ページ:https://www.ricksoft.jp/lp/rickcloud_deviceid.html

■『RickCloud』(リッククラウド)概要

アトラシアン製品を最適に稼働させるためリックソフトが提供するクラウドサービスです。インフラ基盤にAWS(日本リージョン)を採用し、経験豊富なアトラシアン製品の専任技術者が運用するエンタープライズ向けのセキュアでハイパフォーマンスなクラウド環境を提供しています。
業務の効率化や可視化の実現のため、クラウドアプリケーション利用の需要が高まる一方で、企業内ルールの壁に阻まれて導入が難しいという多くの日本企業の課題に対応できるクラウドサービスです。
サービス紹介ページ:https://www.ricksoft.jp/lp/rickcloud/

■今後の展望
今回の『デバイスID連携オプション』の提供により、より幅広い端末に対応し、豊富な実績を誇るデバイスIDのテクノロジーを利用することで、更にセキュアな『RickCloud』をご利用いただけるようになりました。また今後リリースを検討しているプロダクトとの連携や、認証サービスならびに回線サービスなどを組み合わせたセキュリティサービスも提案し、クラウド化へと舵を切るお客様を全面的に支援してまいります。
今後も新しい働き方やDX化が更に加速する中、企業が時代や社会情勢の変化に柔軟に対応できる力を持つことは必要不可欠です。このようなビジネスアジリティの考えが広がる中、手軽に、そして柔軟に利用できるクラウドの需要も今後増え続けていくと考えています。この大きな変化のタイミングにおいて、より多くのお客様が安心してリックソフトのソリューションをご利用いただけるよう、引き続きクラウドサービスの拡充を目指してまいります。

■エンドースメント
サイバートラスト 代表取締役 眞柄 泰利様ならびにリックソフト 代表取締役 大貫 浩からの期待の言葉を記載します。

サイバートラスト 代表取締役社長 眞柄 泰利様
このたびは、『デバイスID連携オプション』の販売開始、おめでとうございます。リックソフト様の『RickCloud』と当社の端末証明書管理サービス『サイバートラスト デバイス ID』のサービス連携により端末認証と多要素認証を実現し、お客様のクラウド活用におけるさまざまな利用シーンで端末の安全な接続を実現し、お客様の業務効率化や安全性の向上に貢献するものと確信しています。

リックソフト 代表取締役 大貫 浩
コロナ禍におけるテレワーク、働き方改革による多様なワークスタイルの促進などにより、ITインフラには働く場所の自由度と高いセキュリティの両立、さらにデバイスの自由度までもが求められる時代になりました。サイバートラスト社様の『サイバートラスト デバイスID』は導入しやすいデバイス認証を実現し、リックソフトのクラウドサービス『RickCloud』と組み合せることで、時代に即した理想的なITインフラをお客様にご提供できると考えております。

【サイバートラスト株式会社について】

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として20年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

【リックソフト株式会社について】

リックソフトは「価値あるビジネスソフトウェアで世界中のお客様の価値向上に貢献する」をビジョンとした、働き方改革を後押しする会社です。海外の先進的なツールのパートナーとして国内に豊富な導入実績があり、同時に自社アプリを開発しています。また導入から運用までをフォローすることで、カスタマーサクセスを実現します。

社名:リックソフト株式会社
本社所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル8階
設立;2005年1月4日
代表取締役:大貫 浩
取扱製品:Jira Software, Confluence, Slack, Workato, Alfresco, WhiteSource
ホームページ: https://www.ricksoft.jp/

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

<本リリースに関するお問い合わせ先>
リックソフト株式会社 マーケティング部 プレスリリース担当 佐橋
現在、在宅勤務期間中につき、メールにてお問い合わせください: pr@ricksoft.jp

リリース詳細
提供元: ドリームニュース