Longhorn、Kubernetesネイティブストレージ機能を拡張しエッジデプロイメントをサポート

最新リリースのLonghornをRancherと併用することで、DevOpsチームはコアからクラウドそしてエッジに至るまで永続データボリュームを管理できるように

コンテナ管理プラットフォームのRancherを所有するSUSEがLonghorn 1.1のリリースを発表

2021年1月26日 ニュルンベルク(ドイツ)– 真のオープンソースイノベーションにおけるグローバルリーダーであり、コンテナ管理プラットフォームのRancherを所有するSUSEは本日、Longhorn 1.1のリリースを発表しました。Longhornは、2019年10月からCloud Native Computing Foundation(CNCF)のサンドボックスプロジェクトです。2020年6月に一般提供されて以来、お客様の導入が235%増加し、Kubernetesストレージ環境の主力製品となっています。今回の最新リリースにより、Rancherユーザーは、エッジでの低電力ハードウェアにおいてKubernetesネイティブなストレージソリューションを活用できるようになります。

Longhorn 1.1を利用することで、DevOpsチームはあらゆるKubernetes環境内の永続データボリュームを簡単に管理できるようになり、エンタープライズグレードでありながら、ベンダーニュートラルなアプローチをクラウドネイティブストレージにもたらします。最新のリリースにより、Rancherユーザーは、Longhorn 1.1が提供するARM64のサポート、新しいセルフヒーリング機能、パフォーマンスの可視性向上により、エッジ環境の復元力をさらに強化することが可能になりました。

Gartnerは、2025年までに企業が生み出すデータの3/4が、従来の集中型データセンターやクラウドではなく、エッジで生成され処理されるようになると予測しています。これは、2018年の10パーセントからの急激な増加です。Longhorn 1.1では、このようなエッジの成長を念頭に置き、開発者が自信を持ってアプリケーションを構築し、リソースに制約のあるデバイスのエッジ環境におけるデータを保存できるようにします。

Longhorn 1.1の新機能

Longhornは、Kubernetesデプロイメントに対応した、100%オープンソースで、マイクロサービス中心のクラウドネイティブストレージです。Longhorn 1.1は、以下のような多くの新機能と機能改善を企業のDevOpsチームに提供します。

エッジでの堅牢なKubernetesネイティブストレージ

Longhorn 1.1は、Kubernetesネイティブストレージ機能を拡張し、エッジでのデプロイメントをサポートします。最も過酷でリソースが制約された環境でも、安心してデータを保存できるように設計されています。また、コミュニティから最も要望の多かった機能の1つであるARM64にも対応しています。

コンテナの効率的な実行を促進

K8コミュニティのユーザーにとって、効率の向上は常に最優先事項です。導入機運が高まっているLonghornは今回、コンテナ間の「ReadWriteMany」に対応するようになりました。これにより、開発者に対して、常に複数コンテナ間でボリュームの読み取り/書き込みが行える効果的な永続ストレージソリューションが提供されます。「ReadWriteOnce」方式とは異なり、Longhorn 1.1では異なるノード上の異なるパス間でボリュームストレージを共有することができます。

強化された可視性とオペレーションサポート

Longhorn 1.1は、組織のストレージインフラストラクチャに関する優れた洞察と機能を提供します。新たにPrometheusに対する統合サポートが組み込まれたことで、ユーザーはストレージの健全性に関するリアルタイム指標(監視、リソース使用率、追跡など)を利用できるようになりました。これにより、ユーザーはクラスタパフォーマンスをさらに詳細に把握できます。また、新たにCSI Snapshotterに対応したことで、ユーザーは「kubectl」を介してバックアップの作成/復元を行うことができます。

メンテナンス機能の向上

Longhorn 1.1では、ノードのメンテナンス機能も強化されました。Longhornは、ノードメンテナンスを安全に実行できるようにするために、Kubernetesのドレイン操作に対応しました。また、新規ノード上の既存ディスクを認識する機能も用意されています。これは、クラウドプロバイダーに優れたオペレーション環境を提供します。

復元力の向上

ほとんどの企業にとっての最優先課題は、ネットワークの問題を軽減することです。Longhorn 1.1に新たに搭載されたデータローカリティ機能は、不安定なネットワーク状況(エッジ内シナリオなど)において復元力を向上させます。この新機能は、ストレージのレプリカをワークロード自体のローカルな場所に保持するため、ノードが一時的にネットワークから切断されても、ストレージへのアクセスが失われることはありません。

Longhorn 1.1は、他のソフトウェアデファインドストレージソリューションに比べて、はるかにシンプルで、肥大化したレガシーアプローチを排し、ほとんどのユースケースに対して高速かつ信頼性に優れたストレージを提供します。

Rancherの既存ユーザーは、Rancherのアプリケーションカタログから直接Longhornを簡単にインストールできます。また、Longhornは無償でダウンロードして利用できます。サポートが必要なお客様は、SUSEサポートサービスのSLAと同じレベルのSLAを提供するプレミアムサポートモデルを購入できます。ライセンス費用は不要で、ノードベースのサブスクリプション価格は最小限に抑えられています。

リソース

· CNCFサンドボックスプロジェクトで開発された永続ストレージLonghornの詳細については、ブログのリンク (https://www.suse.com/c/rancher-and-longhorn-1-1/ )をご覧ください。
· Longhorn 1.1の技術的詳細については、こちら(https://longhorn.io/blog/longhorn-v1.1.0/ )をご覧ください。

· SUSEのKubernetes管理プラットフォームの詳細については、Rancher(https://rancher.com)をご覧ください。

· Rancherの認定取得に興味がある方は、Rancher Academy (https://academy.rancher.com/courses/course-v1:RANCHER+K101+2019/about)をご覧ください。

SUSEについて

SUSEは、真のオープンソースイノベーションにおけるグローバルリーダーであり、パートナー、コミュニティ、およびお客様と協力して、堅牢なオープンソースソフトウェアソリューションを提供しサポートしています。SUSEが提供する最先端のLinux、Kubernetes、コンテナ、クラウドにより、お客様はデータセンターからクラウド、さらにエッジに至るあらゆる場所でイノベーションを起こすことができます。SUSEはオープンソースを本来の「オープン」の姿に戻し、お客様はイノベーションの課題に取り組む俊敏性と、明日の戦略とソリューションを進化させる自由を手に入れることができます。

詳細については、www.suse.com をご覧ください。

将来の見通しに関する記述

本プレスリリースに記載されている当社の将来の予想、計画、期待に関する記述は、「目指す」、「目標とする」、「予定する」、「考える」、「予想する」、「計画する」、「期待する」、およびこれらに類似する表現を含め、将来の見通しに関する記述を構成する可能性がありますので注意してお読みください。実際の結果は、競合状況、顧客との取引の進展、顧客関係への依存、成長と買収の管理、ソフトウェアの問題が発見されない可能性、Covid-19パンデミックや景気後退の影響のリスク、価格圧力、インターネットの存続可能性など、さまざまな重要な要因の結果として、将来の見通しに関する記述で示されたものとは大きく異なる可能性があります。さらに、ここに記載されている将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点での見解を示したものであり、これらの見解は変更される可能性があります。当社は、将来の見通しに関する記述を更新する義務を負うものではありません。これらの将来の見通しに関する記述は変更される可能性があり、本プレスリリースの日付以外の日付における当社の見解を表すものとして依拠すべきではありません。

リリース詳細
提供元: PR TIMES