サブスクリプション管理「ソアスク」のオプロと請求管理ロボのROBOT PAYMENTが協業

-BtoBサブスクリプション事業者の業務効率化を推進するサービス連携および提供体制を強化-

サブスクリプション管理サービス「ソアスク」を提供する株式会社オプロ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:里見 一典、以下オプロ)は、毎月の請求業務の自動化を実現するクラウドサービス「請求管理ロボ for Salesforce」を提供する株式会社ROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下ROBOT PAYMENT)と、BtoBサブスクリプション事業者の業務効率化推進および長期的な企業成長を目的とした、包括的なパートナーシップを締結いたしました。

画像1

◆パートナーシップ締結の背景
サブスクリプションモデルのビジネスは目ざましい成長を遂げ、今後もさらなる市場の成長が期待されます。それに伴い、サブスクリプションで提供しているサービスの価格管理、販売管理、契約管理、会計連携やSFA/CRMの代表格であるSalesforce連携が可能な「ソアスク」に多くのお問い合わせをいただいております。
しかし、ソアスクで実現可能な業務と切り離せない領域である業務が債権管理です。ソアスク単体では、業務の全体最適を希望されるお客様に対して十分な提案ができていないという課題がありました。

◆パートナーシップ締結の目的
ROBOT PAYMENTが提供する「請求管理ロボ(for Salesforce)」は、債権・入金・消込・会計連携が可能なサービスです。
今回、見積から請求管理の「ソアスク」、債権管理の「請求管理ロボ for Salesforce」という、両サービスの強みを最大限活用することで、サブスクリプションモデルが抱える課題を上流から下流まで解決することが可能になります。

◆パートナーシップにおける今後の実施内容
今後の取り組みとして、以下を進めてまいります。
1.双方のサブスクリプションモデル特化型製品の製品間連携
2.両プロダクトを含めたパック提供
3.相互に製品を代理店販売
プロダクト面では、両サービスの対応領域・強みに合わせて、サービス連携・パック提供を進めてまいります。
本サービス連携により、Salesforceで見積管理、契約管理、売上管理、請求管理、債権管理、入金管理、消込の実現が可能になります。これによりサブスクリプション特有のあらゆる課題を一気に解決します。
画像2

<実現できること>
・課金ルールに基づいて複雑な課金モデルに対応した見積金額や請求金額を自動算出
・見積書・請求書の発行処理
・売上予測や実績、解約のレポーティング作成
・複数の決済手段提供による利便性向上
・消込の自動化による回収業務の負荷削減
見積から請求管理の「ソアスク」、債権管理の「請求管理ロボ for Salesforce」による業務効率化、及び予測や実績の可視化により、サブスクリプション事業者の長期的な成長を支えてまいります。
またセールス面での強化も検討しており、双方が保有する販路を活用し、今まで自社だけでは対応できていなかったお客様に、最適な提案を行っていきたいと考えています。

◆各サービスについて
【ソアスク】
https://www.opro.net/products/service/soasc/
「ソアスク」は、業務の見える化と業務フローの確立を実現し、現在サブスクリプションビジネスを始めている企業やこれから進出を検討している企業の業務を支援する、クラウド販売管理サービスです。「Sales Cloud」連携によって、サブスクビジネスにおける柔軟な商談/プライス/契約/請求/売上予測までの一元管理ダッシュボード機能によるMRR(※1)/ARR(※2)/ Churn rate(※3)の可視化が可能です。
(※1)月間定額収益
(※2)年間定額収益
(※3)解約率

【請求管理ロボ】
(クラウド版)https://www.robotpayment.co.jp/service/mikata/
(Salesforce版)https://www.robotpayment.co.jp/lan/keiri_main/appexchange/
「請求管理ロボ」は、今までエクセルと手作業で行っていた、請求・集金・消込・催促といった作業を全て自動化し、請求業務の大幅削減を実現するクラウドサービスです。請求書の自動発行・自動送付をはじめ、クレジットカード決済・口座振替・銀行振込といった多彩な決済手段を活用した代金回収を行うことが可能となっており、さらには発行した請求書と入金情報の照合である消込作業の自動化まで実現しています。

リリース詳細
提供元: PR TIMES