BRYDGEがSurface Rangeとマルチポートデスクトップのハブ、iPad用キーボードを1月中旬に日本で発売

米国ユタ州パークシティ、2020年12月17日 – 高品質でデザイン性を重視した周辺機器で業界をリーダーするBRYDGE, Inc.は、受賞歴のあるタブレットとデスクトップ用アクセサリーを日本全国で発売することを発表しました。
今後、BRYDGEは、Appleの店頭およびオンライン販売にて、日本でシェア拡大中のBrydgeの製品を日本のお客様にお届けする予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/240169/LL_img_240169_1.jpg
Brydge 10.2

Brydgeの共同CEO兼創業者であるToby Mander-Jones氏は、「私たちは、オフィスでも、家庭でも、教室でも、お客様がより多くのことを可能にするユニークな製品を作ることに注力しています。今回、日本での販売代理店としてシネックスジャパンとの提携により日本全国の店舗やオンラインにて、Brydgeの高性能な製品を提供することが可能になることを大変嬉しく思います」と話しました。

今回発売予定の製品は下記のとおりです。

【iPad キーボード】
プレミアムアルミニウム製のボディ、専用のiOSキー、そしてiPadに完全にマッチするカラーから、BrydgeのiPad用キーボードは、タブレットからノートブックへのシームレスな移行を実現しました。

・Brydge Pro+ トラックパッド付きワイヤレスキーボード、iPad Pro(12.9インチ)とiPad Pro(11インチ)に対応。
スペースグレイ色のQWERTYの英語のレイアウト。
・Brydge 10.5 iPad Air(第3世代)およびiPad Pro(10.5インチ)用。
シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のQWERTYを日本語の配列。
・Brydge 10.2 iPad(第8世代)とiPad(第7世代)用。
シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のQWERTYを日本語の配列。
・Brydge 7.9 iPad mini(第5世代)とiPad mini 4用。
シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のQWERTYと日本語の配列。

【マルチポートのデスクトップハブ】
Brydgeの新しいマルチポートデスクトップハブは、ワークフローを合理化し、一つの接続でノートパソコンを複数のアクセサリーに同時接続が可能です。

・Stone Pro MacOSとWindows用のマルチポートハブ。Thunderbolt(TM)3のスピード、11ポートの電源、デュアル4Kディスプレイに対応しています。

【Surface Range 用】
Brydgeの新しいSurface & Windows用のデスクトップおよびタブレットアクセサリは、Microsoft社の基準を満たしています。

・Brydge SPX+ ワイヤレスキーボード(Surface Pro X用タッチパッド付き)。
プラチナムとブラックの2色のQWERTYで英語のレイアウト。
・Brydge 12.3 Pro+ ワイヤレスキーボード(Surface Pro 4、5、6、7用タッチパッド付き)。
シルバーとブラックの2色のQWERTYで英語のレイアウト。
・Brydge 10.5 Go+ ワイヤレスキーボード(タッチパッド付き)。
シルバー色のQWERTYで英語のレイアウト。
・Brydge W-Touch ワイヤレス精密タッチパッド(Surface & Windows用)。
ブラック色のネイティブマルチタッチを搭載。
・Brydge W-Type ワイヤレスキーボード(Surface & Windows用)。
ブラック色のQWERTYで英語のレイアウト。

iPad、MacBookはApple Inc.の商標です。
SurfaceおよびWindowsは、Microsoftグループの商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press