「BASE」のネットショップ開設数が12月8日に130万ショップを突破

– Micro, Small & Medium Businessに最適なサービス設計が利用増加の背景に –

この度、BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太)が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」のショップ開設数が、2020年12月8日に130万ショップを突破いたしましたので、お知らせいたします。

画像1

■ 130万ショップ突破の背景
「BASE」では2020年3月末以降、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて新規加盟店数が急増しており、オフラインでの集客・販促が困難になった飲食店やファッションブランドをはじめ、引き続き多くの方のオフラインの営業活動を補う手段としてご利用いただいております。
コロナ禍というEコマース需要が高まる社会背景の中でも、特に「BASE」のネットショップ開設数が増加している背景としては、誰でもかんたんに、すぐにネットショップを開設できるサービスとして、Micro, Small & Medium Businessに最適なサービス設計を多くの方にご評価いただいている点があります。

実際に今年11月に発表した「BASE」オーナーズ調査2020(※1)では、「初めてでも、使いやすく、わかりやすい。」「初期投資のリスクがない。」「簡単にセンスの良いネットショップを作ることが出来る。」等の理由から、9割を超える加盟店がネットショップの開設を検討されている知り合いに「BASE」をおすすめしたいとご評価くださっており、主に口コミを通じてサービスの利用が拡大し、ショップ開設数増加につながっております。
画像2

■Micro, Small & Medium Businessに最適化する「BASE」の取り組み
「BASE」はサービスを通じて、個人・スモールチームの加盟店の可能性を広げる取り組みを行っております。
2020年に関しては、佐川急便・日本郵便・ヤマト運輸の送り状発行サービスに対応する機能「送り状データダウンロード App」( https://apps.thebase.in/detail/106 )や、スマートフォンからもネットショップのデザインがかんたんにカスタマイズできる「ショップデザイン機能」をはじめ、少人数でネットショップを運営される個人・スモールチームの作業効率化に加え、より操作性が簡易かつデザイン性の高いネットショップを実現できるよう、サービスの機能開発を行ってまいりました。

また、ブランド活性化をサポートする取り組みも強化しており、機能面ではコミュニティを作成して会員を募ることができる拡張機能「コミュニティ App」( https://apps.thebase.in/detail/100 )をリリースし、加盟店がご自身のブランドを応援するコアなファン会員だけに特典を提供できる仕組みを提供しています。
オフラインでも、リアル店舗出店スペース「BASE Lab.(ベイス ラボ)」を2020年10月にラフォーレ原宿1.5階にオープンし、一等地で販売スタッフ付の実店舗出店に挑戦できる環境を用意し、個人・スモールチームがリアル店舗出店に挑戦しやすい環境を提供し、ショップオーナーが生み出す価値をオンライン・オフライン問わず多くのファンに届ける取り組みを通じて、多方面から加盟店の活動をサポートしています。

■今後のMicro, Small & Medium Businessの活躍について
先日、日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2021年ヒット予測」( ※2 )でマイクロD2Cが話題となり、2021年はさらに多くのD2Cブランドの活躍が期待されていますが、「BASE」は誰もがご自身のブランドをネットショップでかんたんに始められるサービスとして、すでに多くのD2Cブランドをサポートしています。

「BASE」では、7割を超える加盟店がご自身で商品を製作されており、販売まで対応されています。ブランドの運営体制に関しては、8割が「個人」、2割が「法人」といった規模感で、9割以上の加盟店が4名以下の少人数で運営されており、Micro, Small & Medium Businessに最適化されたネットショップ作成サービスとして、多くの個人・スモールチームにご利用いただいています。

なお「BASE」では、熱量の高いコアなファンを獲得している加盟店がすでにSNSで注目を集めており、2021年はインフルエンサーが中心となったマイクロD2Cが「BASE」を利用したネットショップを起点に、広がっていくことを期待しています。

BASEは今後も、「Payment to the People, Power to the People.」の企業ミッションのもと、ネットショップ作成サービス「BASE」を通じて、Micro, Small & Medium Businessの経済活動が活発に行われる環境構築に取り組み、個人・スモールチームの可能性を広げるパートナーとして、皆様の活動に寄り添います。

※1「BASE」オーナーズ調査2020よりhttps://binc.jp/press-room/news/press-release/pr_20201127
※2 引用:日経クロストレンド 2021年ヒット予測ランキングhttps://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00380/00001/

以上

Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」とは
「BASE」は、ものづくりをする個人・法人、地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、130万ショップにご利用いただいているネットショップ作成サービスと、そこで開設されたショップの商品が購入できるショッピングアプリを提供するEコマースプラットフォームです。直近1年以内にネットショップを開設する際に利用したネットショップ作成サービスの調査において、ネットショップ開設実績3年連続No.1を獲得しています。(2020年2月 調査委託先:マクロミル)

○ ネットショップ作成サービス「BASE」 https://thebase.in
誰でも簡単にネットショップが作成できるWebサービスです。初期費用・月額費用などの固定プランが無く、商品が売れた際のみ手数料が発生するシステムです。商品が売れるまでは、無料でリスクなくご利用いただけるのが特長です。
導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテーマ、トランザクション解析ツールなどネットショップ運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップを始めることが困難だった方も、気軽に始めていただくことが可能です。簡易な操作性でネットショップを運営できるので、商品を企画・生産・製造されている方が、ものづくりをしながら販売まで対応することができます。

○ ショッピングアプリ「BASE」 https://thebase.in/sp
ショッピングアプリ「BASE」は700万ユーザーが利用するスマートフォンアプリです。トレンド、ファッション、インテリア、エンタメ・ホビー、コスメ、家電・スマホ、スポーツ・レジャー、食品・飲料(野菜や果物等の農産物、肉・魚等の生鮮食品も含む)など幅広いジャンルの商品を購入することができます。ショッピングアプリ「BASE」の出店ショップは、自ら商品を企画・生産・製造されている方、またオリジナルブランド立ち上げの一環としてご利用されている方が8割を超えています。出店をご希望の方は、ネットショップ作成サービス「BASE」( https://thebase.in )よりご登録いただけます。
画像3

【会社概要】
会 社 名 : BASE株式会社 (英語表記 BASE, Inc.)
代 表 者 : 代表取締役CEO 鶴岡 裕太
所 在 地 : 〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F
設   立 : 平成24年(2012)年12月11日
資 本 金 : 33億6,443万円(資本準備金を含む)
U  R  L : https://binc.jp
事 業 内 容: Eコマースプラットフォーム「BASE」の企画・開発・運営
関 係 会 社: PAY株式会社 / BASE BANK株式会社

リリース詳細
提供元: PR TIMES