大学向けオンライン授業支援システム「 CaLabo(R) Online (キャラボ (R) オンライン)」を2020年12月に発売開始

学校教育向けのICT利活用を支援する、チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居睦)は、2020年12月に、大学のオンライン授業を支援するオンライン授業支援システム 「 CaLabo(R) Online (キャラボ (R) オンライン)」を発売することを発表いたします。

画像1

画像2

※画面は開発中につき、イメージが一部変更される可能性があります。 あらかじめご了承ください。

■ 開発の背景

 コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、多くの大学で、オンライン形式での講義が行われています。オンライン形式での講義では、主に企業が活用を進めるWeb会議ツールを活用し実施が行われていますが、学生の出席状況や講義の参加状況をより細かく管理したい、課題提出状況もあわせて管理したいといった声をいただいておりました。弊社では、このような声を受け、オンライン授業支援システムを新たに発売することといたしました。

■ 本製品の特長

 本製品は、これまで多くの大学、多くの先生にご活用いただいている 「CaLabo(R) EX (キャラボ(R) イーエックス)」や 「CaLabo(R) MX (キャラボ(R) エムエックス)」で培ったノウハウをもとにし開発いたしました。1.学生の出席情報を把握可能な他、2.アンケートや小テスト、教材配布で学生参加型の授業を実現します。また、来年に予定しているアップデートで3.Microsoft Teamsとの連携を予定しており、更に活用の幅が広がります。

1.学生の出席状況を把握可能

画像3

 
学生は授業中のクラスに参加することで簡単に授業に参加することが出来ます。講義の出席受付時間を指定しておくことで、遅れてログインした学生を遅刻として記録することができます。先生は学習履歴から学生の出席状況が把握可能です。

2.アンケートや小テスト、教材配布で学生参加型の授業を実現

画像4

講義にログインした学生に対して、アンケートや小テスト、教材配布ができます。これにより学生参加型の授業が実現出来ます。特に、小テストは理解度の把握に効果的です。

3.Microsoft Teamsと連携(2021年2月実装予定)

 Microsoft Teamsと連携することで、以下の機能を実装予定です。

本システムでクラスを新規作成した際、Microsoft Teams上の“チーム”も新規作成され、クラス履修者情報も同期されます。
授業開始時、Microsoft Teams上の“チャネル”に本日の授業用のチャネルが新規作成されます。
授業開始後、オンライン授業をMicrosoft Teams上でシームレスに実施可能です。

■ お問い合わせ

弊社ウェブサイトからもしくは担当営業にお問い合わせください。
https://www.chieru.co.jp/mailform/inquiry/

チエル株式会社
「子供たちの未来のために、世界中の先生の授業を ICT で支える」を企業理念に掲げて設立。シェア NO.1 のフルデジタル CALL システムや、タブレット対応授業支援システム、クラウド型教材配信サービスなどの開発・制作を手がける、教育市場に特化した ICT 専業メーカーです。

※Microsoft、Office 365、Microsoft Teams は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

【会社概要】
会社名   :チエル株式会社【東証ジャスダック・コード番号:3933】
代表者   :代表取締役社長 川居 睦
本社所在地 :東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー3F
設立    :1997年10月1日
資本金   :3.32億円
従業員連結 :連結:163名、単体:44名(2020年3月末時点)
事業内容  :教育ICT事業
ホームページ:https://www.chieru.co.jp

取材に関するお問合せ先
チエル株式会社  社長室広報PRグループ E-mail:chieru-info@chieru.co.jp

リリース詳細
提供元: PR TIMES

Office 365のご契約で、Amazonギフト券が漏れなくプレゼントされるキャンペーンを実施中
Office 365の価格