M&FがリトアニアのAGA CAD社と業務提携PCa工法に特化したプラグインでBIMによるデジタル推進を加速

株式会社M&F(本社:東京都江東区南砂2-36-11)はAutodeskのRevitプラグインを提供するAGA CAD(リトアニア)の専属販売代理店として業務提携しました。

AGA CADはPCa工法に特化したAutodesk向けのプラグイン。作業負担の大幅な軽減と現場の安全性向上を実現。

AGA CADはリトアニアのAGA CAD社が提供する、Autodesk Revit向けのプラグインです。最大の特徴は、AGA CADの「precast concrete」を用いることで、PCa工法に特化したプラグインを利用できるということ。国内の建物現場では、近年東京の高層化、各地のタワマンブームによりPCa工法を用いる現場が増えています。しかし、これまで日本では、PCa工法に特化したBIMがなく、2次元CADを使って膨大な図面を作成する作業が必要でした。

画像

AGA CADの「precast concrete」を利用すれば、3次元で建築モデルを構築でき、作業負担を大幅に軽減。PCa工法は現場での安全性向上や工期の短縮といったメリットを得られることから、建築に新たな可能性を提供することができます。

設計情報のデータベース化で生産性を高め、施工分野におけるソリューションを目指す。

近年、建物の設計は2次元CADから3次元のBIM(building information modeling)へと変化し、設計情報のデータベース化が進んでいます。M&Fは、このデータベースを施工分野に応用し、施工の最適化を実現。生産性を高めることを目指しています。今回AGA CAD社との業務提携に至ったのも、こうした施工分野におけるソリューションを目指すため。弊社ではこれからも、現場に新たな価値を届けることを目指します。

リリース詳細
提供元: PR TIMES