日商エレ、LPガス配送事業者向けにAIやIoTを使った最適配車サービス開始

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:寺西 清一、以下、日商エレ)は、LPガス配送事業者に向けたAIやIoTなどの技術を使った最適配車サービスを開始しました。

LPガスは絶やすことのできないライフラインとして、調理、給湯、冷暖房などに使われています。LPガス配送は、各家庭や施設に設置されたLPガスボンベを配送ドライバーが定期的に検針・交換することでガス切れを未然に防止する安定供給を前提としています。LPガス業界では配送ドライバーの人手不足、人件費高騰が深刻であり、配送業務の効率化が重要な課題となっています。日商エレでは、こうした課題を解決するため最新テクノロジーを使って配送業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するサービスを開始しました。

■サービスの概要
本サービス最大の特長は、LPガスの配送時に配車担当者や配送ドライバーが行う作業負荷の低減や配送ルート決定、配送ドライバー間の勤務時間の平準化を、最適配車指示(VRP(※1)の解決)により実現することです。従来のルート最適化製品(TSP(※2)の解決)とは大きく異なり、配車担当者や配送ドライバーが時間をかけて配車計画を立てる必要がありません。配送車両1台単位ではなく、保有する配送車両全体を考慮して、当日の配車計画と車両単位で最適なルートを決定することができます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/225297/LL_img_225297_1.jpg
一般のルート最適化技術(TSP)、日商エレの最適配車サービス(VRP)

配送ドライバー全体のシフトに応じて、勤務時間などの閾値や条件設定が可能です。当日の状況に応じた柔軟な地域割り当てや車両の積載本数を考慮したルートを設計し、配送拠点全体の効率を高めます。
また、LPWAを導入済みの企業であれば、より精度の高い残量情報を活用することで、さらに配送効率を向上させることができます。

(※1) VRP(Vehicle Routing Problem):
複数車両の使用を前提とした複数顧客への訪問、
集荷or配達などの移動コストを最小化した経路を求める問題
(※2) TSP(Traveling Salesman Problem):
1車両の使用を前提とした複数顧客への訪問、
集荷or配達などの移動コストを最小化した経路を求める問題

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/225297/LL_img_225297_2.jpg
VRPを解決して配送ドライバーの業務時間を平準化

■VRPを解決して配送ドライバーの業務時間を平準化
当日必須でない配送を最も移動コストが少ない曜日・ドライバーに変更して全体の稼働時間を削減します。配送ドライバーの勤務契約・能力に応じて負荷を調整することで、組織として最大のパフォーマンスを発揮できるようになります。

■今後の展開
本サービスはLPガス配送だけでなく、灯油のホームタンク補充、自動販売機補充など、定期補充配送にかかわる幅広い業種で活用できます。すでに一部のLPガス配送事業者では本サービスを活用した実地での運用を開始しています。日商エレでは、本サービスの2021年度の売上を1億円見込んでいます。

■日商エレクトロニクスについて
商号 : 日商エレクトロニクス株式会社
代表者 : 代表取締役社長CEO 寺西 清一
所在地 : 〒102-0084 東京都千代田区二番町3-5 麹町三葉ビル(受付6F)
電話番号: 03-6272-5011
設立 : 1969年2月24日
事業概要: 情報通信設備、IT基盤をはじめとする国内外の
最新鋭ソリューションの提供、
ならびにそのシステム構築、保守、運用、
監視などのサービスの提供

日商エレクトロニクス株式会社は、「Innovation-Leading Company」として、ネットワークからサイバーセキュリティ、コンピューティング、クラウド、業務プロセス改善まで幅広い分野で、次の社会・ビジネスを見据えた新たなイノベーションを創出しています。”Your Best Partner”としてお客様のビジネスに寄り添い、ともに成長するビジネス共創を目指しています。
URL : https://www.nissho-ele.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/pg/nisshoele.pr/

*記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
*記載の商品名、価格および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
VRPを解決して配送ドライバーの業務時間を平準化