【店舗運営者必見】(株)アップガレージが※Googleマイビジネスの一括管理に向けCanlyを国内全店舗(約200店舗)導入を決定

※Googleマイビジネスとはグーグルマップなどの情報を管理するためのツール

店舗ビジネスの集客において、ポータルサイトに注力する時代は終わったかもしれない。
ここ数年、ポータルサイトは衰退傾向にあるとされ、飲食店にとってはGoogleやインスタグラムで店舗情報を発信するほうが効果的とされており、最近ではGoogle上の情報を管理するGoogleマイビジネスに注目が集まっている。

一方で、店舗経営者にとって注意すべきはGoogleマップ上の「誤情報」問題である。
Googleでは店舗関係者以外から情報の修正を受け付けたり、SNS(投稿サイト)などウェブページから集めた情報を反映したりする機能がある為、営業時間や場所の間違いは飲食店にとって客離れを招きかねない深刻な問題である。

そこで昨今、注目を集めるサービスが、株式会社Lerettoが運営するCanly(カンリ―)だ。
これまで店舗経営者は各店舗ごとにGoogleマイビジネス上で一つ一つ店舗情報を更新・管理しなければならずそれらに割く工数は莫大なもので、Googleマイビジネスの利便性と反して企業側の悩みの種だった。

その悩みの種を、根本解決するのがCanly(カンリ―)である。
Canly(カンリ―)を使えば、Googleマップ上の各店舗の情報は勿論の事、各SNSアカウントを一括管理することが出来る。
SNSアカウントも一括管理出来るシステムは日本初(※)であり、これにより運用コストの大幅に削減や、Googleマップを起点としたインバウンド流入強化が見込まれるとして、各企業から運用申し込みが殺到している。

そのような中、いち早くCanly(カンリ―)に注目しサービス導入に踏み切った企業が、カー用品・バイク用品の買取、販売を手がける株式会社アップガレージである。
全国約200店舗へのCanly(カンリ―)導入により、ウェブを通じた顧客への正確な情報発信やユーザーの口コミ分析に注力する方針だ。

画像1

自動車用品リユース業界No.1の株式会社アップガレージは、Googleマイビジネスにおける店舗情報の管理・運用に取り組んできたものの、約200店舗に及ぶ店舗情報の整備や口コミや情報発信にかかる年間6,500時間もの管理・運用コストが課題となっていた。

このような背景のもと、アップガレージでは、Canly(カンリ―)の導入により店舗情報の一元管理や一括での情報更新を容易にし、かつ数万の口コミのデータ分析が可能になることで9割の作業工数のカットを実現。これにより年間6,000時間ほど作業工数を削減できる見込みとなっており驚きだ。

同社代表取締役社長の河野氏は、「私たちの会社では、多くの車やバイクを人生の相棒とするお客様に支えられております。その中でもGoogle上での情報は常に正しいものであるのは絶対条件です。様々な口コミも大切にしてきました。ただし、それらの更新や管理に莫大な時間を費やしてきたのも事実です。そんな中、このCanly(カンリー)を導入することで、それまでかかっていた莫大な運用工数が90%以上解消されコストの削減される見込みです。」

と、Canly(カンリー)への期待値は高いようだ。
Googleマイビジネスの活用に悩む経営者の方は、まずは一度試してみてはいかがだろうか。

Canly(カンリー)について

Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス。(国際特許申請済)
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/

Canly(カンリー)詳細

1.店舗情報を一括で更新
複数の店舗情報を一括で更新可能。
コロナ禍で店舗営業情報の修正であったり、店舗ごとの発信作業が増えたという課題に対して、Canlyを利用すれば、運用工数を大幅に削減できるだけでなく、一部店舗のみ情報記載ミスをしてしまうリスクを防ぐことが可能。

2.店舗情報の改ざんを自動でブロック
Googleマイビジネス運用の大きな課題として、悪質なユーザに店舗情報を改ざんされるリスクがある。
Canly(カンリ―)は情報の改ざんを自動でブロックする機能を提供しているため、悪質なユーザの改ざん行為を防ぐことが出来る。

3.全店舗横断でのデータ分析
店舗ごとの分析はもちろん、全店舗を横比較する分析も可能。
更にはエリアや業態で切ったグループ分析やランキング機能により、店舗運営上の課題の把握、予算配分や出店計画の検討のサポートが可能。

4.全店舗分の口コミデータの一元管理
複数アカウントを運用している方々の課題として、顧客からの口コミ対応がある。
ユーザからの口コミに丁寧に対応をすることは、顧客との信頼関係構築において重要な事項であるが、1つ1つ返信を行うのは膨大な工数がかかる。
Canly(カンリ―)を導入することで、管理画面から一括で口コミ返信が可能となる。
更には、全店舗分の口コミデータを管理画面で閲覧、CSVとしてダウンロードが可能。
お客様の生の声を経営戦略や、オペレーション改善に活かすことが可能。

5.豊富なMEOサポート
累計3,200店舗以上のMEOコンサル( https://meocloud.jp/ )を行ってきた知見を無償でご提供。インバウンド流入増加のサポートが可能。

Canly(カンリー)導入企業

画像2

会社概要

社名:株式会社アップガレージ
代表者: 代表取締役社長 河野 映彦
設立:1999年4月1日
所在地 :神奈川県横浜市青葉区榎が丘7-22
資本金:1億円
事業内容:中古カー用品やパーツなどの販売
HP URL: https://corporate.upgarage.com/
お問い合わせ:cr-business@upgarage.com

社名:株式会社Leretto
設立:2018年8月15日
所在地:東京都目黒区東が丘1-14-2
資本金:42,475,425円(資本準備金含む)
事業内容:
MEO対策サービス / Googleマイビジネスや各SNSアカウントの一括管理サービス
HP URL: https://leretto.com/

●代表取締役(共同経営) 秋山 祐太朗 (28歳)
2015年早稲田大学社会科学部卒業。新卒にて三井住友銀行に入行し、個人・法人営業を担当。
その後、SORABITO株式会社に転職し、法人営業、新規事業立上げを推進。趣味の日記を2,000日1日も欠かさず継続中。
(Twitter)https://twitter.com/YutaroAkiyama

●代表取締役(共同経営) 辰巳 衛(27歳)
2015年早稲田大学理工学部卒業。新卒にて双日株式会社に入社。リスク管理部門にて会社買収に関わる支援に従事。その後、営業部に異動し国内外の空港M&Aに携わる。24歳(社会人2年目)で米国公認会計士(USCPA)試験合格。現在、ワシントン州の米国公認会計士資格保持。
(Twitter)https://twitter.com/maamorun

リリース詳細
提供元: PR TIMES