TODO Group : オープンソースが企業にとって重要な理由

オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体であるLinux Foundationは9月8日 (現地時間)、TODO Groupが新しいホワイトペーパー「Why Open Source Matters to Your Enterprise (オープンソースが企業にとって重要な理由)」を公開したことを発表しました。本ホワイトペーパーは、オープンソース ソフトウェアの使用に関するビジネス上の長所と短所についてバランスよく概要を伝えることを目的としています。

概要
オープンソース ソフトウェアを使用するビジネス上の理由はたくさんあります。ビッグデータ、機械学習、クラウド コンピューティング、IoT、ストリーミング分析など、今日の最も重要なビジネスのブレークスルーの多くは、オープンソース ソフトウェアのイノベーションから生まれました。オープンソース ソフトウェアは、ロボット、センサー、IoT、自動車テレマティクス、自動運転、エッジ コンピューティング、ビッグデータ コンピューティングのような、必要不可欠なデバイス、プログラム、プラットフォーム、ツールのバックボーンとして企業に入ってくることがよくあります。オープンソース ソフトウェア コードは、多くのスマートフォン、ラップトップ、サーバー、データベース、クラウド インフラストラクチャ/サービスで使用されています。開発者はNode.jsのようなフレームワークを利用するか、実運用ユースケースでテストし証明されたライブラリを使用してほとんどのアプリケーションを構築します。これらのどれかを使用することは、オープンソース ソフトウェアを何らかの形で、多くの場合は組み合わせで使用していることになります。

オープンソースソフトウェアを使用することで、企業はゼロからすべてを構築する必要がなくなり、時間、費用、労力を節約しながら、投資からより多くのイノベーションを得ることができます。また、オープンソース ソフトウェアは商用のプロプライエタリなソフトウェアを使用するよりも一般的に安全です。これは主にオープンソース ソフトウェア プロジェクトの協調性によるものです。オープンソースの開発者やアドボケイトがよく使うフレーズに「Given enough eyeballs, all bugs are shallow (目玉の数が十分にあれば、どんなバグも深刻ではない)」というものがあります。これは「enough eyeballs」がある限り維持されますが、オープンソース ソフトウェアの採用率を考えると、すべてのプロジェクトにおいてそれを確保するのは難しいかもしれません。オープンソース ソフトウェアでさえ、完璧なソフトウェアは存在しないため、欠点は存在します。しかし、ほとんどの組織において良い点が悪い点をはるかに上回っています。また、コードベースのオープンな性質により、別のモデルよりもソフトウェアの報告と修正が容易になります。

オープンソース ソフトウェアは信頼性が高く証明可能なビジネス上のアドバンテージを数多く提供しますが、一方で多くのハイレベルな意思決定者を含めこのトピックを詳しく見ていない人にとって、これらの利点が不明瞭なままになっていることがあります。TODO Groupのヨーロッパ支部が発表した本ホワイトペーパーは、オープンソース ソフトウェアの使用に関するビジネス上の長所と短所についてバランスよく概要を伝えることを目的としています。

「Why Open Source Matters to Your Enterprise (オープンソースが企業にとって重要な理由)」をダウンロード : https://www.linuxfoundation.org/wp-content/uploads/2020/09/Why-open-source-software-matters-to-your-enterprise_090820.pdf

リリース詳細
提供元: PR TIMES