アドバンテック、マシンビジョンアプリケーション向けファンレス組込みPC、EPC-C301を発売

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下アドバンテック)は、第8世代Intel(R) Core™プロセッサを搭載したコンパクトかつファンレスなボックスPC、EPC-C301を発売しました。このPCは、様々にドメインフォーカスされたI / Oを搭載しており、広範囲温度で動作することができます。EPC-C301は、Intel社とCanonical社のテクノロジーを統合することでUbuntu OSとOpenVINOツールキットを提供し、AI/IoTを迅速に進歩させることを目的としています。このパワフルなシステムは、自動光学検査(AOI)や自動ナンバープレート認識(APNR)などのマシンビジョンアプリケーションに最適なソリューションです。

画像

産業界でのニーズを満たすドメインフォーカスされた機能性を備えたI/O
EPC-C301は、4 x GbE LAN、4 x USB 3.2 Gen2 x1(10Gbps)、またAOIやAPNR、その他のマシンビジョンアプリケーションに必要なIP / HDカメラ入力に対応します。さらなる拡張性向上のため、アドバンテックのコンパクト設計(170 x 118 x 70 mm)には、カードリーダーやバーコードスキャナー、キーパッド、指紋センサー、その他周辺機器向けに4 x USB 2.0、4 x UARTを搭載しています。EPC-C301はさらに、オートメーションや医療アプリケーションで活用するために設計された2 x絶縁CANBusポート、Windows・Linuxベースのドライバー・APIが搭載されており、より使いやすく、そしてより互換性を向上させています。こうした数々のI/OとOSを組み合わせることで、EPC-C301の適応性は格段に向上しました。

強力なコンピューティング、包括的な拡張性を実現
EPC-C301に搭載されている第8世代Intel Coreプロセッサは、低電力な15ワットCPU上のコア数を2倍にすることでクアッドコアにした最初のプロセッサで、前世代と比較して1.5倍のCPU性能を誇ります。また、高帯域幅であるデュアルチャネルDDR4は、最大32GBまでの集中的なデータ処理や画像処理が可能です。EPC-C301には、SATA SSDとPCIex4 SSDの両方と互換性のあるM.2 Mキー 2280が搭載されており、コンピューティング速度を向上させることができます。

このソリューションは、エッジでのAI/IoTが抱える課題に対応するため、Wi-FiやBluetooth用のM.2 Eキー、LTE用のM.2 Bキー、アドバンテックのVEGA-330と互換性のあるmini-PCIeなどの拡張機能を搭載しており、旅客情報システム(PIS)やスマート駐車場ソリューションなどの屋外アプリケーションに必要な広範囲動作温度(-20~60°C)で機能させることができます。

Intel(R)OpenVINO™ツールキットでAI/IoTを加速
アドバンテックのEPC-C301は、Intel(R)OpenVINO™ツールキットを使用することでAI/IoTを推し進めています。さらにこのキットは、AIアクセラレーションカード(VEGA-330)、プリロードされたUbuntu 18.04 LTSと互換性を持ちます。

IntelのSameer Sharma氏は、「都市人口や道路車両の増加により、既存の道路インフラへさらなる負担をかけるような迫りくる需要に先駆けて、そうした需要を推し留める重要なターニングポイントです。Intelとアドバンテックの協同は、OpenVINO™ツールキットのディストリビューションを含むAIテクノロジーへの投資と相乗させることで、より安全でより環境にやさしく、そしてより効率的な道路インフラへと加速的に変革していきます」と述べています。

組込みソフトウェアサービスとWISE-DeviceOnをサポート
EPC-C301には、Windows 10、Ubuntu 18.04 LTS、iManagerソフトウェアAPIを搭載しています。Canonical社のLoic Minier氏は、「アドバンテックのEPC-C301にUbuntu 18.04を導入することで、Canonicalは10年間のソフトウェア更新サポートを保証し、企業へ産業オートメーションやロボット工学に安定かつセキュアなAI/IoTプラットフォームを提供します」と述べています。同様に、アドバンテックのEPC-C301には、IoTデバイスの運用管理ソフトウェアであるWise-DeviceOnが搭載されており、ユーザーはクラウドを通じて産業用IoTデバイスを簡単に統合、可視化、操作、管理することができます」と述べています。

主な特長
・第8世代Intel(R)Core™i7-8665UE / i5-8365UEプロセッサ
・HDMI + DP *4Kの2画面同時表示で最大32GBのデュアルチャネルDDR4-2400MT / s
・4 x GbE、4 x USB 3.2、4 x USB 2.0、3 x RS-232 / 422 / 485、1 x RS-232、2 x絶縁CANBus、および8 GPIO
・SATA・PCIex4 SSD用M.2 E 2230/B 3042/M 2280キー、 mini-PCIe
・DC電源入力12V、-20~60°Cの動作温度
・Windows 10、Linux、WISE-DeviceOnのiManagerソフトウェアAPIをサポート
・評価キット(EVK)SKUには、デフォルトでVEGA-330、Ubuntu 18.04 LTS、Intel OpenVINOツールキットが搭載。

アドバンテックのEPC-C301は2020年7月より受注可能です。当製品もしくは関連製品についての詳細は、お近くの営業所や認定チャネルパートナーにお問い合わせいただくか、https://www.advantech.co.jpにお問い合わせください。

リリース詳細
提供元: PR TIMES