中国輸入代行VBCが中国輸入商品リサーチツール兼受注発注(無在庫販売)システムのレンタルを開始

リサーチしながら利益を出すとは??

本日、令和2年7月31日、中国輸入代行VBCがことをお知らせします。中国輸入商品リサーチツール兼受注発注(無在庫販売)システムのレンタルを開始したことをお知らせします。

▶︎無在庫販売(受注発注)の活用方法

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=Od3Bu-GqU28 ]

▶︎中国輸入商品をもっと効率的にリサーチする

今までのリサーチといえば、
1)売れている商品をツールやランキングで調べる
2)中国のアリババなどで同じ、または類似商品を探す
3)価格差があるようなら仕入れをする(OEMなど)
4)販売をする

というものでした。

しかし、1)の時点であくまでの過去の実績であることや、
時間をかけても商品が見つからない非効率的なリサーチということがわかります。

そこで、私たちは、
「最初に商品を販売して今現在のマーケティングをしつつ、この時間も無駄にしないように利益も出してしまおう」と考えました。

これが中国輸入代行VBCのメンバーでもある、1つの文具メーカー社長から始まったものです、

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=RqaaHQ79oQ8 ]

(注意)
この対談でもお話しているように、ご理解して欲しいことは、無在庫販売を推奨しているわけではなく、あくまでも中国輸入商品のリサーチ、マーケティングツールとして、利用することができるということです。

結果として、利益が出てしまうのですがこれは付随的なものであり、メインではないことを予めご理解ください。

画像

中国輸入商品リサーチツール兼受注発注(無在庫販売)システム詳細
https://global-backoffice-china.com/?page_id=605

リリース詳細
提供元: PR TIMES