電帳法対応サービスベンダー2社が経理業務のニューノーマルを徹底解説!2021年度までに領収書ペーパレス化を完了させる為のWEBセミナー[TIS]

新型コロナウィルスによる外出制限をきっかけに、様々な業務のテレワーク対応が早急に求められています。
そんな中、経理部門担当者を悩ませる毎月の経費精算作業についても「自宅からできない」「営業マンが毎月数時間かけて作業している」などの問題が露呈しています。
また、2020年の税制改正大綱においても電子帳簿保存法の改正方針が盛り込まれる見通しであり、ペーパレス化に向けた対応についても経理部門担当者の新たな課題となっています。
本セミナーでは、スマホを最大限活用して、時間や場所にとらわれないニューノーマルな経費精算や電帳法対応のスモールスタートとしての領収書のペーパレス化を実現するためのポイントや、実現をサポートするソリューションをご紹介いたします。
財務経理部様、総務部様、情報システム部様などで、経費精算業務の効率化を検討している方、電子帳簿保存法によりペーパレス化を実現したい方におかれましては、ぜひご参加ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みはこちら
https://www.ess.tis.co.jp/Spendia_20200716

 電帳法対応サービスベンダー2社が経理業務のニューノーマルを徹底解説!
 2021年度までに領収書ペーパレス化を完了させる為のWEBセミナー

第1部
 ペーパレスのスモールスタートを実現!電子帳票システム「快速サーチャーGX クラウド」のご紹介

電子帳簿保存法対応を目標に、多くの企業で様々な書類のペーパレス化が検討されていますが、国税への申請やその書類に合わせた運用方法の設計など、まだまだペーパレス化実現の敷居が高いのが現状です。快速サーチャーGXは電子帳票システムとして国内初のJIIMA認証を取得し、お客様にご利用いただいています。快速サーチャーGXがどのようにお役立ていただけるか、ペーパレス運用の事例と共にご紹介いたします。

 講師:株式会社インテック
    ネットワーク&アウトソーシング事業本部 事業推進部
    西村 竜太朗

第2部
 ニューノーマルな経費精算サービス「Spendia」のご紹介

様々な業務改革が多方面で進んでいく中で、経費精算業務についてはレガシーなまま。これをスマホを最大限に活用し、時間や場所にとらわれないニューノーマルな経費精算と領収書の電子保存(ペーパレス化)を一気通貫で実現できる次世代型経費精算サービスが「Spendia」です。スマホを使ったデモや事例を交えながらご紹介いたします。

 講師:TIS株式会社
    サービス事業統括本部 エンタープライズ営業企画ユニット
    エンタープライズビジネス企画部 Spendia推進室
    石濱 悠

【セミナー概要】

開催日 :2020年7月16日(木)
開催時間:15:00~16:00(受付開始 14:30)
会 場 :オンラインセミナー(※受講者の皆様へは、視聴URLをご案内いたします)
共 催 :TIS株式会社 株式会社インテック
参加費 :無料(事前登録制)
申込締切日:2020年7月14日(火)17時まで

※競合企業や同業他社の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
※フリーアドレス(Gmail、Yahooメール等)での参加お申し込みはお受けいたしかねますので、所属企業のアドレスにてお申し込みをお願いします。
※企業名とメールアドレスのドメインが一致しない場合には、ご参加をお断りさせていただいております。企業名と一致するメールアドレスにてお申し込みをお願いします。

お申し込みはこちら
https://www.ess.tis.co.jp/Spendia_20200716

在宅でもお気軽に視聴できるWebセミナーとなっております。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

【お問い合せ】

TIS株式会社 エンタープライズビジネス企画部 セミナー事務局 石濱・高田・持田
EML:sol@tis.co.jp
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート

リリース詳細
提供元: ドリームニュース