サイバーリンク AI 顔認識技術「FaceMe(R)」マスク検出・マスク着用中でも顔認識可能な新機能を発表

~新型コロナウイルス(COVID-19)からの非接触行動の実現を支援~

台北 台湾(2020年6月8日)CyberLink Corp.(5203.TW)(本社:台湾新北市、以下 サイバーリンク)AI と顔認識技術のパイオニアであるサイバーリンクは、同社の AI 顔認識ソフトウェア開発キット(SDK)「FaceMe(R)」において、マスク検出とマスク着用時の顔認識を6月にリリースすることを発表いたしました。
マスク着用有無の検出を行い、マスク着用時でも顔を検出して人物特定します。
また、2020年第2四半期には、サーマルカメラ(体表面温度の測定)の統合とカメラ映像内の
人数カウント機能の導入も予定しています。

画像1

FaceMe(R) の高精度なアルゴリズムは、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術
ベンチマークテスト(VISA、WILD テスト)で世界の上位にランクしています。
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が終息しない中、マスクの着用はウイルスの拡散を防ぐ
最も効率的な方法の1つと見なされています。
FaceMe(R) SDKは、セキュリティシステムやスマートリテール端末(店頭カメラ、POS、デジタルサイネージ等)へ、新たに統合できる「マスク検出」機能を提供します。マスクを着用していない人を検出し、警備員または関係者に通知を送信します

さらに、マスク着用中の顔認識機能により、マスクを着用している場合でも出退勤管理や
従業員の特定などのセキュリティシナリオが可能になります。
これにより、さまざまな場所での顔による「非接触」生体認証を行うことができます。

サイバーリンク最高経営責任者(CEO)ジャウ・ホァン博士(Dr. Jau Huang)は以下のようにコメントしています。「COVID-19は人々の生活や仕事の方式を変えています。マスクは
ウイルスと戦うために不可欠な防御策となっています。
FaceMe(R) はAI技術を取り入れており、マスクの着用状態を自動的に識別して警備に通知を
送信します。
さらに、マスク着用時に顔認識を有効にすることにより、パンデミック中およびパンデミック後の非接触型生体認証を可能にします」

サイバーリンクはさらに新しいソリューションの準備も進めています。「サーマルカメラの統合」、および近い将来にリリース予定の「人数カウント」。これらのソリューションは、訪問者の体温と公共施設などでの密度を検出するのに役立ちます。

FaceMe(R)は、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで99.7% の本人認識率を誇り、高精度の顔認識エンジンの1つとして評価されています。
FaceMe(R) は、Windows、Linux、Android、iOS 用にデザインされ、クロスプラットフォームでの開発に最適です。ドアセキュリティシステム、デジタルサイネージ、キオスク端末、POS システム、Android / iOS ベースのアプリケーションなど、さまざまなハイブリッド環境に合わせて展開できます。FaceMe(R) は現在市場に出回っている顔認識エンジンのなかでも特に高い精度、柔軟性、セキュリティ性を備えています。

FaceMe(R) について
■AI顔認識SDK「FaceMe(R)」とは
機械学習とディープニューラルネットワーク AI 技術を使用した FaceMe(R) は、高速な認識
速度(0.2秒以下)と高い認識精度(本人識別率 99.7%)、角度のついた顔でも認識する広い認識範囲を実現するリアルタイムAI顔認識エンジンです。
また、IoT用エッジデバイスからクラウドまで様々な環境に幅広く対応していることで、
幅広いユーザーの要求に柔軟に対応できます。

■「FaceMe(R)」の特長
* IoT用エッジデバイスからクラウドまで様々な環境に幅広く対応
幅広いユーザーの要求に柔軟に対応できるよう、様々な環境に対応しています。
OS: Windows、Android、iOS、Linux (Ubuntu x86、Ubuntu ARM、RedHat、CentOS、Yocto、Debian、JetPack)
チップセット (CPU/GPU/VPU):Intel(R)64, ARM64™, NVIDIA(R) GPU, NVIDIA(R) Jetson, Intel(R)Movidius VPU
プログラム言語:  C++, HTTP, C#, Perl
AI 推論エンジン:  TensorFlow, NCNN, OpenVINO, CoreML

画像2

* 高速かつ高い認識精度
高速な認識速度(0.2秒以下)と高い認識精度(本人識別率 99.70%)を実現。
FaceMe(R) は速度/精度/GPU/CPU処理などをフレキシブルに設定することが可能となっており、さまざまなハードウエア構成において高精度で高速な顔認証が可能です。
画像3

* 上下左右に広い認証角度
一般的な顔認証では、正面で静止して認証を受ける必要がありますが、「FaceMe(R)」は
上下・左右とも認証角度が広く歩行中に横を向いていても認証が可能です。

国内顔認証エンジン認証範囲比較 各社の公表値(最大)
画像4

■サイバーリンク株式会社について
1996年に設立。台湾に本社を置くマルチメディアソフトウェアと AI 顔識別技術の世界的リーダーです。デジタルコンテンツの創作、マルチメディアコンテンツの再生、AI 顔認識エンジンなどの多岐にわたるソリューションの開発を行っており、マルチメディアからスマートリテールなどのニーズに応えています。 コンシューマー向け映像・写真編集ソフトウェア製品は、欧米をはじめ世界各国で、プロの映像制作者から一般クリエイターまで数億のユーザーを獲得しています。

日本法人であるサイバーリンク株式会社は、1998年に設立。日本のマーケットに向け、マルチメディア関連ソフトウェアの開発・販売を手がけ、主力人気商品の動画再生ソフト「PowerDVD」、ビデオ編集ソフト「PowerDirector」などは多くのユーザーに支持されています。

映像の品質に大きく影響するコーデックを中心とした多数の特許を持ち、最先端の技術への対応や使いやすさを追求した製品を開発することを目指し、この技術力をもとにして、新たに顔認証システム「FaceMe(R)」を開発。セキュリティシステム、個人認識・個人認証に最適なソリューションを提供することを通して、新しい「暮らし方」を創造しています。

サイバーリンク株式会社についての詳細は公式HPをご覧ください:
jp.cyberlink.com

■本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変わる可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をサイバーリンク株式会社が保証するものではありません。

ここに記載されたすべての会社名と製品名は認識目的でのみ使用され、それぞれの所有者の財産です。
Copyright 2020 CyberLink Corp. 無断複写・複製・転載を禁ず。

リリース詳細
提供元: PR TIMES