クリプトン開発の「リスク通知システム」本日よりオープンソースとしてGitHubにて公開!

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下クリプトン)は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響下にある社会情勢を鑑み、NoMaps(ノーマップス)実行委員会の協力を得て、地域振興事業の一環として「リスク通知システム」を開発いたしました。本システムはオープンソースとして、本日5月28日(木)よりGitHub(ギットハブ)にて無償公開。今後のコロナ対策に活用していただく事が可能です。

画像

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下クリプトン)は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響下にある社会情勢を鑑み、NoMaps(ノーマップス)実行委員会の協力を得て、地域振興事業の一環として「リスク通知システム」を開発いたしました。本システムはオープンソースとして、本日5月28日(木)よりGitHub(ギットハブ)にて無償公開。今後のコロナ対策に活用していただく事が可能です。

「リスク通知システム」とは、コンタクトトレーシング(接触確認)に用いられる事を想定して、クリプトンが開発したシステムです。本システムを導入する自治体等は、二次元バーコード(QRコード)を通して各イベント会場・店舗等の来訪者のメールアドレスを取得できますので、感染者が発生した際には濃厚接触の可能性がある方々を特定して連絡を取る事が可能となります。

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

[表: https://prtimes.jp/data/corp/52709/table/7_1.jpg ]

このたびの「リスク通知システム」の公開は、クリプトンが北海道の民間企業として、自粛や短縮営業を余儀なくされているイベント・店舗等を支援できる方法を模索した末に辿り着いた一つの答えです。オープンソースとして公開する事で、北海道内のみならず全国の自治体等にも活用していただけるようにいたしましたので、ぜひご活用ください。

クリプトンは今後も社会情勢に合わせて、柔軟に事業展開して参ります。

【お問い合わせ先】
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 広報担当
E-mail:cfm_pr@crypton.co.jp

————————————————————————————————————

<参考情報>
▼「NoMaps(ノーマップス)」とは
「アイディアと技術で、いまよりもっと良い社会を」と考え、行動する人のためのベースキャンプを目指す北海道発のビジネスイベントです。運営主体であるNoMaps実行委員会にはクリプトン・フューチャー・メディア株式会社を含む道内の民間企業・官公庁・教育機関が参加しており、産官学が連携した「ALL HOKKAIDO体制」で、クリエイティブ産業の活性化や北海道の魅力向上を目的に活動しています。

URL|https://no-maps.jp/

<会社概要>
会社名|クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
代表者|代表取締役 伊藤博之
所在地|〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル11F
設立|1995年7月
事業内容|
アメリカ、ヨーロッパなど世界各国に100数社の提携先を持ち、3000万件以上のサウンドコンテンツを日本市場でライセンス販売しております。効果音などサウンド素材を輸入販売する「音の商社」から創業し、現在ではDTMソフトウェア、サウンド配信ストア、音楽アグリゲーター、3DCGシステム、スマホゲーム開発など、多岐に渡るサービス構築・技術開発を、フラットな社内体制のもと日々進行中。歌声合成ソフトウェア「初音ミク」の開発会社としても認知されております。

URL|https://www.crypton.co.jp/

リリース詳細
提供元: PR TIMES