多彩なセンサーデータをクラウドでかんたん管理できる「obniz BLEゲートウェイ」を発売

SB C&S株式会社は、株式会社CambrianRobotics(本社:東京都渋谷区、代表取締役 佐藤 雄紀)のクラウド上でプログラミングできるIoTゲートウェイ「obniz BLE(オブナイズ ビーエルイー)ゲートウェイ」を、2020年5月12日に発売します。
画像1

「obniz BLEゲートウェイ」は、近年急速に対応デバイスが拡大しているBluetooth Low Energyを採用したセンサー製品と接続し、さまざまなデータをクラウドサービス「obniz Cloud」で管理できるIoTゲートウェイです。3軸加速度センサーや赤外線センサー、温湿度センサー、CO2センサー、PM2.5を計測できるエアクオリティモニターまで、多彩なセンサー製品と連携が可能です※1。

対応センサー製品の連携は、obnizのクラウドサービス「obniz Cloud」上で設定するだけ。obniz独自のファームウェアレス技術により、Bluetooth Low Energyの連携に必要なファームウェアやプログラムはobniz Cloudに集約。ゲートウェイ自体をプログラムする必要はありません。デバイスの追加や変更、サービスやキャラクタリスティクスの操作など、ファームウェアの書き換えなしですぐに実行できます。
画像2

BLEデバイスの制御は、JavascriptやPythonをobniz Cloud上で記述・設定できるほか、conect.plus株式会社の「conect+」との連携も可能。取得したデータをわかりやすくビジュアライズできるだけでなく、データ確認用のスマートフォンアプリも簡単に作成できます。なお、obniz Cloudは、TLS通信やデバイス管理機能、死活監視を標準サービスとして提供。ゲートウェイ自体に書き込まれているのは専用OSのみでデバイス接続先データなどを保持していないため高いセキュリティ性を発揮します。BLEデバイス・ゲートウェイの交換や、万が一ゲートウェイが盗難されても、新たにプログラムしたり、接続設定を変更したりする必要がありません。オフィス環境の管理やHACCP(食品衛生管理)、みまもりサービスといった法人ニーズにもきめ細やかに対応できます。

画像3

※1 対応センサー製品はこちら(https://docs.obniz.io/ja/guides/obniz-ble-wi-fi-gateway/ble-devices/)。

・東郷神社・原宿東郷記念館の導入事例
SB C&S株式会社は東郷神社・原宿東郷記念館と共同で、obniz BLEゲートウェイを活用したデータ可視化システムのテスト導入を5月6日より開始しました。東郷記念館が提供する結婚式「東郷LIVE WEDDING~オンラインで祝言を~」では、5月4日に政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議で採択された「新しい生活様式」における「冠婚葬祭」の項目に留意した「安心・安全」を実現すべく、データ可視化システムを利用して、新郎新婦や、来場者に対してCO2センサーで取得したCO2濃度の状況をタブレット端末やサイネージで表示し、換気状況をリアルタイムでお知らせします。なお、CO2センサー以外にも温湿度センサーとマグネットセンサーを導入・効果検証します。
画像4

【製品画像】

画像5

【「obniz BLE」の主な仕様】

画像6

【価格(税込み)】
1万780円

【導入に関するお問い合わせ】
SBCASGRP-obnizBLEGW@g.softbank.co.jp

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
●掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

リリース詳細
提供元: PR TIMES