株式会社ヴィセント「Slackライクなビジネスチャットツール、 Mattermost (マターモスト) のパートナー契約締結 」

~株式会社ヴィセント、「テレワーク、オンラインミーティング、Web会議のソリューションなどにも!オープンソースソフトウェアのビジネスチャット」オンプレミス型ビジネスチャットツールを提供~

各種オープンソースソフトウェア事業を行う株式会社ヴィセント(本社:東京都千代田区、支社:愛知県名古屋市、代表取締役:高橋 誠)が、2020年03月04日(水)、Mattermost社が提供する「Mattermost(マターモスト)」のパートナー契約を締結したことを発表します。

「株式会社ヴィセント Slackライクなオンプレミス型ビジネスチャットツール Mattermostのパートナー契約締結のお知らせ」

画像1

ヴィセントは、Mattermost社が提供するチャットツール「Mattermost」(マターモスト)の取り扱いを決定し、Mattermost社とのパートナー契約を2020年3月4日に締結したことを発表させていただきます。※リリース紹介ページは株式会社ヴィセントのHP内新着ニュースにて。

■Mattermostについて
Mattermostとは、オープンソースソフトウェア(OSS)であり、Slackライクで使いやすい操作性のチャットツールとしても知られています。Mattermostは、オンプレミス型であり(クラウドもできます)、大きなメリットとしては、企業のセキュリティポリシーや運用ポリシーに適合できるため、機密情報を取り扱う様々な業種のクライアント様や、データをクラウドに預けたくないクライアント様にも多くの導入実績があります。Mattermostのエンタープライズ版では、1)SAML認証、2)多要素認証、3)暗号化、4)高可用性、5)コンプライアンスなど、企業が必要とする機能が提供されています。オンプレミス型のビジネスチャットのセキュアなメリットのほかに、OSSであることの優位性として、ソリューション全体を考慮した際のカスタマイズ性に優れていますので、クライアント様の様々な「お困り」のかゆいところにもフレキシブルに対応しやすいのです。

■時代背景に役に立つソリューションを!テレワーク対策にも!
テレワーク(リモートワーク)は、2020年3月、「新型コロナ蔓延の背景」や、「少子高齢化に伴う労働者人口の減少」の対策として、政府が主導する働き方改革の一つであり、現在、仕事の生産性向上のために導入する企業が多い状況です。Mattemostはビジネスチャットであり、働く場所を選ばない働き方をコミュニケーション面から変えていけるツールとなります。MattermostはOSSですので、カスタマイズ性にとても優れています。テレビ電話、オンラインミーティングのジャンルでは、Skypeはもちろん、Zoomとも連携できます。プロジェクト、その他の関連ジャンルとしましては、Docker、GitHub、Redmine、Jenkins、Trelloなど様々なサードパーティとの連携も可能であり、大変、魅力があります。

画像2

■株式会社ヴィセント
ヴィセントは、2006年の設立。オープンソースソフトウェア事業を中心に、システムインテグレーション事業、インターネット総合メディア事業を手掛け潮目のはやいIT市場において10年以上にわたり成長しています。実績として、様々な大手クライアント様にOSS製品の導入やオリジナルカスタマイズなど幅広いサービスを展開しております。

会社名:株式会社ヴィセント
所在地:
東京本社:東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル9階
名古屋支社:愛知県名古屋市中区丸の内3-19-23 5th F.P.Sビル8階
代表者:代表取締役社長(CEO)高橋 誠 (※高橋の「高」は正式には「はしご高」です。)
設立: 2006年3月7日
URL::https://vicent.co.jp/
事業内容:
Alfresco Software 認定プレミアパートナー
Mattermost 正規パートナー
システムインテグレーション事業
オープンソースソフトウェア事業
インターネット総合メディア事業

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ヴィセント
TEL:03-6206-9076
FAX:03-6206-9078
受付時間:平日AM10:00-PM18:00
e-mail:info@vicent.co.jp
※お電話につきましては、新型コロナの影響もあり今後、弊社担当が、本社内にての対応ができ兼ねる場合が
ございます。その場合、大変お手数ではございますが、公式HPでのお問い合わせメールのほうにお急ぎのご一報の旨もいただけましたら幸いでございます。

リリース詳細
提供元: PR TIMES