新たなオンラインコースIntroduction to Hyperledger Sovereign Identity Blockchain Solutions:Indy, Aries & Ursaを開始

オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は 11月21日 (現地時間)、新たに無料のオンラインコース Introduction to Hyperledger Sovereign Identity Blockchain Solutions: Indy, Aries & Ursa を開始したことを発表しました。

2019年11月21日 サンフランシスコ発 ー オープンソースを通じた大規模イノベーションの実現に取り組む非営利団体である Linux Foundation は、新たに無料のオンラインコース Introduction to Hyperledger Sovereign Identity Blockchain Solutions: Indy, Aries & Ursa ( https://www.edx.org/course/introduction-to-hyperledger-sovereign-identity-blockchain-solutions-indy-aries-and-ursa ) を開始したことを発表しました。本コースは学習プラットフォーム edX を通じて提供されます。

信頼はインターネット上で崩壊していると聞いても今や誰も驚かないでしょう。オンラインで利用可能なアイデンティティ関連データはすべて盗難の対象になる可能性があります。 Breach Level Index ( https://breachlevelindex.com/ ) によると、毎日 5,880,000 件を超えるレコードが盗まれています。2019 MidYear QuickView Data Breach Report ( https://pages.riskbasedsecurity.com/2019-midyear-data-breach-quickview-report ) では、2019年上半期に報告された侵害は、2018年中期と比較して54%増加し (41億以上のレコードが晒される)、インターネット上に晒されたレコードはWebが最も多い侵害タイプで、インシデントではハッキングが最も多い侵害タイプでした。どこでオンラインに接続してもボタンをクリックする前にその背後にある危険性を理解することが大切です。

Hyperledger プロジェクトである Aries、Indy、Ursa は、分散型ID専用の分散台帳を使用して、本物のデータに基づいて構築された分散アプリケーションの基盤を提供します。3つのプロジェクトが協力し、管理ドメイン、アプリケーション、およびその他の「サイロ」間で相互運用できるように、ブロックチェーンや他の分散台帳に定着した独立したデジタルIDを作成・使用するためのツール、ライブラリ、再利用可能なコンポーネントを提供します。本コースは、Hyperledger プロジェクト Aries、Indy、Ursa と、これらが信頼を実現する確実なデジタル基盤を備えたアプリケーション構築がもたらす可能性について掘り下げます。

Hyperledger の エグゼクティブ ディレクターである Brian Behlendorf は、次のように述べています。
「ID情報の管理と保護は、デジタル時代の最も困難な問題の1つです。情報と権限のコントロールを分散する機能により、ブロックチェーン テクノロジーはID管理のルールを書き換えることができます。このコースでカバーされる3つのプロジェクト、Hyperledger Aries、Indy、Ursa は、市場に自己主導型アイデンティティをもたらすためにグローバル コミュニティが開発したビルディング ブロックです。これらの技術を十分に理解し、プロジェクトに参加することは、この重要分野の未来を築く助けとなるでしょう。」

Cloud Compass Computing, Inc. の Stephen Curran 氏と Carol Howard 氏により作成された LFS172x は、ビジネスとテクノロジー両方に携わる幅広い受講者を対象としています。本コースは以下の項目について学習できます。

今日存在するインターネットID / 信頼メカニズムの問題
Hyperledger Indy などの分散型台帳をIDに使用する方法
基盤となるブロックチェーン テクノロジーが可能にする方法
Hyperledger Aries、Indy、Ursa の目的、スコープ、それぞれの関係
Hyperledger Aries、Indy、Ursa が信頼に必要なレイヤーをインターネットに追加する方法
この新技術により実現できる可能性

本コースは、Hyperledger Indy の基盤となるブロックチェーン / 暗号化技術と、Ariesエージェントを中心に形成されるエコシステムについて説明します。ビジネスと若干の技術的な知識がある方は、基本のハンズオン演習を行い、デモを通じてこの新技術がもたらす可能性を探ることができます。

Introduction to Hyperledger Sovereign Identity Blockchain Solutions: Indy, Aries & Ursa は、無料で受講でき、コンテンツに最長で7週間アクセスできます。受講者は99米ドルでアップグレードでき、学習レベル評価、コンテンツへの無制限アクセス、コース修了証の取得などのサービスが受けられます。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、https://www.linuxfoundation.org/ をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES