「AI」×「クラウドソーシング」を活用し、店舗のSNS運用を支援するソリューション会社「AI Marketing」を始動

株式会社リアルワールド(代表取締役社長:菊池 誠晃、本社:東京都渋谷区、東証マザーズ: 証券コード 3691 以下。「当社」)は、飲食店や美容院などの小規模店舗を対象とした、AIテクノロジー・クラウドソーシングを活用、掛け合わせた集客支援・マーケティング支援サービスを提供する「株式会社AI Marketing」で11月14日に事業を開始いたしました。

画像

■ 店舗における変わりゆく時代と課題
従来の店舗集客における課題は、結果として資本力のある大手のみが目立つ環境となり、「質」よりも「量」の情報発信になりがち、良いものが埋もれてしまうという環境でした。しかし、昨今、SNSなどのソーシャルツールを活用した情報発信が広がった結果、お店の「ファン」に対して直接情報を発信でき、よりダイレクトに情報を伝えられるようになりました。一方で運用の大変さ、活用の難しさなどの課題が出てきていると考えられます。

■ AI×クラウドワーカー、当社だからできるソーシャル活用サービスを展開
今回対象となる小売店舗市場において、飲食サービス業市場は33兆円、美容院は全国37万店舗と、今なお成長の一途をたどっております。AI Marketingでは、その店舗に対し集客課題を解決すべく、第一弾としてInstagramを活用、人間で言うところの「手(労働力)」であるクラウドソーシング、「頭脳」に相当するAIの高度な分析力を活用し、高い付加価値のあるマーケティング支援サービスの提供を実現、店舗の課題を解決いたします。

■ 株式会社AI Marketing会社概要

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/7199/table/34_1.jpg ]

■ 株式会社 AI Marketing:https://real-ai.marketing/
AI Marketing では、1,000万人超のクラウドワーカーを抱える当社だからこそできる、AIテクノロジー×クラウドソーシングを活用した集客支援・マーケティング支援サービスを今後も展開して参ります。
※今回のリリースはβ版となります。

■ 株式会社リアルワールド 会社概要

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/7199/table/34_2.jpg ]

リリース詳細
提供元: PR TIMES