総合ネットセキュリティ企業 イー・ガーディアン フィリピン現地法人 「E-Guardian Philippines Inc.」移転拡充のお知らせ

~日本国内のサービスのみならず、グローバル市場への展開も視野にサービスを拡充~

 イー・ガーディアン株式会社(https://www.e-guardian.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)のグループ会社であるE-Guardian Philippines Inc.(https://e-guardian.ph/ フィリピン共和国 マニラ首都圏 マカティ市 以下、「イー・ガーディアンフィリピン」)は、2020年4月を目処に、フィリピンの首都圏メトロ・マニラにある商業施設「Alphaland Southgate Mall」内に新たなオペレーションセンターを設立し、移転いたします。

画像

 イー・ガーディアンフィリピンは、2017年7月の設立以降、ゲームカスタマーサポートや越境ECサイト向けのカスタマーサポート業務などを提供して参りました。イー・ガーディアングループが提供する様々なサービスのグローバル展開拠点として稼働する中、現在、とりわけインターネット広告の運用やインターネットセキュリティ関連のサービス提供が順調に推移しています。

 今後、市場の拡大に比例し、更にサービスニーズが増加することを見据え、日本国内企業へのサービス提供に加え、グローバル市場へのサービス展開も視野に、オフィス環境を拡充するため移転する運びとなりました。新たなオペレーションセンターでは、200席の規模で日本企業および、アジア圏、北米圏の企業にゲームや越境ECサイトにおけるカスタマーサポートやインターネット広告運用、および、多様なニーズに応えるバックオフィスサービスを提供いたします。

 新オペレーションセンターの設立により、イー・ガーディアンフィリピンは、これまで培ってきたノウハウを活かし、サービス展開拠点を拡充していくとともに、海外に進出する日本企業の売上拡大・コスト最適化を支援し、世界各国の海外企業に対し幅広い言語によるサービスを提供して参ります。

 今後も、イー・ガーディアングループは、グループシナジーを活かし、ミッションである「We Guard All」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

【イー・ガーディアングループ 概要】
1998年設立。2016年に東証一部上場。イー・ガーディアンはネットパトロール、カスタマーサポート、デバッグ、脆弱性診断などネットセキュリティに関わるサービスを一気通貫で提供する総合ネットセキュリティ企業です。センターは、提携先を含めてグループで国内6都市海外2都市14拠点の業界最大級の体制を誇ります。昨今はFintech・IoT業界への参入やRPA開発による働き方改革への寄与など、時代を捉えるサービス開発に従事し、インターネットの安心・安全を守っております。

■E-Guardian Philippines Inc. 会社概要
代表者 :代表取締役 寺田 剛
所在地 :フィリピン共和国 マニラ首都圏 マカティ市
設立  :2017年7月
資本金 :30百万ペソ(約70百万円)
事業内容:投稿監視、カスタマーサポート、広告審査代行サービス事業
URL  :https://e-guardian.ph/

■イー・ガーディアン株式会社 会社概要
代表者 :代表取締役社長 高谷 康久
所在地 :東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立  :1998年5月
資本金 :36,428万円(2019年9月末日現在)
業務内容:ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/
     オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
     コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL  :https://www.e-guardian.co.jp/

リリース詳細
提供元: PR TIMES