BIM設計・施工支援サービスの拡充について

国内初*となるBIMパーツを作成するアドインツールおよびクラウドサービスの提供を開始

東芝エレベータ株式会社(社長:中川誠、本社:神奈川県川崎市)は、従来から提供しているBIMパーツダウンロードサービスを拡充し、BIM用3次元CADソフトによる設計業務を支援するアドインツール「BIM昇降機計画ツール」と大容量のデータを効率的に交換でき、従来よりも高度なBIM連携を実現するクラウドサービスの提供を本日より開始いたします。

画像

 東芝エレベータ株式会社(社長:中川誠、本社:神奈川県川崎市)は、従来から提供しているBIMパーツダウンロードサービスを拡充し、BIM用3次元CADソフトによる設計業務を支援するアドインツール「BIM昇降機計画ツール」と大容量のデータを効率的に交換でき、従来よりも高度なBIM連携を実現するクラウドサービスの提供を本日より開始いたします。

■「BIM昇降機計画ツール」について
 当社では、従来から提供しているBIMパーツダウンロードサービスに加え、Revit(3次元CAD)を使った専用ソフトで昇降機用のBIMパーツを作成できるアドインツールを、業界に先駆けて独自開発しました。
 今回開発したアドインツールについては、東芝エレベータが提供する会員向けサイト内で無料ダウンロードできます。本ツールを活用することにより、昇降機の機種やスペックを専用のインターフェースで指定することで、建物の基本設計に必要なBIMパーツを自動で作成することが可能となりました。
 また、BIMパーツの自動作成機能の他、建築計画においてエレベーターの台数を算出する上で必要な交通計算ソフトやエレベーター乗場デザイン(意匠)を検討できるデザイン作成アプリケーションも新たに開発し、新サービス機能として追加しました。

■クラウドサービスおよびBIM連携ツールについて
 本サービスは、当社会員サイト内で提供するクラウドサービスです。お客様が保有する建築データや当社が提供するBIMデータ、意匠データを共有、交換、管理できるほか、お客様から提供いただいた施工用の建築データに対  し、当社が提供する昇降機BIMパーツのデータを自動で配置できるBIM連携ツールも新たに開発しました。
 また、従来、メール等で交換していたBIMデータや、施工に必要な建築CADデータをクラウド上で管理、共有し、大容量データの交換作業を円滑に行うことで、業務効率の向上を図ることができます。

 当社は2012年よりBIM事業に注力し、業界に先駆けて様々なサービスの提供を行ってきました。今後もBIMを活用した業務効率の向上や新たな価値の創造を目標とし、社会に貢献していきます。

*昇降機専用のBIMツール/サービスにおいて

リリース詳細
提供元: PR TIMES