カゴヤ・ジャパン、無料トライアル付き「コンテナサービス」提供開始し、リリース記念ハンズオンセミナーを渋谷で開催

2019年9月5日(木)より、カゴヤ・ジャパン株式会社では、構築済みの Docker コンテナ実行環境およびコンテナ管理ツールのマネージドサービス「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」の提供を開始します。
無料トライアルのご提供や初期費用無料、日額課金制など、これからコンテナ実行環境の活用を開始したいお客様にもおすすめできるサービスとなっております。

2019年9月5日(木)より、カゴヤ・ジャパン株式会社では、クラウドサービス「KAGOYA CLOUD」において
「コンテナサービス」の提供を開始します。

コンテナ仮想化技術は従来の仮想化技術と比較して、開発サイクルのさらなる高速化・効率化が可能である次世代の基盤として注目を集めています。

本サービスは、構築済みの Docker コンテナ実行環境およびコンテナ管理ツールをマネージドサービスとしてご提供します。

Docker コンテナ実行環境の管理ツールとして世界的に実績のある Kubernetes と、操作・管理をGUIで行える
Rancher を組み合わせることで、コンテナ仮想化技術のメリットをフル活用いただける環境をお渡しいたします。

無料トライアル[1]のご提供や初期費用無料、日額課金制など、
これからコンテナ実行環境の活用を開始したいお客様にもおすすめできるサービスとなっております。

[1]:無料トライアルの詳細はサービスサイト(https://www.kagoya.jp/cloud/container/price/)をご確認ください。

【サービスの特長】
「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」の特長は、下記の通りです。

"ALL IN ONE" のコンテナ実行環境
当社インフラ上に「コンテナ実行環境」+「コンテナ管理ツール」が構築された環境をサインアップ後すぐにご利用いただけますので、お客様は本来の業務に集中していただけます。

直感的な操作画面
コンテナ管理ツールに Rancher を採用することで、 Kubernetes による複雑なコンテナ間の連携もコンテナ管理ツールの管理画面から操作いただけます。

充実したカタログ機能
Rancher の標準機能として「カタログ」機能が用意されています。
豊富なアプリケーションのイメージから使いたいサービスを簡単に立ち上げることが可能です。

安心のサポート体制
提供価格にサポートも含まれているため、安心してサービスをご利用いただけます。[1]

マルチクラウド対応
お客様のオンプレミスや他社クラウドのコンテナ実行環境を、本サービスのコンテナ管理ツールで管理することが可能です。[2] 検証、本番用などの複数基盤の管理を一元化できます。

無料トライアルプラン
最小構成を1ヶ月間無料でご利用いただける無料トライアル[3] をご用意しています。
サービスを実際にご利用いただき、ご納得の上でご契約いただけます。

[1], [2]: 本「コンテナサービス」以外のノード管理はサポート対象外となります。詳細はサービスサイト(https://www.kagoya.jp/cloud/container/)をご確認ください。

[3]: 無料トライアルの詳細はサービスサイト(https://www.kagoya.jp/cloud/container/price/)をご確認ください。

【サービス概要図】

画像

【提供価格】
初期費用:無料

「管理サーバー」
日額:1,296円(税込)~

「管理サーバー」はコンテナ管理ツールの実行環境として必ず1台必要となります。
ご利用開始時にスペックをご選択いただきます。

「ノード」
日額:324円 / 台(税込)~
「ノード」はコンテナ実行環境として最低1台必要となります。
ご利用開始時に必要台数とスペックをご選択いただきます。

※ 料金、構成に関する詳細はサービスサイトの料金ページ(https://www.kagoya.jp/cloud/container/price/)をご確認ください。

詳しくは、下記の「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」専用ページをご覧ください。

▼「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」専用ページ
https://www.kagoya.jp/cloud/container/

【記念ハンズオンセミナー開催】
「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」の提供開始を記念し、2019年9月13日(金)にTKP渋谷カンファレンスセンターで、無料セミナー「『KAGOYA CLOUD コンテナサービス』ハンズオン東京 ~Rancher で簡単 Kubernetes!~」を開催します。「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」をハンズオン形式で体験いただけるうえ、大手企業のKubernetes 基盤として多数の導入実績を誇る Rancher Labs, Inc. の新藤 洋介氏も「国内外Kubernetes最新活用事例」と題して講演予定です。

▼「KAGOYA CLOUD コンテナサービス」提供開始記念ハンズオンセミナー特設ページ
https://www.kagoya.jp/seminar/20190913/

【株式会社カゴヤ・ジャパンの会社概要】
本社:〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル 8F
事業内容:
京都府京都市中京区に本社を置くクラウドサービス、レンタルサーバー事業等を行うアプリケーションサービスプロバイダ。1926年に茶摘籠販売として創業、1998年に現在の業態の礎となるISPサービスを開始。共用サーバーやマネージドサービス付の専用サーバー、VPSやベアメタルサーバーなどの多種多様のサービスを提供しています。中小企業向けのリーズナブルなサービスから官公庁などをメインに高セキュリティに対応したサービス、自社データセンターでのハウジングサービスなど、多種多様なサービスの提供で長年の実績を誇ります。

リリース詳細
提供元: PR TIMES