富士通と GE Research が LF Edge のプレミア メンバーに

グローバルな最先端企業が LF Edge に加盟、ネットワークとIoTの未来にインパクトを与えるエッジ分野のオープン イノベーションを推進

ハードウェア、シリコン、クラウド、OS から独立したエッジ コンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークの確立を目指す Linux Foundation 傘下の統括組織 LF Edge は本日、虎ノ門ヒルズフォーラム (東京) で開催中の Open Source Summit Japan において、富士通と GE Research が LF Edge にプレミア メンバーとして加盟したことを発表しました。

2019年7月18日東京発 ー Open Source Summit Japan — ハードウェア、シリコン、クラウド、OS から独立したエッジ コンピューティングのためのオープンで相互運用可能なフレームワークの確立を目指す Linux Foundation ( http://www.linuxfoundation.org/ ) 傘下の統括組織 LF Edge ( http://www.lfedge.org/ ) は、日本の大手 ICT 企業である富士通 ( https://www.fujitsu.com/jp/ )と GE のイノベーション拠点である GE Research ( https://www.ge.com/research/ ) が LF Edge にプレミア メンバーとして加盟したことを発表しました。

Linux Foundation の Networking、Orchestration、Edge & IoT 担当ゼネラル マネージャーである Arpit Joshipura は、次のように述べています。
「富士通と GE Research を LF Edge の最新プレミア メンバーとして迎え入れることを嬉しく思います。テクノロジー分野における彼らの専門知識と、最先端の製品、ソリューションおよびリサーチを業界の最前線で提供してきた経験は、LF Edge コミュニティがエッジ コンピューティングの共通プラットフォームを確立する上で重要な役割を果たします。」

今年1月に発足した LF Edge は、Akraino Edge Stack、EdgeX Foundry、Home Edge、Open Glossary of Edge Computing、Project EVE の5プロジェクトから構成されおり、低レイテンシー、高速処理、モビリティを必要とする新しいタイプの映像やインターネット接続されたモノの領域で最先端のエッジ アプリケーションをサポートします。クラウド、エンタープライズ、テレコムのベストをもたらすソフトウェア スタックを構築することにより、LF Edge は、業界の未来を見据えた共通でオープンなビジョンを中心に、断片化されたエッジ マーケットを統合することを支援します。

新プレミア メンバーの声 (原文)

“Edge computing is critical to unlock innovative ICT applications and use cases promised by 5G. Fujitsu views LF Edge as the most comprehensive and active open community addressing edge framework,” said Hatsumi Iino, senior director, Strategic Planning unit, Fujitsu Limited. “Fujitsu is committed to using and contributing to open technologies, and looking forward to working with the LF edge community on customer and societal challenges.”

“GE Research has been a strong adopter of Linux technologies and leader in driving Edge Computing capabilities,” said Joel Markham, chief engineer, GE Research. “We are excited to join LF Edge and continue that work while collaborating on resources and sharing assets across organizations and industries.”

富士通は日本の大手 ICT 企業であり、あらゆる種類の技術製品、ソリューションおよびサービスを提供しています。同社はその経験とICTを活用して社会の未来を形作ります。

GE Research は、研究と現実をつなぐ GE のイノベーション拠点です。1000人以上の科学、技術およびマーケティングの専門家 (600人以上の博士) によるワールドクラス チームが、物理学とマーケット、フィジカルとデジタル技術、幅広い産業分野が交差する場所で世界を変えるイノベーションと能力を提供するために取り組んでいます。詳しくは https://www.ge.com/research/ をご覧ください。

富士通と GE Research は、60社を超えるメンバーに加わります。既存のプレミアメンバーは Aricent、Arm、AT&T、Baidu、Dell EMC、Dianomic Inc.、Ericsson、HP Inc.、HPE、Huawei、IBM、Intel、inwinStack、Juniper Networks、MobiledgeX、Netsia、Nokia Solutions、NTT、OSIsoft、Qualcomm Technologies、Radisys、Red Hat、Samsung Electronics、Seagate Technology、Tencent、WindRiver、Wipro、ZEDEDA です。LF Edge 全メンバーは、こちら https://www.lfedge.org/members/ をご覧ください。

LF Edge への参加方法、プロジェクトの詳細など、詳しくはこちら www.lfedge.org をご覧ください。

今後のイベント

LF Edgeは、Open Source Summit North America (8月21日~23日 カリフォルニア州サンディエゴにて開催) で、LF Edge と傘下のプロジェクトが協力してエッジ コンピューティング向けの共通のフレームワークを構築する方法にフォーカスしたワークショップを開催します。詳しくはこちら ( https://events.linuxfoundation.org/events/open-source-summit-north-america-2019/program/co-located-events/ ) をご覧ください。

LF Edge コミュニティは Open Networking Summit (ONS) Europe (9月23日~25日 ベルギー アントワープにて開催) に参加します。イベントでは Edge & IoTトラックとエッジ関連の基調講演を予定しています。7月28日までに登録 ( https://events.linuxfoundation.org/events/open-networking-summit-europe-2019/register/ ) すると800米ドル節約できます。

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES