アクロニスが簡単で効率性に優れた安全なサイバープロテクションをSAP HANA向けに展開 SAP HANAデータベース全体のバックアップと、ビジネスクリティカルなデータの復元がわずか数分で可能に。

※本リリースは2019年7月3日にスイスのシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションの世界的リーダーであるアクロニスは、本日、Acronis Backupの簡単で効率性に優れた安全なバックアップと復元機能を、SAP HANAデータにまで拡大したことを発表しました。アクロニスの革新的なデータ・イメージング・ソリューションによって、深い知識や専門的な知識がなくても、SAP HANAのデータベース全体をシームレスに保護できるようになります。

大企業が管理するデータの量は、かつてないほど膨大になっています。事実、大企業が保存しているデータの量は、世界に存在するエンドポイントのデータ量の合計を超えています。このデータは、世界中のさまざまなソースで、24時間、さまざまな形式で、そして、さまざまなプラットフォームで生成されています。

柔軟なデータ管理を実現し、運用効率を向上させるために、27,000社以上の企業がSAP HANAデータベースを利用しています。SAP HANAデータベースには膨大な量のデータが格納され、リアルタイムの分析も絶えず行われています。そのため、データが包括的に保護されていること、バックアップが定期的に維持されていること、必要なときにデータがすぐ復元可能な状態であることが不可欠となっています。今回の、Acronis Backupのスクリプトベースによる検証済みのSAP HANAバックアップと復元サポートによって、それがより素早く簡単に行えるようになりました。

SAP HANAは、20を超える物理、仮想、アプリケーション、クラウド、モバイル、エンドポイントのシステムに続く、Acronis Backupの新たなサポートプラットフォームです。さらに、今回のSAP HANAのバックアップと復元のサポートは、アクロニスのサイバープロテクションサービスと、世界的に認知されているSAP HANAのエンタープライズデータ管理機能のつながりの拡大に向けた第一歩となります。

アクロニスとしては、このように幅広く利用されているエンタープライズソリューションをサポートすることで、安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、セキュリティをあらゆるデータやアプリケーション、システムで包括的に実現する、簡単で効率性に優れた、安全なサイバープロテクションサービスを提供していく、という強固な意志をさらに証明する形となります。大企業のお客様にとっては、アクロニスのSAP HANAサポートによって、包括的なサイバープロテクションとデータの可用性がかつてないほど簡単に実現できるようになります。

詳細については、https://www.acronis.com/en-us/business/backup/sap-hana/をご覧ください。

アクロニスについて
アクロニスは、革新的なバックアップ、ランサムウェア対策、ディザスタリカバリ、ストレージ、企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションとハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースのActive Protectionテクノロジー、ブロックチェーンベースのデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウド、モバイルのワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。
アクロニスは2003年にシンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。

リリース詳細
提供元: ドリームニュース