エンタープライズDB(EDB)は、EDB Postgres Failover Manager(EFM)バージョン3.5 と日本語マニュアルを正式リリースしました。

エンタープライズDB(EDB)は、EDB Postgres Failover Manager(EFM)バージョン3.5 と日本語マニュアルを本日、正式リリースしました。

Failover Manager はEDB Postgresクラスタに高可用性インフラストラクチャを提供します。Postgres クラスタのメンバーを監視し、データベースの障害を迅速かつ確実に識別して検証し、必要に応じてスタンバイノードをクラスタマスターに変更し、アラートを出します。

このリリースのハイライトは下記のとおりです。

・JDK 11のサポート – Failover ManagerはJDK 8以上を必要とするが、現在はバージョン11で作動。
・Failover Managerエージェントが、データベースの起動/再起動後に接続を再試行 – データベースが接続を受け入れる準備ができる前に、データベースの(再)起動は正常に戻る。この場合、Failover Managerは、新しいプロパティで決まる時間まで、再接続を試みる。
・通知の送信元アドレスを設定するための新しいプロパティ – Failover Managerは、ユーザに送信される通知にカスタマイズされた電子メールアドレスを使用できるようになった。
・新しいアプリケーション名プロパティ – フェイルオーバーマネージャは、スイッチオーバー中にスタンバイになったときにマスターにコピーされたrecovery.confファイル内のアプリケーション名を更新できるようになった。
・スイッチオーバー動作の新しいオプション – スイッチオーバー中に-noscriptsオプションを使用して、フェンシングをオフにし、プロモーション後のスクリプトをプロモーションスタンバイで実行することができる。

このアップデートで修正された問題点は下記のとおりです。

・昇格可能なスタンバイプロパティは、クラスタを分離して再結合した後も無視されなくなった。 (827916、818120)
・Failover Managerはprimary_conninfoのrecovery.confファイルで引用符で囲まれたホスト名を処理するようになった。 (855006)
・Debian上のarpingのバージョンを扱うための改良。 (844793)

*かっこ内の数字は、お客様の案件番号

【詳細情報】

下記製品マニュアルをご参照ください。

▼ 英語マニュアル
https://www.enterprisedb.com/resources/edb-product-documentation/edb-failover-manager-35

▼ 日本語マニュアル(登録制)
https://edbjapan.com/manual/efm-3-5-0/

【対象者】

このリリースは、EDB Postgres StandardまたはEDB Postgres Enterpriseのサブスクリプションをお持ちで、現在EDB Failover Manager を使用しているか、その導入に関心があるEDBのお客様を対象としています。

【更新方法】

このアップデートは、yum.enterprisedb.comリポジトリからダウンロードできるRPMパッケージとして入手可能です。 認証情報を設定してyumリポジトリにアクセスするには、リクエストを送信してください。https://www.enterprisedb.com/repository-access-request

【トラブルシューティング】

新しいソフトウェアをインストールする際に問題が発生した場合は、下記のテクニカルサポートまでご連絡ください。

電子メール:support@enterprisedb.com
米国:+ 1-732-331-1320または1-800-235-5891
英国:+ 44-2033719820
ブラジル:+ 55-2139581371
インド:+ 91-20-66449612

リリース詳細
提供元: ドリームニュース