保険の請求漏れによる悲しみを無くす為、「株式会社IB」を設立

~保険証券情報の管理・共有ツール「保険簿」の開発・普及~

保険証券情報の管理・共有ツール「保険簿」の開発・普及を主な事業とする「株式会社IB」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井藤 健太)が、2018年10月29日(月)に設立した事をお知らせいたします。
また、保険証券の写真を送るだけで、保険の加入情報がまとまった”カード”を作成することができるLINE@をリリースいたしました。
【URL】https://www.113-bo.com

画像1

【設立に至った背景】
2011年の東北震災後、当時大学生だった弊社代表の井藤はボランティアで宮城・岩手を訪れた。
津波で街が流された光景を目の当たりにし、「有事において、保険金の請求は難しい」「潜在的な保険の請求漏れは多い」という問題意識を持つ。
そして、大学の卒業論文にて、保険証券情報の一元管理・共有ツール「保険簿」の構想を執筆した。
同時に、「保険に対する消費者心理」「業界における各ステークホルダーの思惑」が非常に複雑であることから、マネタイズ・普及の方法において、確信できるものがなかった。

その後、保険業界での経験、社外での情報収集、また、2016年の改正保険業法や調剤報酬改定などをヒントに、マネタイズ・普及方法の着想に至る。

一方、事業の全体最適を図る上で必要なIT知識を得るため、約1年間システムエンジニアとして従事し、2018年9月末で退職。
2018年10月、株式会社IBを設立に至る。
画像2

【"保険簿"のLINE@について】
■"保険簿"に込めた想い■
「家族がどんな保険に加入しているかわからない」
「いざという時、ちゃんと保険の請求ができるか心配」
「大切な人に自分が加入している保険の情報を知らせておきたい」
大切な人と保険の加入情報を共有しておくことで、保険金の請求漏れを少しでも減らすことが出来ればと思っております。

■"保険簿"のLINE@とは■
加入している保険証券の写真を撮り、LINEで送るだけで、カンタンに保険の加入情報がまとまった"保険簿カード"を作成することができるサービスです。
作成した"保険簿カード"を家族や恋人など、大切な人と共有して保険金の請求漏れを防ぎましょう。

■利用の流れ■
STEP1: 加入している保険証券の写真を撮って送信してください
STEP2: "保険簿カード"を作成してLINEでお送りします
STEP3: 送られてきた"保険簿カード"をそのまま転送し、大切な人と共有してください

画像3

"保険簿"LINE@↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40rqq5522e

保険は多くの人にとって大きな買い物です。
だからこそ、いざという時にしっかり保険を活用できる様、保険代理店や保険会社とも協力し、あらゆる施策を実行して参ります。

【会社概要】
会社名 : 株式会社IB
所在地 : 〒150-0041 東京都渋谷区神南1−20−2 第一清水ビル2階
代表者 : 井藤 健太
設立 : 2018年10月29日
URL : https://www.113-bo.com
事業内容 : 情報の整理整頓業
理念 : 混沌を整理整頓し、人が活きる仕組みを創る
使命 : 保険の請求漏れによる悲しみを無くす
社名の意味 : Insu Bunkai(因数分解)「付加価値の共通項はまとめて、できるだけシンプルにする」

【本リリースに関するお問い合わせ先】
代表者:井藤(イトウ)
TEL:090-1157-1915
e-mail:k.itoh.ib@gmail.com

リリース詳細
提供元: PR TIMES