医療機器の製造・設計に関する“アジア最大級”の展示会・セミナー 見つける!つながる!「Medtec Japan 2019」 2019年 3 月 18 日(月)~ 20 日(水)東京ビッグサイトにて開催

UBMジャパン株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:クリストファー・イブ)は、医療機器の製造・設計に関する“アジア最大級”の展示会・セミナー「Medtec Japan 2019(メドテック ジャパン)」を、3月18日(月)~20日(水)の3日間、東京ビッグサイトで開催します。
■新たな発見とビジネスチャンスが見つかる医療機器産業界を代表する一大イベント
■急速な市場拡大が期待される分野の展示会を新設—メディカルシティ・災害医療 創造技術開発

●主なトピック

■医療機器の設計・製造に関する“アジア最大級”の展示会・セミナー「Medtec Japan 2019」
「Medtec Japan」は、サプライヤー(出展社)と来場者が活発に情報収集、商談できることで定評があり、2019年で11回目の開催となります。
来場者の多くは、国内外の医療機器メーカーの開発・研究関係者で、各医療機器メーカーや医療産業に参入予定の企業にとって最も重要な展示会として位置づけられています。
2019年も医療機器の設計・製造に関わる企業・団体560社以上(予定)の出展、開催3日間で、約35,000名の来場を見込んでいます。なお、出展社を現在、募集中です。出展受付の締め切りは、2019年1月下旬を予定しています。

■急速な市場拡大が期待される分野の展示会を新設
 —-メディカルシティ・災害医療 創造技術開発展
Medtech「メディカル×テクロノジー」として、医療を核としたIoT/ICT/クラウド/ビッグデータに関わる技術や、災害・地域医療や介護ビジネス、街づくりに携わる全てのMedTech企業が出展対象となります。

◇◆◇出展対象◇◆◇
コネクテッド技術、Wi-Fiサービス、通信キャリアサービス、Signal 信号、省電力無線、センサ、IPカメラによる監視・防犯技術・サービス、位置情報に基づく技術・サービス、クラウドソリューション、Smart Hospital、超高齢化に対するサービス・技術・健康管理サービス・施設・技術・住宅・介護施設、介護施設管理システム、地方自治体、ビッグデータ、AI、人工知能技術、システム、人材派遣、人材育成会社など

◇◆◇来場対象◇◆◇
地方自治体、医療機器・介護福祉機器メーカー、通信関連企業、インフラ関連企業、投資・ディベロッパー、不動産関連企業、住宅販売・住宅設備販売会社、セキュリティー関連会社、保守・メンテナンス会社、介護施設・介護施設運営・サービス関連会社、病院・病院運営・サービス関連会社など

●「Medtec Japan」への出展メリット

1.医療機器メーカー等の来場者に自社技術・製品等をアピールし、商談できる専門展示会
「Medtec Japan」はサプライヤー(出展社)が、医療機器メーカー等(来場者)に自社技術や製品をアピールし、さらに直接、商談ができる専門展示会です。国内外から医療機器メーカーの開発・研究関係者らが、新技術やビジネスパートナー等を求めて来場するため、
その場で取引につながるケースも多く見られます。

2.異業種から医療機器業界に新規参入を図る企業が多数出展、新規参入社向けのセミナーも開催
「Medtec Japan」には、医療機器以外の業種(異業種)から業界参入を図る企業が多数出展。例年、新たなビジネス化を図る大手企業や独自技術で業界参入を目指す中小企業、医工連携等に注力する地方自治体(地元企業の共同出展)等が参加しています。
また、医療機器業界に新規参入を目指す企業向けのセミナーを開催。2018年は全6講座を開催し、医療機器産業の最新業界
情報や市場動向等が学べる機会とあって、延べ約300名が参加しました(事前登録制・有料)。
中でも「医療機器業界参入のためのセミナー」(入門編・中級編)は、実際に参入に成功した企業から業界参入のヒントやノウハウが具体的に学べる講座で、早々に満席となる盛況ぶりでした。

3.出展社が自社技術等を、ブース以外で広く来場者にアピールできる機会「最新技術フォーラム」
展示会場内に専用ブース(約100座席)を設け、出展社が来場者を前にプレゼンテーション(30分間)する「最新技術フォーラム」。例年、ブース以外の場で広く自社技術等をアピールできる機会として、出展社から多数の登壇希望が寄せられます。
この催しは来場者にも人気があり、毎回、立ち見が出るほど盛況です。2018年は、会期中の全3日間にわたって26社/団体が参加し、医療機器開発向けの独自技術・製品やビジネスモデル等を、来場者に向けてアピールしました。
また、登壇企業のメリットとして、主催者が広告やDM/パンフレット等の制作物、公式HP等で行う開催告知(プレゼン企業・タイトル・概要等を掲載)が、自社のPRにもつながることが挙げられます。

*写真データをご入用の際は【報道関係窓口】(P.5)まで、お気軽にお申し付け下さい。

●これまでの「Medtec Japan」の実績

・出展社・来場者とも増加傾向、開催規模の拡大が続く
「Medtec Japan」は、2009年の第1回開催から開催規模が拡大。2018年は、出展社数560社/団体・来場者数31,062名となりました。

●「Medtec Japan 2019」の概要詳細

<「Medtec Japan 2019」および同時開催展の開催概要(予定)>

・展示会名: Medtec Japan 2019
・同時開催: 医療用エレクトロニクス展、介護・福祉ロボット&機器 開発展、医療ICT・在宅医療展、検査キット 完成品・開発展、メディカルシティ・災害医療 創造技術開発展
・会期: 2019年 3 月18日(月)~20 日(水) 10:00-17:00 (セミナー受付は午前9時より)
・会場: 東京ビッグサイト 東4・5ホール (東京都江東区有明3丁目11-1)
・主催: UBMジャパン株式会社
・後援: 公益財団法人 医療機器センター、一般社団法人 日本医療機器産業連合会、一般社団法人 日本の技術をいのちのために委員会
・協賛: 公益社団法人 日本臨床工学士会、一般社団法人 日本医工ものづくりコモンズ
・公式HP: http://www.medtecjapan.com/

< 各展示会の概要(予定) >

■各展示会の概要(予定)
「医療機器設計・製造」の展示会「Medtec Japan」は「メディカルシティ・災害医療・創造技術開発展」を新たに加え、「医療用エレクトロニクス」、「医療ICT・在宅医療」、「介護・福祉ロボット」、「検査キット」の5分野にわたる専門展を同時開催します。

●Medtec Japan 2019/ メドテック ジャパン 2019 / 医療機器設計・製造に関するアジア最大級の展示会

<展示エリア・展示カテゴリ>
メディカルプラスチックエリア: 生 体 適 合 材 料/ 医 療 用 ス ー パ ー エ ン プ ラ/ 各 種 プ ラ ス チ ッ ク 加 工 機/ プラスチック材料/ セラミック材料/ プラスチック部品類/ ディスポーザブル製品/ 超音波・熱容着技術/ 微細加工技術/ ナノロボット・培養技術 /設備・バイオ MENS/ ナノバイオチップ/ ナノバイオデバイス・Lab on a chip/ 繊維/ カーボン/ ゴム/ 真空成型
メディカル金属・工具 エリア: 精密金属表面処理技術/ 工作機/ 各種加工機/ インプラント技術/ 特殊金属及び材料/ ワイヤー及びスプリング/ 各種工具 / 部品/ トレサビリティ・マーキング/ ペアリング/ オイルフリー
メディカル測定・検査 エリア: 測 定 機 器 / 評 価 器 機 各 種 / 検 査 機 器 / セ ン サ ー 類 / 光学技術 / 分析機器・技術 / 洗浄バリデーション
メディカルパッケージング滅菌技術エリア: 包装材料 / 滅菌技術 / 包装機器 / 印刷技術 / 消毒 / ラベル技術 / 衝撃吸収技術 / 梱包・保管技術 / ディスポーザブル品 / トレサビリティー / クリーンルーム / エアシャワー・ミスト / 床材 / フィルター / ガンマ線
ロボット・メカトロエリア: ロボット部品 / ロボット機械要素技術
メディカルシミュレーション /CAD/CAM/RP エリア: RP/ プ ロ ト タ イ ピ ン グ 技 術 / 3D プ リ ン タ ー / ス キ ャ ナ ー / CAD/CAM/CAE ソフトウェア / CT/MRI データ処理技術 / 手術用トレーニングシミュレーター
認証・コンサルエリア: 認証コンサルタント / FDA/ISO 等 認証 / 検査 / テスト / 品質マネジメント / 文章・データ・資料管理システム・技術・ソフト / 申請書・マニュアル翻訳サービス・技術
生物機械工学技術エリア: サイボーグ技術 / 人体機械融合 / 強化義手・義足 / 外骨格ロボット / AI 技術
医療セキュリティーエリア: IT セキュリティー / 情報リテラシー / ヘルスケアアプリ / ウィルス対策

●ElectroMED Japan 2019/ エレクトロ ジャパン 2019 /医療用エレクトロニクス展
 医療用電子機器の設計・製造するためのあらゆる製品・技術を集結させた専門展

<展示カテゴリ>
半導体、IC、センサ、プロセッサー、EDA、レーザー技術、電源、コネクター、電池、カメラ、レンズ、MEMS 技術、モニター、画像処理、モーター、動作制御、通信、ネットワーク機器、超音波技術、X線、CT、MRI、電子機器受託製造サービス、各種電子部品、修理・保守、電池・電源、ポンプ・チャック、アダプタ、接着剤・放熱剤 、EMC・ノイズ対策、ヒーター、バーコード・トレサビリティ・マーキング、保管庫・搬送ケース放射線・組込み技術

●Smart Health Japan 2019/ スマートヘルス ジャパン 2019 / 医療ICT・在宅医療展

<展示カテゴリ>
通信事業社通信機器メーカー、健康エンターテイメント、電気通信機器および周辺機器の研究開発、設計、製造、販売、設置工事、通信事業者向け各種サービス、ネットワーク最適化等のコンサルティングサービス、移動通信社向けのアプリケーションおよびソリューションの開発、通信事業者およびエンタープライズ向けシステム、インテグレーション、電子部品、OEM 製品の調達、ワイヤレス、OS, インターフェースハードウェア、ソフトウェア

●介護・福祉Japan ロボット&機器開発展2019

<展示カテゴリ>
介護支援型ロボット・機器、自立支援型ロボット・機器、コミュニケーション/セキュリティー型ロボット・機器、義肢装具等の製造・開発技術及び、原材料、部品、加工機、電子部品、ロボット技術、ソフトウェア、受託製造

●Test Kit Japan 2019 / テストキット ジャパン 2019 / 検査キット 完成品&開発展

<展示カテゴリ>
血液検査キット、インフルエンザ検査キット、花粉症検査キット、アレルギー検査キット、性病検査キット、がん検査キット、遺伝子検査キット、試薬等の検査キットの製造・開発技術、材料

●メディカルシティ・災害医療・創造技術開発展 NEW

<展示カテゴリ>
コネクティック技術、Wi-Fi サービス、通信キャリアサービス、signal 信号、省電力線、センサ、IP カメラによる監視・防犯技術・サービス、位置情報に基づく技術・サービス、クラウドソリューション、Smart Hospital、超高齢化に対するサービス・技術、住宅、介護施設、介護施設管理システム、地方自治体、ビッグデータ AI・人工知能技術・システム、人材派遣・人材育成会社

■『Japan Life Science Week / ジャパンライフサイエンスウィーク 』 のご案内

「医療」「介護・福祉」「検査」分野の「Medtec Japan 2019」と同じ日程で、「製薬」分野の「CPhI Japan 2019」が開催されます。そして、この2つの展示会を合わせ「Japan Life Science Week 2019』と称しています。ライフサイエンス分野における2つの展示会を同時開催することで、製薬と医療機器開発という分野を超えた新たなビジネスチャンスの創造を図ります。
また、日本を代表するライフサイエンス業界の一大イベントとして、医薬品・医療産業における日本の最新製品や技術力を世界の業界関係者にむけて広くアピールしていきます。
※「製薬」分野が対象の『CPhI Japan 2019』は東京ビッグサイト・東1・2・3ホールにて開催されます。
『CPhI Japan 2019』の詳細は、同展示会の主催者にお問い合わせください。
※『Medtec Japan 2019』と『CPhI Japan 2019』は相互入場可能です。

■「Medtec Japan 2019」主催者概要

UBMジャパンは、英国に本部を置く国際メディア企業UBMの日本法人です。
UBMグループは、20以上の国と地域に約4,000人のスタッフを配し、世界各国で300を超える B2Bの国際イベントを主催するとともに、ビジネス専門誌の発行やWEB情報配信サイトの運営を行っています。UBMは、これらのメディアを駆使し、様々な産業分野において業界プロフェッショナルのための情報配信やビジネスコミュニケーションの場を提供しています。
UBMジャパン株式会社は、世界各国のUBMオフィスと連動しながら、健康、食品、海事、医薬、医療機器、IT、ジュエリー、ファッション、ビューティー、ライセンスなど様々な産業分野において国際市場との連動性の高いプロのための業界展示会/コンファレンス主催するとともに、他のUBMオフィスが世界
各国で主催する展示会の中から、特に日本企業からの需要の高い展示会を選出し、その日本窓口として日本企業の誘致活動を行っています。また、健康、食品、ビューティーの分野においては、専門紙誌の発行も行っています。UBMジャパンは、日本企業そして日本市場に携わる世界の企業にとっての新たなビジネスチャンスを創造しています。

・Medtec Japan 2019」に関するお問合せは下記までお願いします。
 UBMジャパン株式会社 担当:滝川
 Tel:03-5296-1034 Fax:03-5296-1018 E-mail:aiko.takigawa@ubm.com

リリース詳細
提供元: ドリームニュース