GMO-PG:ゆうちょ銀行に銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」をシステム提供

~横浜銀行、ふくおかFG(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)、りそなグループ、ゆうちょ銀行で相互利用が可能に~

2018年5月18日
報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社
===============================================================
ゆうちょ銀行に銀行口座連動型スマホ決済サービス「銀行Pay」をシステム提供
~横浜銀行、ふくおかFG(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)、りそなグループ、
ゆうちょ銀行で相互利用が可能に~
===============================================================
 GMOインターネットグループにおいて、総合的な決済関連サービス及び金融関連
サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コー
ド 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、「銀行Pay」(旧称:
銀行口座と連動したスマホ決済サービス)の基盤システムを、株式会社ゆうちょ
銀行(取締役兼代表執行役社長:池田 憲人 以下、ゆうちょ銀行)へ提供いた
します。ゆうちょ銀行は、「銀行Pay」の基盤システムを活用した独自のスマホ
決済サービス「ゆうちょPay」を、2019年2月を目処に展開する予定です。
 「銀行Pay」は、導入している銀行に口座をお持ちの利用者が、加盟店(※1)で
のお買い物の際に、スマホアプリから即時に口座引き落とし等の支払いが可能と
なるサービスです。導入銀行間の相互連携(マルチバンク)にも対応しているの
で、すでにサービスを展開している横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループ
(以下、ふくおかFG)の福岡銀行、及び導入予定のふくおかFGの熊本銀行・親和
銀行、りそなグループ3行(りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行)に加
え、ゆうちょ銀行のいずれの加盟店でも、銀行や地域を越えて「銀行Pay」をご
利用いただけるようになります。
(※1)各銀行と「銀行Pay」の利用契約を締結している加盟店
画像

—————————————–
【背景と概要】
—————————————–
 世界的にキャッシュレス化が進む昨今、日本におけるキャッシュレス決済比率は、
2016年時点で20%と海外諸国に比較して低いことから、日本政府は2025年まで
に同比率を4割程度まで引き上げることを目指し、キャッシュレス化に向けた様
々な取り組みを推進しています(※2)。このような中、銀行をはじめとする日
本の金融機関においても、キャッシュレス化進展に向けた新しいビジネスの検討
が進められています。
 GMO-PGは、こうした金融機関のキャッシュレス化を支援するべく、銀行口座と連
動してスマホアプリから即時に口座引き落とし等ができる「銀行Pay」の基盤シ
ステムを提供しており、以下(【「銀行Pay」について】参照)の金融機関にお
いて導入及び導入予定をしております。
 そしてこのたびGMO-PGは、「銀行Pay」の基盤システムを、ゆうちょ銀行にも提
供することといたしました。ゆうちょ銀行は、2019年2月を目処に「銀行Pay」の
基盤システムを活用した独自のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」を展開する
予定です。

(※2)2018年4月発表 経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」より

—————————————————
【「銀行Pay」について】
(URL: https://www.gmo-pg.com/service/ginkopay/
—————————————————
 GMO-PGが基盤システムを提供する「銀行Pay」は、2016年に横浜銀行と共同で開
発(※3)した、スマホアプリから即時に銀行口座の引き落とし等による支払い
ができるサービスです。「銀行Pay」を導入している銀行に口座を持つ利用者は
、利用者向けスマホアプリをダウンロードし、自分の口座を事前に登録しておく
ことで、加盟店でのお買い物の際、加盟店のタブレット端末やスマホに表示され
たQRコードを読み取るか、支払い先へ“チェックイン”して暗証番号を入力する
だけで、銀行口座から代金が引き落としされ、支払いが完了いたします。
 金融機関は、「銀行Pay」を銀行独自のスマホ決済サービスとして展開できるだ
けでなく、導入銀行間の相互連携(マルチバンク)により、銀行や地域を越えて
利用できるサービスとして提供することが可能です。
以下の金融機関において導入及び導入予定をしております。
+——————————–+
<導入済み>横浜銀行、ふくおかFGの福岡銀行
<導入予定>ふくおかFGの熊本銀行・親和銀行、
りそなグループ3行(りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行)、
ゆうちょ銀行
+——————————–+
(※3)参考:2016年10月5日発表「国内銀行初、横浜銀行の口座と連動した
スマホ決済サービスを共同開発」
(URL: https://corp.gmo-pg.com/newsroom/press/gmo-paymentgateway/2016/1005.html

—————————————–
【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】
—————————————–
 GMO-PGは、ネットショップなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料
金課金型の事業者、国税庁や東京都等の公的機関など8万8,673店舗(GMO-PGグル
ープ2018年3月末現在)の加盟店及び金融機関等に、総合的な決済関連サービス
及び金融関連サービスを提供しています。
 決済業界のリーディングカンパニーとして、決済サービスを中心に、加盟店の売
上向上に資するweb広告サービスや、加盟店の成長を資金面からサポートする融
資等の付加価値サービスを提供し、年間決済処理金額は3兆円を超えています。
 また、金融機関向けのソリューション提供や、海外決済サービス提供・海外決済
会社との資本業務提携等の海外事業など、事業領域を拡大しています。
 今後もGMO-PGは、消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、決
済プロセスのインフラになることを目指しています。今後も新たなイノベーショ
ンを牽引し、EC化率の向上・キャッシュレス化の推進に貢献してまいります。

—————————————–
【関連URL】
—————————————–
・GMO-PG コーポレートサイトURL : https://corp.gmo-pg.com/
・GMO-PG サービスサイトURL : https://www.gmo-pg.com/
以上
—————————————————-
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
イノベーション・パートナーズ本部
戦略事業統括部 スマートペイ事業推進室
TEL:03-3464-2323 FAX:03-3464-2477
E-mail:info@gmo-pg.com
—————————————————-
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2387
E-mail:pr@gmo-pg.com
●GMOインターネット株式会社
グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
—————————————————-

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://corp.gmo-pg.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億1,200万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内業 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業 ■仮想通貨事業
資本金 50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2018 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

リリース詳細
提供元: PR TIMES