コミュニケーションツール会社のeZuce、エマーコイン・ブロックチェーンを基盤とした通話・ビデオサービスを発表

eZuceは音声・ビデオ通信の向上にブロックチェーンを採用した初の企業に

【2018年2月6日、米国・マサチューセッツ州】世界有数の包括的なブロックチェーン技術を提供するビットフューリーが出資するエマーコインとeZuceは、本日、エマーコインの画期的なブロックチェーン技術とeZuceの音声・ビデオ製品への知見を活かした最先端の通信サービスプランを発表しました。今回のパートナーシップは、通信接続時間とユーザーのコスト削減につながるブロックチェーン技術を活用した初の取組みとなります。

エマーコインのENUMERブロックチェーンをベースにしたサービスを使用した最初の取組みは、ネットワークセキュリティーサービスのEmerSSLとEmerSSHと分散型ドメインシステムのEmerDNSにも適用される見込みです。これらの拡張により、システムのスケーラビリティ、セキュリティ、ロバスト性の向上および管理費の削減が可能となります。

eZuceの最高経営責任者であるオスマン・ドゥマンは以下のように述べています。
「この新たなサービスの恩恵を受けるのは、主に企業となります。ENUMERブロックチェーンのデータベース上に電話番号を持つ人への電話は無料、かつ接続時間も格段に速くなります。相手先がわかっており、ピアツーピアのSIPシグナリングを介して直接インターネット上で電話をかける場合、電話をつなげるサービスプロバイダが不要となります。これは、ブロックチェーンとインターネットを共に活用することでサービスの価値を高めつつ、現在の非効率性の解消を達成する素晴らしい例といえるでしょう。」

エマーコインの最高技術責任者であるオレグ・ホヴァイコは、eZuceがエマーコイン・ブロックチェーンを基盤としたソリューションを同社の製品及び事業に採用したことを受け、以下のように述べています。
「今回のパートナーシップは、ブロックチェーン技術が単にフィンテック事業を対象とするだけではなく、多岐に渡る産業での応用が可能であるということを証明しています。eZuceとの価値のあるパートナーシップを築くことができ光栄に思うと同時に、我々の技術が同社の製品にさらなる価値を提供し、顧客の通信コストの削減に寄与することを確信しています。」

eZuceは、ユニファイド・コミュニケーションのプラットフォームであるUniteme™とオープンソースのsipXcomを使用し、エマーコイン・ブロックチェーン上でのENUMERサービスの試験運用を成功裏に終えました。試験運用ではENUMERサービスを使用することで、相手先への通話接続にかかる時間が3秒から0.5秒以下に短縮されることが明らかになりました。

ENUMは、一般の電話番号をインターネットDNSのドメイン名として表示し、これを一般的なインターネット電話であるSIPアドレスに接続します。ENUMを使用した電話番号に電話をかけると、インターネットを経由して直接エンドポイント(相手先)へと接続されるため、接続にかかる時間とコストを節約することが可能となります。ENUMは長年存在する技術で導入も容易であるにもかかわらず、これまでENUMの変換を行うための安全な環境や信頼性の高いオープンなパブリック・プラットフォームがなかったために、その導入は遅れていました。エマーコインのENUMERでは、ブロックチェーンを基盤としたサービスプラットフォームを活用することで、こうした課題を全てクリアすることができます。

エマーコインについて
エマーコインは仮想通貨であり、様々な分散型認証サービスを提供する分散型ブロックチェーンプラットホームです。エマーコインは高い信頼性、ロバスト性に加えて、PoW (プルーフ・オブ・ワーク)、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)、マージドマイニングという3つのマイニング方式を組み合わせたハイブリッドマイニングを特徴としています。エマーコインのプラットフォームは、ネットワークセキュリティーサービスのEmerSSL、EmerSSHや分散型ドメインシステムEmerDNS、偽造防止ソリューションのEmerDPO、ボイスオーバーIPソリューションのENUMERなどをサポートしています。また、エマーコインは「ビットコイン」や「インターネット」と同様、企業組織ではなく技術プラットフォームの名称であり、オープンソースの技術開発を共同で行う企業および個人から成るコンソーシアムです。

eZuceについて
eZuceは、企業が従業員の連携や生産性を維持するために必要とするコミュニケーションおよびコラボレーションツールを提供しています。eZuceのクラウド対応の音声、チャット、ビデオを統合したチームコラボレーション製品は、企業が従業員を促し事業運営プロセスを適宜活用することで、ビジネス判断を下し迅速に行動に移すサポートを行います。最新のコラボレーションツールへのアップデートの場合や既存のPBXやビデオ会議ツールからの乗り換えの場合でも、eZuceのソリューションは、チームのコミュニケーション法を一新し、それによりマーケットにより迅速に対応することができます。詳細は www.ezuce.com よりご覧いただけます。

ビットフューリーについて
世界有数の包括的なブロックチェーン技術サービスを提供するビットフューリー・グループ(Bitfury Group)は、ブロックチェーンエコシステムにおいて民間で最大規模を誇るインフラプロバイダーです。ビットフューリーは、企業、政府機関、団体および個人が、ブロックチェーン上で資産を安全に移転させるために不可欠なソフトウエアおよびハードウエアソリューションを開発・提供しています。ビットフューリーのソリューションにより、簡単かつ素早く、安全でコスト効率に優れた、ブロックチェーンへのアクセスが可能となります。ビットフューリーのグローバルチームは、テクノロジー、ビジネス、コミュニケーション、セキュリティ、そして民間団体における専門家によって構成されています。ビットフューリーは、ブロックチェーンが世界経済に新たな機会と繁栄をもたらす技術であることを確信しており、さらなるイノベーションの促進、ピアツーピア経済の発展に向けたブロックチェーンアプリケーションの開発および発展を使命として掲げています。より詳しい情報は http://bitfury.com/ (英語)よりご確認いただけます。

リリース詳細
提供元: PR TIMES