Origami、行きたいお店を地図上でより効率的に見つけられる「マップ」機能追加と、スマートフォンやPCでもQRコード決済の受付が可能に。

画像1

 株式会社Origami(代表取締役社長:康井義貴、以下 Origami)は本日、スマホ決済アプリ「Origami Pay」上に、二つの新機能を追加します。一つは、行きたいお店をマップ表示で効率的に見つけることができる「マップ」機能で、二つ目は、スマートフォンやPCでのQRコード表示機能です。

マップ機能
Origami アプリのトップ画面に、ユーザーが今いる場所の周辺地図が新たに表示されるようになります。地図上には、Origami アプリに加盟する最新の店舗情報が、瞬時に表示されます。これまでは、写真と文章で一覧表示されていたこのような店舗情報を、地図上でも表示することで、ユーザーはより視覚的にわかりやすく、現在地の近くにあるOrigami加盟店を探すことができるようになります。土地勘の無い場所で、お店を探したい場合にも便利な機能です。本機能は、もっと簡単にOrigami アプリが使えるお店を探せるようにしてほしいというユーザーの声から、開発されました。
Android用アプリは配信中。iOS用アプリは2018年1月上旬にリリース予定です。

画像2

スマートフォンやPCでのQRコード表示機能
Origami 加盟店向けサービスにおいて、新たにスマートフォンやPCなどのWEBブラウザでQRコードを表示する方式が加わります。これまでは、店舗側がiPadで都度QRコードを表示する方式か、または QRコードを印刷して固定提示する「ステッカーQR」の二つの方式をとっていました。新たに加わった「ブラウザQR」により、ユーザーと店員が、Webブラウザを利用して簡単にスマホ同士で決済を完了することができます。これにより、主に中小規模の企業様で、レジ前にステッカーを置くスペースがないといった、QRコードの掲示場所を気にすることなく、Origami Payを導入しやすくなりました。

画像3

・Origami について
Origamiは、ビジネスと消費者をつなぐモバイル決済プラットフォームを提供しています。スマホ決済サービスやオンライン販売により、企業には顧客育成のためのマーケティング支援を、消費者には便利でお得なショッピング体験を提供します。日本を代表する大手百貨店、世界的に展開しているファストフード、タクシーなどの交通、生活提案型のインテリア雑貨など様々な企業業態が、Origami Payをはじめとするサービスを導入しています。モバイルひとつで生活圏の全ての決済をインターネット化する、新しいカタチのデジタル金融サービスを創造していきます。

・Origami Payについて
「Origami Pay」は、スマートフォンに専用のお財布を持つ感覚で利用できる決済サービスです。ユーザーは、キャッシュレスでお得な決済手段として利用でき、加盟店側はダイレクトかつパーソナルに顧客とつながることで、ロイヤルカスタマー醸成などの販促支援をスムーズに行う仕組みとして利用可能なサービスです。

「Origami」アプリは、App Store、Google Playよりダウンロードください。
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/origami-sosharushoppinguapuri/id622474053?mt=8
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=co.origami.android&hl=ja
* 対応環境: iOS 9.0以上、Android 4.0.3以上

「Origami Business」アプリは、App Storeよりダウンロードください。
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id1037731672?l=en&mt=8
* 対応環境: iOS 9.0以上

リリース詳細
提供元: PR TIMES