タブレット端末で実現するペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」Linuxサーバ版と台湾向けのVer3.1販売開始!

創業40年を超える独立系ソフトウェア開発会社「株式会社CIJ」(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大西 重之、以下CIJ)は、タブレット端末を利用したペーパーレス会議システム「SONOBA COMET(ソノバ コメット)」のVer3.1の販売を、2017年11月27日(月)より開始いたします。
「SONOBA COMET」は2012年に販売開始したペーパーレス会議システムです。タブレット端末を利用してお手軽簡単で軽快なペーパーレス会議を実現しています。
Ver3.1ではサーバ用プラットフォームとして、Windows以外にLinuxも選択できるようになりました。これにより、既存のSambaサーバを会議資料の保管庫として利用できます。また、アプリケーションの表示言語に台湾語を追加いたしました。これに伴い、台湾でも販売を開始いたします。
CIJはさらにシンプルで使い勝手の良くなったSONOBA COMETで、より新しい会議のカタチ、コミュニケーションのカタチを提案いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/142959/LL_img_142959_1.png
Linux対応

■「SONOBA COMET」 Ver3.1の詳細
○Linuxプラットフォーム連携
2017年8月にリリースしたSONOBA COMET Ver3.0では、選択できるサーバ用プラットフォームはWindowsのみでした。今回新たにLinuxプラットフォームを追加し、Sambaサーバを格納先に指定できるようにいたしました。Linuxプラットフォームに統一されている環境や、既存のSambaサーバと連携を希望されるお客様にもご提供が可能となりました。

○台湾での販売開始
SONOBA COMET Ver3.0では台湾語表記未対応でしたが、Ver3.1より台湾語表記に対応し、台湾国内のユーザ様にもご提供可能となりました。
台湾でのSONOBA COMETの販売は、CIJの業務提携先である凌群電腦股イ分*有限公司(SYSCOMグループ)が担当しています。
*正しくは「にんべん」に「分」

台湾語のWeb画面と台湾語のアプリ画面
https://www.atpress.ne.jp/releases/142959/img_142959_2.png

■「SONOBA COMET」製品概要
製品種類: フォーマルモード サーバ上で資料を管理する多機能版
カジュアルモード サーバレスでお手軽に会議が出来る簡易版
動作環境: 対応端末 Apple社のiPad / iPad mini / iPad Pro
iOS 8.0以上
SONOBAサーバ※1 Windows Server 2008 R2 Standard Edition
Windows Server 2012 R2 Standard Edition
Linux(CentOS7推奨。ディストリビューションはご相談ください)
会議登録クライアント※1 Internet Explorer(Ver11以上)、
Microsoft Edge(Ver38以上)、
Google Chrome(Ver58以上)、
Mozilla Firefox(Ver52以上)、
Safari(Ver10以上)
価格 : フォーマルモード 10ユーザライセンス ¥500,000~
カジュアルモード 1ライセンス ¥3,600/年
製品URL : http://www.cij.co.jp/service/product/paperlessmeeting/
※1 フォーマルモードをご利用の場合に必要です。

■「SONOBA COMET」 開発元・販売元
会社名 : 株式会社CIJ
所在地 : 神奈川県横浜市西区平沼1-2-24 横浜NTビル
代表取締役 : 大西 重之
設立 : 1976年1月7日
資本金 : 22億70百万円(平成29年6月30日現在)
主な事業内容: システム開発およびシステム開発に関連するサービス
株式上場 : 東証一部(証券コード:4826)
URL : http://www.cij.co.jp/

■台湾にてセミナー開催
11月30日に台北市にて凌群電腦股イ分*有限公司(SYSCOMグループ)と共催のセミナー『翻轉未來,掌握智慧商務SYSCOM IT研討會』を開催いたします。CIJは台湾語版のSONOBA COMET製品紹介を含む「会議のペーパーレス化から始めるワークスタイル変革」をテーマに講演いたします。
*正しくは「にんべん」に「分」

イベント名
翻轉未來,掌握智慧商務SYSCOM IT研討會
日時: 11月30日(木) 13時30分~(台湾時間)
場所: 台湾国台北市 凱達ホテル
URL : http://www.syscom.com.tw/

■他社所有商標表示に関して
本リリースに記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

本リリースに記載されている情報(価格、仕様、サービス内容、問合せ先等)は発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
台湾語対応 製品ロゴ