コンテナ管理プラットフォーム「Docker」取り扱い開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、2017年4月17日より、Docker社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Ben Golub) と協業し、開発者やシステム管理者の業務効率化を実現するコンテナ管理プラットフォーム「Docker Cloud」と「Docker Enterprise Edition」の提供を開始します。

また、提供開始に伴い、クリエーションライン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 安田 忠弘)と協業し、Docker製品のトレーニングやコンサルティング、日本語サポートなど、Docker導入に必要なサービスの提供を開始します。

製品概要

「Docker Cloud」
・ SaaS型コンテナ管理サービス。
・ 初期構築不要でシンプルなGUIで簡単に試すことができます。
・ マルチクラウド環境でのコンテナ運用の自動化ができます。Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure、IBM Bluemixなどのクラウドと連携し使用可能です。
・ 開発者は外部からWeb API(RESTなど)を用いてクラウドを制御できます。
画像1

「Docker Enterprise Edition」
・ オンプレミス、クラウドで使えるコンテナ管理ソフトウェア。
・ 既存の自社環境でのコンテナ運用などに適した、柔軟でカスタマイズ性の高いプラットフォームです。
・ Dockerイメージの脆弱性検索など、エンタープライズでのコンテナ運用面のセキュリティーを向上します。
・ Amazon Web ServicesやMicrosoft Azureと連携でき、パブリッククラウド上でのコンテナ運用の実現も可能です。
画像2

Docker Swarm:複数のDocker Engine を管理するためのソフトウェア
Docker Trusted Registry : DTR ⇒ プライベートなDocker Hub
UCP:Docker Universal Control Plane : UCP ⇒コンテナ管理プラットフォーム
UCP Controller : 管理サーバー
UCP Node : 実際にアプリケーションが動作するノード

価格

「Docker Cloud」

画像3

[表: https://prtimes.jp/data/corp/22656/table/18_1.jpg ]

「Docker Enterprise Edition」

画像4

*2 クリエーションライン株式会社が提供する日本語サポートが含まれた金額です。

サービスメニュー、価格

プライベートハンズオントレーニング
画像5

コンテナ・マイクロサービス化支援サービス

画像6

製品詳細ページ

https://licensecounter.jp/docker/

製品の最新情報・デモ Webinar (4月26日開催)

https://goto.docker.com/WR2017-04-26DockerEEinJP_LP.html

お問い合わせ先

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 DevOps 問い合わせ窓口
SBCASGRP-DevOps@g.softbank.co.jp

・ SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・ その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

リリース詳細
提供元: PR TIMES