HOIPOIとエクス、「Factory-ONE 電脳工場」シリーズの開発に超高速開発ツール「TALON」を利用する業務提携を締結

超高速開発ツール「TALON」を提供する株式会社HOIPOI(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:古関 雄介、以下 HOIPOI社)と生産管理パッケージ「Factory-ONE 電脳工場」を提供する株式会社エクス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:抱 厚志、以下 エクス社)は、2017年3月1日に、「TALON」を活用した「Factory-ONE 電脳工場」のWeb版開発および「TALON」の市場拡大のための戦略的パートナーとしての業務提携契約を締結いたしました。

今後、エクス社の「Factory-ONE 電脳工場」シリーズのオプション等の製品開発において、HOIPOI社の超高速開発ツール「TALON」を利用していく計画となっています。

業務提携の内容は以下の通りです。
・第1弾として、2017年3月より「Factory-ONE 電脳工場MF」のオプション製品である「品質管理」モジュール開発にTALONを利用する計画となっています。
・その後、「Factory-ONE 電脳工場」シリーズの開発にTALONを利用する計画となっています。
・TALON市場拡大のための販売促進活動を2社で協力して実施する計画となっています。

■「Factory-ONE 電脳工場MF」について
加工・組立・プロセス生産を行っている中堅・中小製造業向けの統合型生産情報管理システム。「MRP版」「製番管理版」「ハイブリッド版」の3つのモジュールを用意。パッケージ製品としては異色のソース公開をしており、ユーザーサイドでのカスタマイズも可能。販売開始から約20年、1,350本以上の販売実績を誇っています。
製品紹介ページ: https://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one-mf/feature

■「株式会社エクス」について
1994年に創業。創業以来、製造業のみにフォーカスし、導入効果を創出できる生産管理パッケージ「Factory-ONE 電脳工場」シリーズの開発・販売・サポートを手掛けている。小規模から大規模製造業まで、企業規模に応じたシステムからクラウド版まで様々なシステムを提供。2014年より5カ年計画で「EXtelligence」を開発、2015年よりサービス開始し、“日本版 Industry4.0”や“次世代ものづくり経営”の構築支援に努めています。
会社紹介ページ: https://www.xeex.co.jp/

■「TALON」について
「本当に使える業務システムを超高速開発し、低コスト開発・保守を実現する」をコンセプトに、Webでの業務アプリケーションを高速開発し、低コストでの運用を実現する超高速開発ツールです。最新バージョンの4.0ではWebアプリでありながら、ネイティブアプリケーション並みの表現力を実現しました。
製品紹介ページ: https://www.talon.jp/

■「株式会社HOIPOI」について
創業以来、社名(HOIPOI:Heart of Innovation,Power of Imagination!)の通り、世の中をより良く革新する製品・サービスの提供を目標に活動を行っています。長年の企業向け業務システム開発の経験を活かし、超高速開発ツール「TALON」の開発・販売を行っており、業務システム開発の世界に革新を起こすために全力で取り組んでいます。
会社紹介ページ: http://www.hoipoi.co.jp

商号  : 株式会社HOIPOI
代表者 : 代表取締役 古関 雄介
所在地 : 〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-9-4 2F
事業内容: ソフトウェアの開発・販売

※「Factory-ONE」「電脳工場」「EXtelligence」および「EDIFAS」は株式会社エクスの登録商標です。
※「TALON」「HOIPOI」は株式会社HOIPOIの登録商標です。

■「TALON」に関するお問い合せ・オフィス内受付窓口
株式会社HOIPOI
担当 : 片山
E-mail: info@hoipoi.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
電脳工場MFイメージ画像 TALONイメージ画像