日本取引所(JPX)とシンガポール取引所(SGX)を最小レベルの遅延で接続する新たなコネクティビティメニューの提供を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、株式会社日本取引所グループ(以下 JPX)の市場とシンガポール取引所(以下 SGX)の市場間を接続するコネクティビティサービスにおいて、業界最小レベルの遅延で接続する、「超低遅延メニュー」を、2016年2月8日より追加します。

本メニューは、多くの金融機関が集積するJPXの「アクセスポイント3(以下 AP3)」(*1)設置センターとSGXデータセンターとを、業界最小レベル遅延の63.5msec(0.0635秒)(*2)で接続するコネクティビティメニューです。
JPXおよびSGXで取引を行う投資家は、本「超低遅延メニュー」を利用することで、HFT(高頻度取引)などにおけるアジリティを向上させることができ、さらなる競争力強化を実現できます。

1. 背景
近年、コンピュータープログラムを利用した高頻度のアルゴリズム取引が活発化し、各国の取引所間を超高速かつ安定して接続できるICTインフラのニーズが顕在化してきました。
NTT Comはこのような状況を踏まえ、2015年4月より、JPXが提供するコロケーションサービス「JPXコロケーションサービス(all)」の利用者を対象に、JPX ─ SGX間を業界最小遅延で接続する「JPX-SGX Co-Location Direct」を提供しています。

今回提供する「超低遅延メニュー」は、お客さまからのさらなる高速化ニーズに応え、「JPX-SGX Co-Location Direct」でも利用している日本 ─ シンガポール間のコネクティビティサービスの遅延値を極限まで短縮したもので、「JPXコロケーションサービス(all)」を利用していないお客さまにも、同区間の超低遅延接続を提供します。

<サービス提供イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/89897/img_89897_1.jpg

2. サービスの特長
(1) 業界最小レベルの遅延値をさらに短縮、63.5msecのレイテンシを実現
NTT Comは日本 ─ シンガポール間を最短ルートで接続する海底ケーブル「Asia Submarine Cable Express」(以下 ASE)の提供事業者としてのノウハウを生かし、従来から同区間を業界最小レベル遅延の63.7msecで接続していました。
これまでは、JPX環境のネットワークPoPであるAP3が収容されているデータセンターから、他ロケーションにあるNTT ComのPoPを経由してシンガポールに接続していました。
このたび、AP3設置センター内にNTT ComのPoPを新設することで、ASEケーブル陸揚げ局からの最短ルートによる接続を実現し、遅延値のさらなる短縮に成功しました。

また、これまでご契約の都度行っていたNTT Com PoPへの外部回線敷設が不要となり、構内配線での接続が可能になったため、ご利用までのリードタイム短縮も合わせて実現します(*3)。

(2) より広範なお客さまのニーズに対応
従来JPXの運営するコロケーションサービスを利用しているお客さま向けの接続サービスとして「JPX-SGX Co-Location Direct」(*4)を提供してきましたが、本メニューは同サービスをご利用のお客さまに加え、「JPXコロケーションサービス(all)」以外に接続するお客さまにもお使いいただけます。
2016年に予定されている、JPXの運営するコロケーションサービスである「JPXコロケーションサービス(all)」および「JPXコロケーションサービス(OPEN)」の統合や、株式会社東京商品取引所(以下 TOCOM)のJPXインフラへの統合を踏まえて、コネクティビティの見直しを検討されているお客さまのニーズにも対応することができます。

3. お申し込み方法・利用料金
NTT Com営業担当者にお問い合わせください。

*1:JPX取引環境へ続用するためのネットワークである「arrownet」のPoP(アクセスポイント)の1つ。
*2:1Gbpsのテスト回線において1000Base-LX、64バイトパケットで測定した場合の往復遅延値。遅延値は、お客さまのご利用環境によって変動する可能性があります。
*3:シンガポール側は従来SGXコロケーションフロアにNTT Com POPを有しており、速やかなネットワークの構築が可能です。
*4:「JPXコロケーションサービス(all)」および「SGXコロケーション」間のダイレクトコネクティビティを一元的に提供するパッケージサービス。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press